気まぐれダイアリー

行ってきました!里山ガーデンフェスタ

まだ4月なのに、この週末は初夏という感じでしたね

神経痛は、家でジッとしているよりも
積極的に外出して気を紛らわしているほうが
痛みも和らぎ治りが早いというアドバイスを頂き
横浜市旭区で開催されている
里山ガーデンフェスタ」へ行ってきました。

去年も行って、広大な美しい花畑に感激しましたが
今年のテーマは「花霞の丘」ということで
優しいパステルカラーの大花壇。
「園芸王子」と呼ばれ、テレビにもよく出演されている
三上真史さんのデザインだそうです。

里山ガーデン2018

「花霞」というテーマどおり
広い花壇一面、淡くて優しい色合いで
それはそれできれいでしたが
写真で見るとちょっと地味目でしょうか。

あれだけの面積なので、わたし的には
もう少しはっきりした色の花の組み合わせのほうが
華やかで、元気をもらえそうで好みではありますが
たくさんの花に囲まれて気持ちの良い時間を過ごすことができました

里山ガーデンフェスタ2018

そして、先週はもう一ヶ所……行ってきました!
ちょっと恥ずかしいですが
日本橋高島屋で開催されている「羽生結弦展」。

羽生結弦展

ニュースでは開催初日は7000人が殺到!と言っていたので
あまりにも混んでいたらそのまま帰ってくるつもりで行ったら
雨の平日午後だったのがよかったのか
10分ほどで入ることが出来ました。

たくさんの写真や金メダル、直筆の色紙、スケート靴などが
展示されていましたが、私が一番見たかったのは衣装。

ガラスケースの中に展示された
ソチ五輪の「パリの散歩道」や初代「SEIMEI」の衣装を
50センチの至近距離でぐるっと360度じっくり観察してきました!

ウェストやお尻の細さは予想以上
布の素材感やさまざまな形、色のきらきらした繊細な装飾など
間近に見ることができて感激でした。

この衣装を着て、あの記録的な素晴らしい演技をしたんだなぁと思うと
たった3~4年しか経っていないにもかかわらず、
しっかりと歴史の重みのようなものを感じるからすごいです!

偉業を達成した裏にある大変な努力を思うと
次元はまったく違いますが、
「私ももう少しがんばらなくっちゃ !」とパワーがわいてきました。
並ぶのはちょっと恥ずかしかったけれど、行ってよかった

********

秋のジョイフルコンサートで予定されている
ドビュッシー没後100年メモリアル演奏の決まった曲リストを
[member only] (生徒さん専用ページ) 内にアップしました。

新しい曲が決まり次第、更新していきますので
選曲を考えていらっしゃるかたは参考にして下さいますようお願いします

PageTop