気まぐれダイアリー

祝!ベートーヴェン生誕250周年

新年初回より、移転先でのレッスンとなり
教室の皆さまにはご不便をおかけしていますが
どうにか無事にスタートを切ることができて
ホッとしています。

あと2ヶ月ほどでまた元の住所に戻れる予定ですが
それまでどうぞよろしくお願いします

さて、今年はいよいよベートーヴェン生誕250周年記念の年

Beethoven

教室でも秋のジョイフルコンサートは、
ベートーヴェン企画を予定していますが
教室でのベートーヴェン人気は今ひとつなので
この提案をした当初は
「多くても5名ぐらいしか弾いて下さらないだろう。
きっと盛り上がらないだろう。」と思っていたのですが
ナント、今現在14名のかたがベートーヴェンを演奏予定で
早くも練習をスタートさせていらっしゃるかたも!
嬉しいサプライズでした

予定されている曲目は以下のとおり。

ト調のメヌエット
エリーゼのために
ピアノソナタ第5番 第1楽章
ピアノソナタ8番「悲愴」 第2楽章
ピアノソナタ14番「月光」 第1楽章
ピアノソナタ20番
ピアノソナタ24番「テレーゼ」 第1,2楽章
ピアノソナタ27番 第1楽章
ピアノソナタ30番 第1楽章
ロンド Op.55-1
創作主題(「トルコ行進曲」)による6つの変奏曲 Op.76
イギリス国歌による7つの変奏曲 WoO.78
「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲 WoO.79

びっくりするほど充実したプログラムとなりました!

ジョイフルコンサートで演奏される機会の多い
ロマン派のショパンや
印象派のドビュッシーなどの曲を弾くときとは違い
ペダルの使い方やテンポの揺らし方など
古典派ならではの難しさも多々ありますが
この機会に是非ベートーヴェンの魅力を感じて頂きたいです。

ベートーヴェンの演奏に定評のあるピアニスト、
ゲルハルト・オピッツは
ベートーヴェンの曲について
『人間関係、社会との闘い、
自分自身の耳が聞こえなくなうという運命との闘い、
そういう様々な闘いが全部音楽に出ている。
そして、最後にはそういった苦悩から解放されて
勝利に向かう、という思想が音楽に反映されている。』
と言っています。

そして、『演奏の際には、まず楽譜を正確に読むこと。
ベートーヴェンが音楽を書き留める際にどれだけ苦労したか、
彼が何度スケッチに訂正したか、
極小の細部をいかに厳密に正確に磨いたかを知ると
どの演奏指示をも非常に尊敬するようになる』と。

う~~ん、ベートーヴェンの肖像画を見ながら
この文章を読むと、ちょっと身構えてしまいますね

とりあえず初回レッスンに向けては
譜読みはできるだけ正確に!
そして
ペダルのベタ踏みをしない!
を心がけて練習してきてください

PageTop