気まぐれダイアリー

笑いの効用

生徒さんのコンサートまで一ヶ月を切り、
レッスンスケジュールが混み合ってきたのと
クッキーの手術を来週にひかえ、あれこれ心配で
心身ともに少々お疲れモードの一週間・・・。

そんな疲れが一気に吹き飛んでしまうような『大笑い』を
金曜日の最後にいらした生徒さんからプレゼントされました。
もっとも、ご本人はプレゼントしたつもりはなく
おそらくこれを読むまで、ご自分がそんなことをした記憶もないとは思いますが。

それがコレです
写真の上のほうにちょこっと見えている黒い棒は黒鍵。
これは、ピアノのペダルの周辺を上から撮った写真です。
あまりにインパクトが強かったので、思わず記念に写真撮りました

スリッパ

今週最後のレッスンを終え、生徒さんを送り出しレッスン室に戻ったら
ピアノの下にスリッパが!
しかも、こんなふうに脱ぎ捨てられたままになっていたんです  
なんと豪快なことでしょう!

スリッパを履いているとペダルが踏みにくいからという理由で
レッスン中に脱ぐ生徒さんは他にもいらっしゃるし、
たまに忘れてそのまま帰られるかたもいらっしゃいますが
ここまで大胆に脱ぎ去っていったかたは、はじめてです 

・・・と、ここまで読むと、意地悪で嫌味っぽくて
私がこの生徒さんに恥をかかせているようにみえてしまいますが
けっしてそうではありません!
冗談ではなく、これは感謝のメッセージなのです。

教室のかたは、おそらく「あれ?もしやあの人では??」と
すでに顔が浮かんでいると思いますが・・・
そうです、bigでガッチリした風貌に似合わず(失礼!)
とても繊細なドビュッシー弾きとして定評のあるMさん(男性)です。

この日も、一時間びっちりと来月のコンサートで演奏する
ドビュッシーの「アナカプリの丘」をレッスンしました。
イタリアの太陽が燦々と輝くカプリ島にある
美しいアナカプリの風景をイメージさせるような
伸び伸びと~大胆な演奏・・・とまではまだちょっといきませんでしたが
前回よりずっと完成度をあげ、着々と準備をすすめられています。

こまかく速いパッセージの多い曲 なので
夢中で弾いているうちに、いつの間にか足元がこんなになっていたのでしょうか?
いろいろ想像するとおかしくて、一人でレッスン室で大笑いしてしまいました。

するとなんだか「ふっ」と、いろいろな心配事やたまっている疲れが抜け落ち
不思議と気持ちもからだも軽くなったような感じがしました。

笑いの効用って本当にすごいです 

Mさん、「ネタ」にしてしまってごめんなさい&素敵なプレゼントをありがとうございました

皆さんもたくさん笑って、良い週末をお過ごしください
PageTop