気まぐれダイアリー

Joyful Concertを終えて~♪

先週の土曜日、教室のメンバーによるコンサートが
無事に終了しました。
今回は、26名の皆さんが演奏をしてくださいました。

2014年春のジョイフル

以前、「本番の前に緊張について話されると
余計緊張をしてしまう」と言われ
しばらくこのことに関しては触れないようにしていたのですが
だからと言って皆さんの緊張が特に和らぐわけでもなく
レッスンでよく弾けていたのに、本番で悔しい思いを
するかたが減ったわけでもないので
ここ1~2年、本番の緊張対策について
日頃のレッスンの中でも
積極的にお話するようにしてきました。

「あがる」ということを否定したり
気づかない振りをしたり、諦めてしまうのではなく
潔く「あがる」覚悟をして、それに備えて
出来る限りの準備をしておく!

その効果が、じわじわとここ1~2回のコンサートで
出て来たような気がします。

もちろん、皆さん緊張をしていないわけではないですし
ちょっとしたアクシデントはありますが
ギリギリのところで頑張って止まらずに弾きとおしたり
止まったとしてもすぐに弾き続けたり・・と
徐々に”コンサートの魔物”と上手につきあうことが
できるようになってきていると思います。

このように、緊張を意識しながら経験を重ねていくことによって
きっといつの日か、魔物が親友になる日もやってくる!・・・か

また、選曲も本番での皆さんの完成度が上がってきている
ひとつの大きなポイントだと思います。
長過ぎず、テクニック・表現ともに
自分のレベルに合った曲を選ぶことで
そこに緊張が加わっても
ステージ上である程度のレベルを保って演奏できるのだと思います。

レッスンでは、レベル的にハードルの高い曲に
チャレンジするのもいいですが
人に聞いてもらう曲は、それなりに弾きこなせる
レベルの合った曲が、
弾く方にも聴く方にも心地よくていいですね

次回のコンサートは11月23日
今頃、皆さん 選曲に頭を悩ませていることでしょう~。
どのような候補曲があがってくるか楽しみです


PageTop