気まぐれダイアリー

40回目のジョイフルコンサート

2年に一度の教室のBigイベント、
フィリアホールでのコンサートが無事終わりました

今回は、「演奏中に自分の音が聴けた。気持ちよかった。」と
話してくれたメンバーが多く、嬉しかったです!
同じ演奏でも、環境が違うと
これだけ違って聴こえるのだということを実感して頂けると、
次回、またホールで弾く時の練習の励みになります。

今回は、40回という節目のコンサートだったので
冒頭の挨拶のなかで
過去に開いたコンサートを振り返り
特に記憶に残っているコンサートについて
お話しをさせて頂きました。

特別企画の
ショパンとシューマンの生誕200年を祝ったコンサートや
ドビュッシーの生誕150年と没後100年を記念したコンサートは
やはり思い出深いですが
私の心に一番残っているコンサートは
東日本大震災の2ヶ月後にフィリアホールで開いたコンサート。

電力不足や余震の状況から、
直前まで予定どおり開催できるかわからず、
「みんなで集まってピアノを楽しむ。」という
何でもないようなことが、実はとても有り難いことなのだと
全員が改めて認識し、感謝して臨んだコンサートでした。

そのようなお話しをしたから……
というわけではないでしょうが
コンサート中盤で、地震が

結構長い時間、ゆらゆら大きく揺れました。
震度3だったということですが、
舞台袖にはすぐにホールのスタッフが3名飛んできて
状況次第では、即コンサート中断のような気配に

ホール内でも、天井から吊り下げられたマイクや
ステージ上のスタンド花が大きく揺れ
みんなが「地震?」とささやき始めたそうですが
その時、演奏中だったメンバーは
「緊張して自分が揺れているのだと思った。」と
動揺した様子ひとつみせず、
集中して最後までいつもどおりの演奏をされました。
素晴らしい
とにかく大事に至らずホッとしました

千葉が震源地だったというので
もう少し大きい地震だったら
中断、またはそこで中止もあり得たかも知れません。

そう考えると、改めて
いつ何か起こるかわからない!
今この時を大切に、そして
出来るうちに出来ることを楽しもう……と思うのでした。

次回のコンサートは11月23日。
メンバーの皆さんは、休む間もなく
11月23日へ向けて次の選曲に頭を悩ませ、
早速練習をスタートさせました
毎度のことながら、皆さんのピアノへの情熱には
私も大いに刺激を受け、エネルギーをもらいます!

でも、新しい曲を弾きたい気持ちもわかりますが
コンサートで弾いた曲も、
せっかく時間をかけてマスターしたので
忘れないように、1週間に1度は弾いてみてくださいね

PageTop