気まぐれダイアリー

やっぱりピアノって素晴らしい!

2016年5月28日ジョイフルコンサート

先週土曜日、教室のコンサートが無事終了しました。

数年前までは、コンサートと言っても
客席は、演奏者とご家族がちらほらいらっしゃるだけで
アットホーム的と言えば聞こえはいいですが
練習の成果を披露する場としては少しさびしい雰囲気でした。

それが、回数を重ねる毎にお友達や親戚、
以前、教室に通っていらしたかたや
教室に入ろうか下見にいらしているかた、
コンサート案内を目にして興味をもったかたなどで
結構客席がうまるようになり、先日のコンサートも
最後まで大幅に人数が減ってしまうこともなく
多くのお客さまに演奏を楽しんでいただきました。

やはり、演奏後の拍手は一人でも多い方がいいですね
緊張するのは、お客さんが多かろうが少なかろうが大して変わりませんから!

・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。

さて、教室の皆さんの熱演を聞かせていただいた2日後……
このダイアリーでも以前にご案内した
去年のショパンコンクールで2位を獲ったカナダ人ピアニスト、
シャルル・リシャール=アムランのリサイタルへ行ってきました。

プログラムはもちろんALLショパン!

ポーランドまでコンクールを聞きに行った私の友人が
優勝したピアニストよりもアムランを大絶賛していたので
かなり期待していましたが、その期待を遥かに超え
今さらながら「ピアノってこんな素晴らしい楽器だったのか!」と
感動するほど衝撃的な演奏でした。

どんなに著名なピアニストのコンサートへ行っても
たいていひとつやふたつは何かネガティブなコメントをしたくなる要素が
あるものですが、アムランの演奏はそれが皆無。

テクニックは言うまでもありませんが、
音色の豊かさ、美しさ、曲の構成など
どれをとってもただただ素晴らしかった!
「素晴らしかった」という表現は、あまりにベタで恥ずかしいですが
私にはあの演奏を言葉でお伝えするだけの表現力がありません

『今後は、自分の存在をこれでもかと見せつけるのではなく
あくまでも音楽の後ろに隠れ
作品自体をじっくりと聴かせるピアニストを目指したい』というアムラン。
今後の活躍が楽しみです。

それにしても、このアムランが2位だなんて……。
優勝したチョ・ソンジンってどれだけスゴイのか
今度来日したら絶対に聞きに行きたいと思います。

PageTop