気まぐれダイアリー

熱海でお花見🌸と貴重なピアノ

一月も今日でおしまい。早いです
今日は夕方から久しぶりに冷たい雨ですが
夜には雪になるとか?
明日の朝の冷え込みは一層厳しくなりそうで気が重いです。

寒い日はまだしばらく続きますが
先日、熱海で桜🌸を見て来ました!

熱海桜

そのままの名前で「熱海桜」というそうです。

最近、熱海はテレビで紹介されることも多く
再び観光地として賑わいを取り戻し話題になっていますね。

ちょうど梅まつりをやっていたので
熱海梅園に寄ってみました。
まだ3分咲きぐらいでしたが、風情ある園内を散策しながら
花見を楽しんできました。

梅

園内には、「中山晋平記念館」があり
貴重なピアノも見ることができました!

中山晋平は、「てるてる坊主」「雨ふり」「しゃぼん玉」などを作曲した人です。
この記念館は、晩年に過ごした別荘を当時の姿そのまま移築したものだそうで
そこに、昭和27年に亡くなるまで愛用したピアノが置かれているのです。

中山晋平ピアノ

1879年のニューヨーク・コーラー・アンド・チェイス社製だそうで
大正8~10年頃に購入されたとか。

このピアノから「船頭小唄」「波浮の港」「兎のダンス」
「あの町この町」「東京行進曲」「東京音頭」など
数多くの名曲が生まれたそうです。

どんな音なのか、タッチはどんなか、ちょっと弾いてみたかったですが
透明なカバーで鍵盤が覆われていて、もちろん触れません。
ピアノの音が聞けないのは残念でしたが、
子供の時に歌った「しゃぼん玉」や「雨ふり」が
目の前にあるピアノから生まれたのかと思うと感慨ひとしおでした!

お花見だけのつもりが、予期せず貴重なピアノを見ることができ
嬉しい熱海での休日となりました

PageTop