気まぐれダイアリー

久しぶりの五月人形

先週から、レッスンをしている実家の玄関に
五月人形が飾ってあります。

実は、私もこの歳になって初めて目にしたもので
飾ってあるのを知らずに玄関に入った時は
思わずビックリ…というより「ギョッ!」としてしまいました。

兜

年季が入っていて立派と言えば立派に見えますが
「端午の節句のお祝い」にしては、リアルすぎてどこかおどろおどろしく
怖い感じがします。
優雅で楽しいイメージのピアノ教室にはちょっと合わないんじゃ…? 

案の定、先週レッスンにいらしたかたは
玄関入るなり「うわっ」とか「びっくりした」とか
思わず声をあげていらっしゃいました。

実はこの飾り、93歳になる伯父が「物心ついた時にはあった」と
言っているので、おそらく90年近く前のものだと思います。

父は3人兄弟の末っ子なのですが
預かって物置にしまったままにしてあったものを
今年は何を思ったか、何十年かぶりに飾ってみる気になったとのこと。

正直、玄関に飾らずとも居間にでも飾れば?と思いますが
「久しぶりに飾ってもらって嬉しい」と喜ぶ伯父や
「みんなに見てもらったほうが飾りも喜ぶ」という父の言葉を聞くと
しばらく玄関に展示しておくことになりそうです。

皆さん、どうかビックリしないでくださいね

PageTop