気まぐれダイアリー

秋田より 3日目

今日は午後から本番と同じ流れでリハーサル。

心配だったのは、学生さんのナレーションや講師のサクソフォーン演奏が入る
プログラム後半の「動物の謝肉祭」でした。
なにせ、全員集まったのは今日が初めて。

ナレーションは、さすが演劇部に属している学生さんだけのことはあり
中にはそのままプロとして通用しそうな上手な人も居て
安心して演奏を楽しめそうです。

サクソフォーンも、ちょっと危うい箇所はありますが
昨日より落ち着いて吹いている様子でした。

それよりも想定外だったのは、ピアノの鍵盤の重さと
思ったほど鳴らないということ。
ヤマハのコンサートグランドですが、一年に1〜2回使われるだけで
普段は倉庫で眠っているのだそうです。
なんとも勿体ない話です!楽器はやはり弾いてあげないと鳴るようになりません。
リハーサルの最後の方では少し響くようになってきましたが
ヘンに力が入ってしまうので、疲れるしコントロールが難しい。

でもこれは、自分の楽器を持ち運べないピアニストの宿命で、
与えられたピアノに文句をつけずにベストを尽くすしかありません。

さて、いよいよ本番!
バッチリ決めて、気持ちよく帰りたいなぁ。
成功を祈っていてくださいね〜♪

Sudaホールステージ

PageTop