気まぐれダイアリー

まさかこの私が!……のお話

早いもので、今年も残すところ一ヶ月を切ってしまいました。
街は一気に、クリスマス&お正月 モードですね。

今年は平成から令和へと元号が変わり
大きな節目の一年となりましたが
教室でもタイミングよく、令和初の記念すべきコンサートを
本格的なクラシック専門のフィリアホールで開くことができ
とても充実した年となりました。

大きなコンサートの後は
皆さん少しスローダウンするのかと思いきや
先日のコンサートも22名のメンバーが、
いつもと変わらず
コツコツと練習を積まれた成果を披露して下さり
とてもいい一年のしめくくりができました

いつものことながら
教室メンバーのピアノに対する情熱には感服します。
来年も引き続き、皆さんと一緒に
いろいろな曲に取り組むのが楽しみです

~~*~~*~~*~~*~~*~~

さて、ここで恥を忍んで
先週やってしまった私の失態談を……

これほどのことにはならないにしても
きっと、多少なりとも誰でもやっていることが原因なので
私の二の舞を演じないために
この話しがちょっとでもお役に立てればと思います

先日、夕飯の支度をしていると
だんだんと左足が重く感じるようになり
「変だなぁ。」と思っていたら
夕飯を食べている20分ぐらいの間にどんどん痛くなって
ついには床に足をつくことすら出来なくなってしまいました。

急いでスマホで、
「足」「痛い」「突然」のワードで検索したら
『足に異常が現れる6つの怖い病気、
50代からが特に危険』という見出しがトップに出て来て
そのコラムを読んでみたら
肺塞栓症で突然死に至る可能性も、と書いてありました

そのうち、だんだんガタガタと体が震え出し
足先がしびれているような感じまで出て来て
その様子を見て怖くなった夫が
救急相談窓口に電話をしたら
「その状況だと救急車を要請することをおすすめします。」とのこと。

救急車なんて大袈裟すぎて呼びたくないけれど
ついさっきまで、いつもと変わらず過ごしていたのに
わずか1時間足らずで歩けなくなり、
震えとしびれまで出てくると、さすがに最悪をイメージします。
スマホで見た「突然死」の文字が頭をよぎる

仕方なく、呼びました……救急車

救急車の中で血圧や熱を測りながら
「足が痛くなるような心当たりはないですか?」と聞かれ
「ないです!!」と即答してから、ふと
その日の朝、外階段で雨に濡れた葉っぱを踏んで
2~3段滑って尻もちをついたことを思い出しました。

でも、軽く手を擦りむいただけで、すぐに立てたし
特に足に痛みがあったわけでなく
いつもどおりに動き回っていたので
すっかりそのことを忘れていたのでした。

そんな12時間近くも前に階段から滑ったことが、
突然の足の痛みや震えに関係しているとは
とても思えず、不安は増すばかり。

ピーポーピーポー運ばれているうちに
どんどん震えもしびれも悪化していくように感じ
「私が今、いなくなっちゃったら両親はどうするんだろう。」とか
「コンサート終わったばっかりなのに、
教室のみんなに申し訳ない!」とか。
とにかく、自分がいなくなった後の
いろいろなことを想像しました。

それ以降の長~~~~~~~~い話を短くすると、
結局、足の痛みは
その日の朝、階段から滑ったときに
捻挫をして、靭帯かどこかを痛めていたのだろうと。
でも、たまたま痛みが出なかったので
一日中ふつうに動き回ってしまったのが原因で
夜になって急速に悪化して痛みが出た。

そして、震えとしびれは
私が、足が痛くなり始めた時に
スマホで検索して、おそろしい情報を読み
自分で不安をあおったために
一種のパニック状態に陥ったのが原因だろうということでした。
実際、精神安定剤を飲まされたら
10分程で震えもしびれもウソのようにおさまったのでした

ベッドで横になりながら、
「まさかこの私が、スマホの情報でこんな影響受けちゃったなんて!」と
愕然としていた時に、隣の部屋では夫がお医者さんから
「テレビやネットで、医療関係のいい加減な情報を流されて困る。
めまいと腰痛が関係してるとテレビ番組で放送されたら、
翌日は整形外科が、めまいの患者で一杯になるんですよ。
あんな症例は、滅多にないんだから。誇張し過ぎ!
なんでも鵜呑みにしちゃダメですよ!」と説教されていました

いや〜、参りました
何かわからないことがあると
すぐにスマホで検索する癖がついてしまっていますが
今後は、体のことに関しては調べるのを止めようと思いました。

ネットは今や、なくてはならない便利なツールですが、
使い方ひとつでとんでもないことになる……というお話しでした。

足のほうは、もう全然問題なくふつうに歩いているので
どうぞご心配なく

PageTop