気まぐれダイアリー

なるほど便利グッズ

先日、音楽関係の知人から
久しぶりに電話をいただき
「新しいことを始めようと思っているんだけれど
ちょっと手伝ってくれない?」と。

コロナで音楽業界も大きな打撃を受け
音楽家もお互い協力しあいながら
新しい活動方法を模索しなければならない。
そのためのプラットフォームを立ち上げたい、
という内容でした。

正直なところ、それが具体的にどういうことなのか
説明を受けても今ひとつイメージできなかったのですが
「あなたの話しを聞かせてもらいたい」と言うので
話しぐらいだったらお安い御用
気楽に引き受けました。

ところが数日後、送られてきた
「質問内容」を見てビックリ !!
雑談のような気楽なおしゃべりどころか
本格的なインタビュー。
しかも、その様子を撮影して、
YouTubeにアップする予定というではありませんか。

こんな私の話しが役に立つとも思えず
やんわり断ろうと試みましたが
「そんなアナタだからいいんです!」という
わけのわからない説得を受け
先日、生まれて初めて
インタビューというものを受けてきました。

見られるのも恥ずかしいですが
「あおば♪ピアノの部屋」についても
話しているので、アップされたら
またこちらでお知らせしますね。

ところで、この撮影のために出向いた
音楽事務所の社長さんから
帰り際にいただいた音楽グッズが
なかなか面白くて便利なのでご紹介します。

私と同じ音大のピアノ科を卒業後、
起業家として活躍されているその社長さんが
考案、商品化したそうで
ネーミングも上手で、「5楽線(ごらくせん)」といいます。
さすが、ビジネスセンス、バッチリですね。

5楽譜

セロテープのような形状ですが
ご覧のとおり、5線譜が印刷されています。

楽譜の次のページの最初の音を
ちょっと書いて付け足しておいたり
弾きやすいように音を少しかえたり
指使いを書きかえたときなど
こちらのテープを貼って書いておくと
見た目もきれいでわかりやすい!

私もさっそく、使ってみました。

5楽譜サンプル

段やページが変わった時に
次の音がこのように見えていると
止まらずスムーズに弾けることがよくあります。

このぐらいなら、手書きでもOKという気もしますし
正直、この製品をお店で見ても
私はスルーしてしまっていたかもしれませんが
5線を均等に書くのは意外に難しいですし
きれいに剥がすこともできるということなので
使ってみて初めて
「なくてもいいけれど、あると便利。」と
感じるものだと思います。

実際に使ってみたい、見てみたいというかたは
教室にありますので遠慮なくお知らせください。
レッスン中にも「あのテープが役に立ちそう!」
と思ったら使ってみますね。

ちなみに、プレゼントされたこのテープ
宣伝して欲しいと頼まれたわけではありません。
ただ、「まとめて購入してくれれば30%オフにしますよ~。」
と社長さん。
なかなかやり手です
(5線の間隔によって値段が違い480~580円:税別)
もし教室でリクエストの声が多かったら検討しますね。

PageTop

練習会が決まりました!

11月22日(日)に予定されているコンサートのための
練習会の日程が決まりました。

11月10日(火)
場所は、フィリアホールのリハーサル室です

実は、13日(金)も部屋はとれたのですが
通常、皆さんは練習会で弾いてうまくいかなかったところを
集中的に練習し、レッスンで確認してから本番~
という流れで準備されるので
余裕をもって早いほうの日程にしました。

11月のコロナの状況によっては
以前と同じようなかたちの練習会ができるのか、
それとも、時間を区切って
少人数のグループでの練習会になるかわかりませんが
いずれにしても、
コンサートの約2週間前のこの日ぐらいまでには
いつ本番でも大丈夫なぐらい
今から計画的に練習をすすめてみてください

PageTop

コロナ1/100作戦!

緊急事態宣言が解除され一ヶ月。
買い物へ行っても、
車を運転していても、
だいぶ人出が多くなってきたと感じます。

そうなるとやはり心配なのが第2波の到来
東京をはじめ、関東の新しい感染者数が
また増え始めました。

レッスンを再開して、
久しぶりに会ったメンバーから
「やっぱりレッスンしてもらうと気持ちが生き返る!」とか
「またもっとピアノが弾きたくなった!」といった声を頂くと
本当に嬉しいですし、
再び自粛要請が出て、レッスンを
中止しなければならないような事態にならないように
教室で出来る感染予防は万全にしようと
改めて気が引き締まる思いです。

くどいようですが……
手からの感染がほとんどとのことですので
みんなでシェアするピアノの鍵盤は要注意です

教室メンバーとご自身を守るためにも
レッスン前の手洗いは、
石鹸を使って丁寧に洗って下さいますようお願いします
(私がしつこくお願いすることが、
皆さんの安心につながると思っています

私も譜めくりのため
レッスン前には必ず手指消毒用アルコールを
使うようにしていますのでご安心ください。
皆さんは必要ありませんが
ピアノの上に置いてあるので
ご希望の場合は遠慮なくどうぞ。

アルコール消毒

レッスンが終わってから
手を洗って帰られるかたもいらっしゃいます。
そこまでして頂けば、本当に安心ですね
気になるかたは遠慮なくご利用ください。

コロナ、コロナ、……と
もう耳にするのもうんざりですが
長期戦覚悟で、感染予防を常に意識した
新しい生活スタイルに慣れていくしかないですね。

でも、あまりに敏感になりすぎても
精神的に疲れてしまいますし、
かと言って油断してもいけないし
どのぐらい何を、どのように気をつければいいのか?
いろいろな情報にあふれ迷うところです。

そこで、医療関係のお仕事をしている
信頼できる教室メンバーから
ご紹介いただいた貴重な情報を、
皆さんともシェアさせて頂くことにしました。

ウィルスの研究が専門の
京都大学、宮沢孝幸先生の「コロナ1/100作戦」!
この掲示はビジュアル的にも親しみやすくていいですね
是非参考になさってみてください。
    ↓
コロナ対策
<出典:宮沢孝幸氏Twitter>

PageTop

レッスン再開とコロナ対策

6月8日(月)よりレッスンを再開することにしました

今日、調律をしてもらい
調律師さんに新しいレッスン室の音響を
褒めていただきました。
良かったです!!

更に嬉しかったのは、
部屋に一歩入り壁紙を見て
「わぁ~、すごい素敵!!いいですねーーー
ピアノとばっちり合いますねーー」と
絶賛して下さったこと!
大胆な柄なので心配でしたがホッとしました。

緊急事態宣言が解除され、レッスンを再開するといっても
コロナが終息したわけではないので
嬉しさよりは、どちらかというと
今後、メンバーも私も安心してレッスンを
続けられるようにするには
どうすればいいか、緊張感がより一層強まりました。

新しいレッスン室は防音室なので
ふつうの部屋よりも気密性が高くなっています。
コロナ対策では、
定期的に窓を開けての換気が推奨されていますが
防音性を高めるために窓をFIXにしたため
窓を開けての換気はできません。

その代わり、「ロスナイ」という高機能の換気扇を
24時間ずっと稼働させています。
「ロスナイ」について詳しくはこちら

ロスナイ
(時計の上の白いのがロスナイ)

更に、コロナ対策で一番有効とされる手洗いを
レッスン前に皆さんにして頂くため
来週は、玄関に手洗い場を新設予定です。

ちなみに、今度は自動水栓に
ハンドソープもオートディスペンサーにするので
一切、何にも手を触れずに手洗いOKです

鍵盤もレッスンが一人終わるごとに
除菌効果がある鍵盤専用クリーナーで拭きます。

キークリン

そして、ここからが皆さまへお願いです

コロナの状況が落ち着くまでは
「ちょっと風邪気味」程度で
以前でしたら平気だったレベルでも
咳や微熱などの症状がありましたら
大事をとってレッスンはお休みなさってください。

私も、そのような時はお休みさせて頂きます。

皆さまがお休みしやすいように、
今まではレッスン当日にキャンセルされた場合は
レッスン料を頂いていましたが
当分の間、体調不良による当日のキャンセルは
レッスン料を頂戴いたしません。

そのため、固定スケジュールで
月2回レッスンにいらしている皆さまの場合
2回分のレッスン料をまとめて頂く今までのスタイルですと
お休みした時のレッスン料の調整が複雑になるので
今後は、フリー予約と同様に
レッスン毎にレッスン料を納めていただくかたちに
変更させて頂きたいと思います。

また、レッスン料ですが
こちらもシンプルにまとめるために
フリー予約と同じにさせて頂きたいと思います。

◎ 30分レッスン→ 3000円
◎ 45分レッスン→ 4000円
◎ 60分レッスン→ 5000円

結果として、45分と60分レッスンに関しましては
レッスン料が値上がりしたかたちになってしまい
大変申し訳ありません
何卒ご理解&ご了承のほどよろしくお願いします。

さすがに、お店でやっているような
ビニールシートで仕切りを作ったり
フェースシールドをつけたり
ゴム手袋をはめてレッスンする……
というところまでは考えていませんが
「新しい生活様式」を意識した準備を整えて
来月、皆さまにお目にかかるのを楽しみにしています

PageTop

新しいレッスン室

ここ数日、東京よりも神奈川の
新規感染者数が多くなり
明日の緊急事態宣言解除は絶望的ですね。

レッスン再開はいつになることやら……ですが
早速、数名のメンバーから録音が送られてきて
私は徐々にレッスンモードを取り戻しつつあります

新しいレッスン室も、一昨日ようやく完成しました!

レッスンがお休みだったのをいいことに
業者さんが、だ~らだらと
日程にルーズだったこともありますが
あっちこっち手直しが必要な箇所もあり
予定を2か月近くもオーバーしての仕上がりでした。

新しいレッスン室で、
一番大きく変わったのはそのロケーションです。
今までは、玄関を入って一番奥の突き当りにありましたが
今度は、玄関を入ってすぐ右手のドアがレッスン室となり
扉を隔ててプライベートな居住空間と完全に独立させました。
     ↓
新しいレッスン室1

写真だと広く見えますが、6畳弱なので
実際に入ったときにガッカリしないでくださいね
     ↓
新しいレッスン室2

新しいレッスン室3

新しいレッスン室4

アクセントに使った壁紙は、
以前このブログでもお知らせした
北欧のデザイナー、アイニ・ヴァーリが
楽譜をイメージして描いた
「CORONNA(コロナ)」という絵柄。

ちょっとゴチャゴチャした柄ですが
大人のピアノ教室なので
スタイリッシュでカッコいいかなと思いました。
(デザインの名前は、最悪のタイミングですが……

コロナの壁紙

壁の上部はCD棚です。
聞きたいCDがあればお貸ししますよ

CD棚

今回、床をカーペットにしようかフローリングにしようか
最後の最後までとても悩みました。
音響的には絶対にフローリングのほうがいいのですが
長時間レッスンする私にとっては、
響きすぎると疲れてしまうので
カーペットのほうが安心なのです。

でも、業者さんが
床に響いて跳ね返った音は天井の吸音材がおさえるから
是非、グランドピアノのダイレクトな音を楽しんでもらいたい
と熱く語るので、思い切ってフローリングにしたのでした。

これは大正解でした!
音の粒が今までよりきれいに立って聞こえて
とても気持ちがいいです。
長年弾いてきた自分のピアノが、
こんな音で鳴るなんて
ちょっとびっくりしたぐらいです。
皆さんに弾いていただくのが楽しみです。

さて、レッスン再開ですが
もし、緊急事態宣言が当初の予定どおり
今月末で解除になったとしても
もう少し待っていただくようになるかもしれません。

実は、追加でまた工事をすることになりました。
『コロナ対策工事』です

厚労省からも、コロナウィルスを想定した
「新しい生活様式」が発表されたように
今後、長期に渡ってコロナを常に意識した生活を
余儀なくされることとなりました。

レッスン休止の前にも、
鍵盤の除菌や教室の換気を心がけ、
皆さまには手洗いやマスク着用をお願いしてきましたが
それは今後も、さらに徹底して
続けていかなければなりません。

なかでも、手洗いは必須

これがリフォームの設計段階でわかっていれば
レッスン室の中に小さな手洗い場を作ることも
可能だったかもしれないのですが
その時は、コロナがここまで深刻化するとは夢にも思わず
思い立った時には、時すでに遅し……でした

タンク式の手洗いを置くことも考えたのですが、
給水タンクと排水タンクを
毎日入れたり出したりするのも大変そうだし
1階のプライベート居住内の洗面所は
両親専用の仕様になっていて
皆さんには使って頂けないので
思い切って、玄関内に小さな手洗いカウンターを
作ってもらうことにしました。

設計士さんを相当悩ませてしまいましたが
この玄関ドアの横の角に設置予定です。

玄関

残念ながら、給湯機につなげないので
お湯は出ないのですが
(冬はちょっとつらいかもです
コロナ対策ということで
自動水栓はつけられることになりました。

せっかくきれいにリフォームが終わったばかりなのに
また壁に穴開けたり、タイルを削ったりと
ちょっと心が痛むのですが
玄関入ってすぐのところで手が洗えるのは
教室の皆さんだけでなく、
自分達家族や、
お世話になっている介護スタッフにとっても
重宝すること間違いないので
それで得られる安心感を考えると文句は言えません。

小規模な工事とはいえ、これから工程を組むので
緊急事態宣言解除に間に合うかどうか

いずれにしても、6月中には確実に
レッスン再開できると思いますので
楽しみにしていてくださいね~

PageTop