気まぐれダイアリー

~至福の時~マレイ・ペライア♪リサイタル

ペライア

昨夜、サントリー大ホールで開かれた
世界的に活躍するピアニスト、マレイ・ペライア のリサイタルへ行ってきました。

ピアノの演奏会へ行くと、悲しいかな・・・
「なるほど、あそこはそういう解釈か」とか「フレーズの取り方は・・・」など
どうしても半分勉強しているような耳で聞いてしまい
純粋に演奏の美しさに感動することはあまりないのですが
以前、カナダでペライアがアンコールで弾いたシューベルトの即興曲Op.90-2 を聞いた時
その美しさに思わず涙が出てきました

何があっても、このリサイタルは行きたい
チケット販売初日、夕方になってようやく取れた席は、
1階後方のかろうじて手の動きがみえる場所。
それでも手に入れられてラッキーでした。
チケットは完売。昨夜の大ホールは見事にぎっしり隅々まで
ペライア・ファンで埋め尽くされていました。

プログラムは、
バッハ: フランス組曲 第5番
ベートーヴェン: ピアノソナタ 第27番
ブラームス: 4つの小品 作品119
シューマン: 「子供の情景」
ショパン: 「24の前奏曲」より第8番、マズルカ第21番、スケルツォ第3番

「好きな作曲家は誰ですか?」とよく生徒さんから聞かれることがあるのですが
いつも「3大です」と答える私。 ~ ach, eethoven, rahms ~ 
昨夜のプログラム前半は、私へのプレゼント??と思いたくなるような選曲。

会場が暗くなり、あれだけ広い空間に2000人近い人が居るというのに
こわいまでの静寂・・・ペライア登場までの緊迫感・・・すごいです。
中肉中背、けっしてハンサムで見栄えのするピアニストではありませんが
これが「世界一流」と評される芸術家の存在感なのだと思いました。

割れんばかりの拍手で迎えられたペライアが、
最初に奏でたバッハの美しかったこと
同じ曲を彼が演奏するCDも持っていますが、当たり前のことながら
ホールでの生演奏に勝るものはありません。

ペライアは、さまざまな音色を絡めて
ハーモニーの中から絶妙なバランスで隠れた旋律を浮き立たせてくるので
音楽に深みがあり、独特の立体感を作り出します。
ピアノソロではなくて、まるでオーケストラのような~

特にその彼の演奏が生き生きしたのは、シューマン の「子供の情景」でした。
タイトルのついた短い13の曲からなる作品ですが、
まるで絵本でも読んでいるかのように、
次々とまさしく「子供の情景」が繰り広げられ
こんなにシューマンを楽しく聞いたのは初めてでした。

あらためて表現 というものの奥の深さを感じました。

前半のプログラムを終え休憩に入る前に、
すでに「ブラボー」の声とスタンディング・オベーションを受け
拍手が鳴りやまず3回も舞台へ戻されたペライア。
全プログラムを弾き終えた後、どれだけ聴衆が熱くなっていたか想像できるでしょう。

アンコールは、ショパンのエチュードOp.10-3「別れの曲」、エチュードOp.10-4、
そして最後に なんと私が20年前に涙した
シューベルトの「即興曲」Op.90-2 を弾いたのです。

まさしく[至福の時]でしめくくった1週間でした。

サントリーホールでは、「録音・録画は固くお断りします」とアナウンスしていましたが
イギリスでは誰かが隠し撮りしたようで
アンコールでペライアが弾くシューベルトの「即興曲」Op.90-2が
You Tube に投稿されていました。
画像も音質もよくありませんがもしご興味があればこちらへ
(私が涙した演奏は、もう少し繊細でしたが・・・) 
      ↓ 
ペライアのシューベルト即興曲Op.90-2

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する