気まぐれダイアリー

教室史上最高に贅沢なコンサート

フィリアホールでのJoyful Concertまで
約2ヶ月となりました。

教室では早くも「緊張」という言葉が毎日のように
聞かれるようになりましたが
緊張するのは想定内のことなので
本番まで、緊張した状態でも安定した演奏ができるように
どのように練習をすすめ、心の準備をしたらいいのか
レッスンのなかでお話ししていきたいと思います。

さて、今度のJoyful Concertは
”一応”40回目という節目のコンサートです。

”一応”というのは……実は正確に40回目かといわれると
もう少し多いのかもしれないし、
少ないのかもしれないのです

なんともいい加減な話ではありますが
実は、いつ どのコンサートを第1回目と数え始めたか
プログラムも残っていませんし
私の記憶にもまったく残っていないのです

教室を始めた最初の頃
5~6名のメンバーでこじんまり開いていた発表会から
カウントすれば50回近いですし、
少しおしゃれに「Little Concert」と呼ぶようになり
更に「Joyful Concert」と改名してからの回数を数えると
まだ40回には達していないのです。

そのようなわけで、あまり堂々と
「40回記念コンサートです 」と言えないのですが
そこのところは深く考えずに
とりあえず、次回は節目のコンサートということで
素直に喜びたいと思います

この記念すべきコンサートを、タイミングよく
フィリアホールで迎えることができただけでも
特別感はありますが
さらに今回は、「あおば♪ピアノの部屋」史上
最高に贅沢なコンサートになりそうなのです!

フィリアホールのピアノは、
ホールが指定した業者、認定された調律師しか
調律を許可されないので
いつもホールに手配を一任しているのですが
今回は、リヒテル、ミケランジェリといった
巨匠ピアニストが指名した調律師の一人、
瀬川宏氏に調律をお願いすることにしました。
日本で三本の指に入る、有名な調律師さんです!

「そんなスゴイ人が調律してくれても、違いがわからない!」
という声が聞こえて来そうですが
確かに、そもそもホールのピアノが最高級で
ふだん弾いているピアノと比べ物にならないほど美しい音なので
そのうえ、調律師さんがどんなに腕が良くても
違いがハッキリわかるかと言われれば、
具体的にどこがどのように違うと言えるものではありません。

私も今まで何度か瀬川さんの調律したピアノを弾きましたが
正直なところ、瀬川さんが調律したから特に上手に弾けたとか
巨匠たちが「Mr.Segawaに調律を!」と指名した
絶対的な”何か”を感じることはできませんでした。

でも、すごく気持ちよく演奏できたことは間違いないです

なので、違いがわかる、わからないは気にせず
次回のコンサートでは、一流のクラシックホールで
超一流の調律師さんによって調律されたピアノを弾くって
いったいどんな感じなのだろう~?と
そのぐらいの気持ちで
贅沢なひとときを楽しんで頂けたらと思います

瀬川さんは、とても気さくなかたです。
コンサート当日は、リハーサル終了まで居らっしゃるそうなので
よかったらお話ししてみてください。

録画環境があまりよくない映像ですが
YouTubeにインタビュー動画がありましたので
ご紹介しておきますね。

PageTop