気まぐれダイアリー

おすすめ映画のご紹介

今日、こちらの映画を観ていらしたという生徒さんが
「とても良かったので是非皆さんにもご紹介を!」と
チラシを持って来てくださいました。

シーモアさんと、大人のための人生入門」という映画です。

どのような内容の映画かは、こちらの予告編をご覧ください。




シーモアさん映画

シーモアさん映画2

この映画、先月から上映されていて
私も友人に誘われ、行きたいと思っていたものの
都合がつかずあきらめていたのですが
やはりどうにか時間を作って観に行ってこようと思います。

このような映画は、わりと早く上映終了してしまうので
興味のあるかたはお早目に~~

 映画公式サイトはコチラ

PageTop

ジョイフルPlusコンサートのご案内

9月に入り、朝晩はようやく少し過ごしやすくなりましたが
まだまだ昼間は残暑が厳しいですね

先月は皆さんから「夏休み、とらないんですか?」とよく聞かれましたが
私の場合、その気になれば自分の好きな時にいつでも休みがとれるので
暑い夏は冷房の効いた部屋でレッスンしているのが一番!

それに、この時期は毎年
皆さんのバケーションの話を聞かせて頂くだけで
自分があちこち行ったような気分になって、結構満足してしまうのです

でも、秋になったらどこかへ行ってみようかな~と思っています。
皆さんの土産話を聞いていると、どこも魅力的で行きたくなり
候補地が多すぎて迷いますが……。

秋と言えば、文化的なイベントも多く催されるシーズンです。
教室でも、10月・11月と続けてコンサートが控えています。

特に来月14日に予定されている『ジョイフルPlusコンサート』は
今回はじめての企画!
教室のメンバー6名が10分を超える作品にチャレンジします。

いつものコンサートでは、長くても7分程度の曲という時間制限を
設けているので、時間を気にせず何でも好きな曲が弾けるというのは
とても魅力的ではありますが、実際にやってみると
曲が長くなればなるほど練習時間も必要になりますし
最後まで息切れせずに同じレベルで弾き切るには
かなりの集中力や体力が必要となります。

「本番一ヶ月前に、それなりに完成度を上げて弾けていなかったら
参加は見送っていただきます!」という厳しい条件をつけましたが
既に皆さん、その段階はクリアされ
10月14日に向けて着々と準備を進めていらっしゃいます。

…と、こんなふうに書くと「プレッシャーです」とメンバーに怒られそう

でも、決してプレッシャーに感じる必要はありません!
本番では緊張するでしょうし、普段しないようなミスをしてしまうかもしれませんが
今の段階で出来ることは、すべてしっかりやっているのですから~。
自信をもって本番に臨んで頂きたいと思います。

そして、その演奏を一人でも多くのかたに聞いていただきたいです。
大変なチャレンジをしたメンバーに、
是非、あたたかい拍手を送ってさしあげてください。

ジョイフルプラスポスター

 コンサートのご案内
(演奏者のお名前が記載されたご案内は、生徒さん専用ページからアクセスしてください)

ご家族やご友人をお誘いあわせのうえ、是非お出かけください♪

PageTop

ショパンコンクール2位!アムランのコンサート

ついこの間お正月のお祝いをしたばかりのような気がしますが
あっという間に一月が終わり、もう二月……早いです

暖かく楽に過ごせた年末年始とは打って変わり、ここのところ
寒い日が続き、ついにインフルエンザも流行期に入ったとか~。
更に、敏感なかたは既に花粉を感じ始めたということで
これからの季節、今まで以上に体調管理が難しくなりますね。
私も皆さんにご迷惑をかけないように気をつけたいと思います。

さて、今回は耳寄りなコンサート情報を!
…と言っても、教室には私よりずっとこの手の情報に詳しいかたが多いので
既にチケットを買われたかたもいらっしゃるかもしれませんが
5月30日(月)、フィリアホールで
去年開かれたショパンコンクールで2位となったカナダ人ピアニスト
シャルル・リシャール=アムランのリサイタルが開かれます。

実際にポーランドでコンクールを聴いてきた私の友人は
アムランを大絶賛!
残念ながら優勝は逃したものの、世界三大コンクールのひとつ、
ショパンコンクールでの2位はやはり”スゴイこと”なのです!
(あまりにレベルの高いところの話なので「スゴイこと」以外適切な言葉が思いつきません…

これからが期待されるアムランの演奏を
地元のホールで聴けるなんてラッキーです!
当然、プログラムはALLショパン 

ノクターン ロ長調 Op.62-1
バラード 第3番 変イ長調 Op.47
ポロネーズ 変イ長調 Op.61「幻想」
序奏とロンド 変ホ長調 Op.16
4つのマズルカ Op.33
ポロネーズ 変イ長調 Op..53「英雄」
ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58

私は早速チケットを購入しました
ちょうど教室の皆さんのコンサートが終わった直後でタイミングもバッチリ!
ひと息ついて、ゆっくりアムランの演奏を楽しみたいと思います。
もしご興味があれば、皆さんも是非~

■コンサート情報⇒ フィリアホールHP
■ショパン:バラード第3番 (アムラン:演奏)

PageTop

コンサートまであと1ヶ月半!!

レッスンにいらっしゃる道中、桜 を楽しまれたでしょうか?
桜台地域でも有名な桜の木が並ぶ通りは、今日はもう花吹雪…
でも、それはそれでまた美しいものです。

さて、フィリアホールでのコンサートまで1ヶ月半となりました!
参加申込みの締切は今月20日(月)ですので
ご希望のかたは忘れずにエントリーお願いします。

楽譜を見て(置いて)演奏予定のかたは
そろそろ本番用に楽譜を準備して、それに慣れておくようにしてください。
(譜めくりをしないで済むようにコピーして編集する、など)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ご案内>


4月2日号の「タウンニュース」緑区版の”人物風土記”というコーナーで、
教室メンバーの古澤さんが紹介されました

こちらが記事の写真ですが、文字が小さくて読めませんので
ネット版をご覧ください ⇒  ■タウンニュース「人物風土記」 ■

タウンニュース古澤さん

PageTop

「花鳥風月コンサート」ゲネプロ

教室の女性メンバー4名による「ピアノで奏でる 花鳥風月コンサート」が
いよいよ今月14日に開かれます。

今日は、そのゲネプロが行われました。
ゲネプロとは、日本だけで使われている和製ドイツ語で
本番の前に行う、本番同様の通しリハーサルのことです。

今回のコンサートでは、ステージの背景に風景画像を映し出し
花・鳥・風・月 にちなんだ曲の数々を
野外の雰囲気を感じながら楽しんでもらおうという演出。

…ということで、今日は映像も含め
メンバー全員が揃って本番とまったく同じ流れでやってみました。
本番同様ということは、緊張も本番同様

教室のコンサートでは、一人一曲しか演奏しないので
「一曲入魂!」という感じで
とにかくその一曲に集中して完全燃焼してしまっていいのですが
今回のコンサートのように
一人が複数曲担当して、それを流れにのって
演奏者を交替しながらつないでいくというのは
自分の出番まで集中力を切らさず、しっかり緊張感を保ち続けなければならないので
一見簡単で楽しそうに見えますが、実はとても難しいことなのです。

忙しい毎日のなかで、コツコツと練習を重ね
ここまで完成度を上げ準備をされてきた皆さんの
ピアノへの熱い思いには本当に感服致します。

コンサートの成功を心よりお祈りしています

■コンサートの詳細はこちら ⇒ ピアノで奏でる花鳥風月コンサート
                    (約50分、休憩なしの一部制コンサートです)

ご家族やお友達と一緒に、是非聞きにいらしてください~♪


花鳥風月リハーサル風景

PageTop