気まぐれダイアリー

TED×ICU

TED をご存知でしょうか?
NHK Eテレで毎週水曜日の夜に放送されている
スーパープレゼンテーション』という番組を
ご覧になったことがあるかたはピンとくるかもしれません。

TEDとは、1984年にアメリカで設立された非営利団体で
価値のあるアイデア」を世に広めるために
各分野のスペシャリストがプレゼンテーションを行い
その動画を世界に無料配信して注目されています。

そのTEDから正式なライセンスを取得し、厳格なガイドラインに沿って
独自に企画する「TEDx」というイベントが
世界各地で開かれているのですが
昨日、国際基督教大学(ICU)の学生が企画した
TEDxICU が開催され、私達PIANO DUOも参加させて頂きました。
現在、ICUで教鞭をとっている連弾のパートナーMiguelの教え子が
このイベントに携わっていることから依頼され引き受けたものです。

イベントのテーマは「Unplug your ear」

12名がプレゼンテーションを行い、
4組のパフォーマーが楽器やダンスを披露しました。

私達DUOは、持ち時間14分の中でMiguelのスピーチをはさみながら
プーランク「4手のためのソナタ 第一楽章」
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」
ミヨー「ブラジルの女」の3曲を演奏。
スピーチのタイトルは Your Life, Your Art でした。

通常、リサイタルでは自分たちのタイミングで
ステージに出ていき、呼吸を整えてから演奏をスタートしますが
今回のイベントでは、秒単位でしっかり進行計画が立てられていて
自分の心の準備は二の次で、とにかく流れに乗って
タイミングよく演奏をスタートさせなければなりません。

たとえば…ステージの照明が消え真っ暗な中
スタッフがピアノの布カバーを外したのと同時に静かに出ていき
自分たちでピアノの蓋を開け、譜面台を立て… (ここまで約17秒)
スライドをスタートさせるボタンを自分たちで押し、
スポットライトが当たったら弾き始める…といった具合。

久しぶりに、綱渡りをしているようなドキドキ感を経験しましたが
たまにはこういう非日常的な刺激もいいものです!

先週はこのイベントのために、レッスンの合間をぬって
三鷹のキャンパスまで3回通い、さすがにくたびれましたが
学生たちが「絶対に成功させる!」という熱い思いで
必死に取り組んでいる姿を見ていると
自分も少し若返ったような(?)気がして、パワーが湧いてくるのを感じました。

TEDリハーサル風景
TED×ICU リハーサル風景

それにしても、さすが国際基督教大学…学生との会話は
完全にバイリンガル
カナダで外国人相手に下手な英語を話すことは
大して恥ずかしいとは思いませんでしたが
日本人同士で英語話すって、本当に恥ずかしい

…そんなこんなで、先週はかなり脳が活性化されたことと思います。
この緊張感のある生活を続ければ、きっとボケないで済むんだろうなぁ~。

このイベントの模様は、TEDxICUのFacebook にアップされています。
すべてのプレゼンテーションは、後日ネットで公開されるということなので
アップされたらまたこちらでご紹介させていただこうと思います。
面白いプレゼンテーションがたくさんあったので是非ご覧ください。

PageTop