気まぐれダイアリー

ジョイフルコンサートで一年のしめくくり

ジョイフルコンサート

昨日、教室の生徒さんによるジョイフルコンサートが無事終わりました
今回は、フルートアンサンブルを含む26名の皆さんが演奏して下さいました。

プログラムは、毎回のことながら
バッハからガーシュイン、
映画「ある愛の詩」のテーマ曲"Love Story"、「さとうきび畑」など
バラエティーに富んだ充実した内容。

皆さん、選曲をしてから半年近く
この日ために練習を積み重ねてきました。
その成果が本番で十分に発揮できるように
レッスン時に録音して、自分の演奏を客観的に聞いてみて頂いたり
みんなの前で弾く練習会を企画したり~。

大人の趣味の教室なので、厳しすぎて「音が苦」になってはいけないし
だからと言って「好きなように弾いていいわよ~」というわけにもいかないし
そこのバランスが難しいところです。

でも、私は本当に生徒さんに恵まれていて
皆さん心からピアノを愛し
上達のためならばコツコツと地道な努力をいとわない
凄いパワーを持つかた達ばかり。

本番独特の緊張感漂う空気の中で
「あれ、音がわからない」 「違う音を弾いちゃった
「右手と左手がずれている~~」といった
多少のアクシデントはあれど
数か月じっくり弾きこんだ曲を立派に披露され
気持ちよく一年のしめくくりをされました(…と思います)。
少なくとも、打上げ会では
間違いなく皆さん、気持ちよくしめくくりをされていました

次回のジョイフルコンサートは来年5月26日
きっと皆さん、もう「次は何を弾こう?」と
休む間もなくあれこれ考え始めていることでしょう。
みんなのパワーに負けないように、私も頑張らなくっちゃ



PageTop