気まぐれダイアリー

ジョイフルPlus実現に向けて

まったく終わりの見えない
"withコロナ"の生活も一年となり
様々な新しい習慣に慣れてきたとはいえ
体はコロナに感染しなくても
心のほうが病んでしまいそう……と
最近、冗談でなく心配になります

レッスンにいらっしゃる皆さんも
同じようなことをおっしゃるので
「あ~、私だけではないんだ。」と
ちょっとホッとしたりしますが、
嘆いたり落ち込んだりしたところで
この状況はしばらく変わりそうもないし
毎日、鬱々として生きているのは
コロナに負けているようで悔しい

こういう時だからこそ
なにか目標をもって
それに向かって前へ進んでいくことが
心の支えになるのではと思います。

そう考えてリストアップしていくと
結構いろいろと目標となることが思い浮かび
教室関係では、
以前からリクエストのあった
『ジョイフルPlusコンサート』実現に向けて
計画を進めていくことにしました

このコンサートは、
通常のジョイフルコンサートの制限時間内では弾けない
長い曲に取り組んでいるメンバーが、
演奏時間を気にせず練習の成果を披露していただけるように
2016年にスタートしたコンサートシリーズです。

今まで2回開催しましたが、
参加希望者の人数やタイミングの問題があり
3回目は無期延期ということになっていました。

正直なところ、私はもう
このシリーズは二度とないだろうと思っていたのですが
嬉しいことに、開催リクエストの声があがり
今回はしっかり人数も集まりそうなので
来年の実現に向けて
計画を進めることにしたのでした。

そこで、まず決めなければならないのは
来年のいつ頃に開催するか~?です。

お仕事の繁忙期などを避け
出来るだけ皆さんが
無理なく参加できるタイミングでの
開催を目指したいので
参加を検討されている皆さまに
開催時期について
アンケートをお願いすることにしました。

アンケートに答えたからと言って
コンサートに出なければいけないということではなく
「準備が間に合えば参加したい。」
という感じでも構いません。
参加を前向きに考えていらっしゃるかたは
是非アンケートにお答えください。

アンケートは、member onlyの
Joyful Plus のページにアップしてあります。
締切りは、2月28日です。

迷っていらっしゃるかたは
どうぞお気軽にご相談ください

PageTop

サン=サーンス没後100年メモリアル

今年は、フランスの作曲家
サン=サーンス没後100年のメモリアルイヤーです。

サンサーンス

去年、没後250年を祝ったベートーヴェンに比べると
正直、知名度の差はありますが
リストやブラームス、チャイコフスキーなどと
同じ時代を生き、管弦楽のレパートリーを中心に
叙情的でダイナミックな作品を多く残しています。

一番有名な曲はというと、
『動物の謝肉祭』のなかの”白鳥”でしょうか

組曲『動物の謝肉祭』は、
私も連弾と2台ピアノ両方のバージョンで
何度も演奏する機会に恵まれ大好きですが
他にも、『交響曲第3番”オルガン付き”』のなかに
ピアノ4手のパートがあり
オーケストラの一員として演奏するという
貴重な経験をしたこともあり
サン=サーンスは思い出の多い作曲家です。

ですが、ピアノ・ソロ曲は
そもそもあまり曲数が多くないのと
日本版の楽譜が少ない、
そして何より技巧的に難しい曲が多いので
今まで教室でも一曲しかレッスンしたことがありません。

でも、テンポを少し落として弾けば
教室の皆さんが演奏不可能なほど
難易度が高いわけでもないので
せっかくのメモリアルイヤーですし
この機会にちょっと聞いてみてはいかがでしょうか~?

エチュード 作品111 (←リンク張ってあります)

1曲目は重音の連続なので
楽譜を見ているだけで手がつりそうですが
脱力のコツをつかんで少しゆっくりめに弾けば
大人っぽい雰囲気の素敵な曲です。

3曲目の”前奏曲とフーガ”、4曲目の”ラ・パルマの鐘”も
練習曲っぽくなくて素敵です。

6曲目の”トッカータ”は難しいですがカッコいいです!

エチュード 作品52 (←リンク張ってあります)

2曲目”指の独立のために”という
タイトルがつけられていて
同じ和音の連続なのに
浮き立たせる音を変えることで
くっきりと旋律が流れて聞こえてくる
楽しい(?)練習曲です

4曲目の”リズムのエチュード”は
楽譜は簡単そうに見えるのですが、
実は意地悪で、コツコツ練習すると
いい脳トレになりそうです。

アレグロ・アパッショナート (←リンク張ってあります)

唯一、レッスンしたことのあるサン=サーンスの曲。
とても華やかでコンサート向きです

サン=サーンス本人演奏による「かわいいワルツ」作品104

このように作曲家本人が自作を演奏している映像は
貴重ですし感動的ですね!



あまり曲数はありませんが、
他にもネットでサン=サーンスのピアノ曲が聞けるので
もしご興味あれば是非~

PageTop

マウスシールド初体験

レッスンをしていると、
気をつけてはいるのですが
どうしてもだんだん声が大きくなり
強弱の変化を煽ったり
メロディーラインを歌ったり
楽譜をのぞきこむために
皆さんに近づいたりしてしまうので
お互いマスクをしていても
不安に感じるかたもいらっしゃるのではと思います。

逆の立場だったら、
たぶん私は心配になります。

そこで、念には念を入れて
マスク+マウスシールドを着用して
飛沫防止を徹底することにしました。

趣味を楽しむ雰囲気とはほど遠い
物々しい感じにはなってしまいますが
「緊急事態」なので仕方ありません

先日アップしたダイアリーにも
その旨を記しましたが
なんと、数日前に注文したマウスシールドが届かない

今日は、午後からレッスンだったのですが
お昼まで待っても届かなかったので
あわてて『手作りマウスシールド』でネット検索を!

あまり役に立つ情報は見つかりませんでしたが
いくつかヒントを得て
クリアファイルを切ったり折ったり貼ったりして
即席マウスシールドを完成させました!

マウスシールド

ちょっと仰々しくて恥ずかしかったですが、
急いで作ったわりには
我ながら、上出来

自分の声がシールドで跳ね返され
ダイレクトに耳に入ってくるので
慣れるまでは心地悪かったですが
「飛沫をとばしていない」という安心感はバッチリでした

ハサミ片手に、鏡の前で必死に工作している自分に
思わず笑ってしまい
ちょっとしたストレス発散になったのもよかったかもです

次のレッスン日までには
ここまで大げさなデザインではない
マウスシールドが届いていると思うので
安心していらしてください

PageTop

新年早々の大工事

去年の11月に予定されていて
延び延びになっていた水道管の工事が、
昨日から始まりました。

本来はメインの水道管から
それぞれの家へ独立して引かれていなければいけないところ
昔の配管なので、
1本を隣接する4軒で
シェアするかたちになっていたそうで
それを正しく各戸へ独立した配管にする工事です。

この工事については、
去年の夏から水道局の人が何度も来て
打合せをしていました。
なぜならば、うちは4軒のなかで一番厄介な工事で
どう頭をひねっても
玄関のタイルを壊して掘る以外、
配管ができないということ。

大掛かりな工事になるとは思っていましたが
想像以上に大変で
たまたまなのですが、レッスンのない日で
本当によかったです
これは、レッスンお休みにすべきレベルの工事でした。

前の道路は封鎖され、
工事車両でいっぱいに
こんな状態で
一日中、出入りができませんでした。
   ↓
水道管工事3

水道管工事1

水道管工事2

そして、できあがりはこんな状態に。

水道管工事4

入口の真正面なのに、水道管が露出していて
メチャクチャみっともないです
でも、これがいろいろ出された案のなかで
一番マシだったのでした。

しかも、水道局のほうでは
掘った部分は埋めてくれるけれど
壊れたタイルの補修の義務はないそうで
結局、リフォーム終わったばかりなのに
また外装工事を頼まなければならなくなりました

新年早々、嬉しくないこと続きです

……というわけで、今月末
入口のタイルの張り替え工事をするので
レッスンにいらっしゃる皆さまには
ご迷惑をおかけします。

足場が悪くなり申し訳ありませんが
どうぞよろしくお願い致します

PageTop

今後のレッスンについて

先週 木・金曜日と予定どおり
年明けはじめてのレッスンをしました。

ですが、同居されているご家族の勤務先や
お正月に会ったご親戚の近くで感染者がでたということで
万が一を考えて、お休みされたかたも数名いらして
コロナ感染は確実に広がって
身近に迫ってきているなと感じます

でも、ご自身が感染している確率は低いと思われても
念のためレッスンをお休みしてくださったり
レッスンにいらっしゃるメンバーも
氷水のように冷たいのに
我慢して玄関で手を洗ってくださったりと
皆さん、とても慎重に行動してくださるので
私としてはレッスンを続けていても
さほど不安は感じません。

毎日のように感染者数が更新され恐怖ではありますが、
お互いがしっかり対策をすれば
レッスン室内での感染はないのではと思うので
とりあえずしばらく様子をみながら
レッスンは続けようと思います。

ただし、状況次第で
突然、休止するかもしれませんし
もちろん、皆さんのほうからお休みを申し出て下さっても
まったく問題ありません。
実際、既に数名のメンバーは
今月はお休みされることにしました。

ピアノレッスンに来ることは、
間違いなく「不要不急の外出」ではあるので
ご自身の判断でご無理なくお願いします。

レッスンを続けるにあたっては
再度のお願いでくどくて申し訳ありませんが、
以下を徹底したいと思いますので
ご協力どうぞよろしくお願い致します

■教室側の対策■
換気扇を「強」モードで24時間稼働
レッスン毎にレッスン室の扉全開して換気
レッスン毎に、鍵盤とその周辺を除菌剤で拭く
出来るだけ距離を保ってレッスンする
レッスン毎に手指消毒
マスク+マウスシールド着用
私または同居家族が体調不良の場合はレッスンお休み致します。

■皆さまへお願い■
少しでも体調が思わしくない場合は、念のためお休みして下さい。
ご自身が元気でも、同居されているご家族が体調不良の場合は
念のためお休みして下さい。
会話をしても、なるべくずれてこないマスクを着用して下さい。
鼻までしっかりカバーしてマスクを着用して下さい。
(レッスン室内では鼻出し、顎かけマスクはNGとさせて下さい)
なるべくマスクの表面は触らないようお願いします。
玄関で手指の消毒をしてください。

今の時期、氷水のような冷たさなので
石鹸を使ってしっかり手洗いをするのは耐え難いです!
石鹸をつけず軽く指先を流す+アルコール消毒】で結構です。

レッスンを続ける……と言っても
実は今週はほとんどレッスンの予定がありません
たまたまなのですが、
緊急事態宣言がでたばかりなので
ちょうどよかったかもしれません。
その分、来週は結構予定が詰まっているので
感染者数や重症者数の数が増え続けた場合には
レッスン休止にするかもしれません。

今週中に、少しでも感染者数が減る兆しが
みえてくればいいですね。
皆さん、どうぞくれぐれも気をつけてお過ごしください

PageTop