気まぐれダイアリー

あれから5年

「最近、気まぐれダイアリーがアップされていないので
この暑さで体調でも崩されたのかとちょっと心配してました。」と
言ってくださるかたが何人かいらっしゃり感激しました
気にかけて下さりありがとうございます!

実は、この猛暑の最中、引越しをしていました

愛娘のクッキー(ワンコです)が天国へ旅立ち
覚悟していた以上のつらいペットロス状態に陥り
少しでも立ち直ることができればと
思い切って、住んでいた海老名の自宅を賃貸にして
横浜市の教室近くのマンションに引越してきたのが5年前の夏。

クッキー

5年経っても、クッキーのいない寂しさは変わりませんが
その当時は、引越し準備のバタバタでだいぶ気が紛れて
精神的にはとても助かりました。

ただ、その時に引越したマンションが
大家さんが海外赴任している5年間の期間限定契約だった為に
今月、そこを出なければならなかったのでした。

賃貸でグランドピアノが持ち込める物件はほとんどなく
当時、そこが唯一OKだったのと
5年は結構長いと思って
あまり深く考えずに決めてしまいましたが
実際、5年はあっという間でした。

真夏の引越しは暑くて大変  
しかも、5年前に
「今度の引越しまでには断捨離して荷物をグッと減らすぞ!」と
心に決めていたはずなのに、
なぜか段ボールの数が前回より15個増
ずいぶん捨てたつもりでも
知らず知らず何かしら溜め込んでいるのでしょう。
私にとって断捨離は思ったよりずっと難しい

そのようなわけで、今月は来る日も来る日も片づけでヘトヘトでしたが
ようやく段ボールもなくなり、ふつうの生活ができるようになりました。

もう引越しはこりごり!……なのですが
今回も「グランドピアノ持ち込みOK」の物件探しで苦労し
ようやく見つかったのはまたしても期限付きの家。
数年内にはまた引越さなければなりません

次回の引越しまでには、
私をとりまく状況もいろいろと変わると思うので
教室もいっしょに移転ということも無きにしも非ずですが
とりあえずしばらくは現状維持の予定です。

ピアノ
グランドピアノの引越しはいろいろと大変!
今回はサランラップのようなビニールテープでぐるぐる巻きにされた上に
毛布でくるまれ、クレーンで宙に浮かされ運び込まれました。
自分のピアノが吊り上げられている図は何度見ても不思議な感じです。
写真撮り忘れて残念!



今度の引越しで、自宅⇔教室は更に近くなり
車で5分弱になりました。
万が一、また手帳にレッスンの予約を書き忘れ
すっぽかして自宅でのんびり~、なんていう事態が発生しても
すぐに駆けつけられる……と密かにホッとしているのですが
もちろん、そのようなことが起きないように
よりいっそう気を引き締めます

……とはいえ、しばらく続きそうなこの猛暑
いつにも増してボーーーっとして注意散漫になっています。

30℃どころか、四捨五入すれば40℃になる暑い毎日。
駅から歩いてレッスンに来られるかたもいるので
どうかくれぐれも熱中症には気をつけてください。

また、帰りにバスをご利用される場合は
なるべくバス停での待ち時間が短くなるタイミングで
教室を出られるように配慮しますので
どうぞ遠慮なくお申し出くださいませ

PageTop

情けない話

過去に何度かやっているので、すごーーく気をつけていたのに
またやってしまいました……レッスンのすっぽかし

昼食後、スケジュール帳にぽっかりと時間があいていたので
外出していたら、実はそこはレッスンのお約束をしていた時間でした

予約した時間にいらした生徒さんから
携帯に何度も電話やメールをいただいていたものの
そういう時に限って、何かの拍子にスマホが
「おやすみモード」に設定されていて、まったく反応せず。
気がついた時にはお約束の時間を30分近く過ぎていました。

あわてて折り返し電話しましたが、もうその日はレッスンできずで
大変なご迷惑をおかけしてしまいました

たまたま車でいらしていたかたで、
そんなに遠くにお住まいではなかったのでまだよかったのですが
県外から電車で2時間近くかけていらして下さっているメンバーもいるので
このようなことが二度とないように、もっともっと気をつけなければと反省

でも、今回もすごーーーーく気をつけていたのにやってしまったこと。
「あんなに気をつけていたのになぜ??」とショックです。

レッスンのお約束をして、手帳に書き込もうと思って
手帳を取りに行っている途中で何かに気を取られたり、
ちょっと他の用事をしてからと思っている間に
忘れてそのままになってしまったに違いありません。
なんとも情けない話しです

すっぽかし防止策として、フリー予約の皆さんには
レッスン前日までに確認メールをお送りするようにしています。
たまに、それすらうっかり忘れてしまうことがあるのですが
今回のように、お約束したレッスンを書き忘れてしまっていたり
日時を間違っている場合もありえます。

ここから  

いずれにしても、前日夜までに私から確認メールが届かなかったら
「たぶん送るのを忘れているだけだから大丈夫だろう。」とか
「こちらから確認メールを送ったら失礼かも。」などと思わずに
どうか遠慮なく「明日〇〇時からレッスンですよね!」とご連絡ください。
どうぞよろしくお願いします

情けない話をもうひとつ……。
実は先週からなるべく笑わないようにしています。
思わずレッスン中に笑ってしまうと「痛タタタタ~~」と
横腹をおさえて苦しむハメになり
今週も何回か生徒さんにご心配をおかけしてしまいました。

「痛い病気」と噂には聞いていましたが、
2週間前に帯状疱疹になってしまいました。
疲れやストレスの蓄積は感じていたのですが
まさかそこまで体力が低下していたとは
なんとも情けない。それにしても、体は正直ですね。

皮膚の病気と思っていましたが、神経を傷める病気だそうで
発疹はだいぶおさまったものの
ピリピリジリジリ何とも言えない痛みが治まらず、特に笑うとひびきます。

もう少し痛みが治まるまで、なるべく笑わず愛想ないと思いますが
決して機嫌が悪いわけでも、怒っているわけでもないのであしからず~

PageTop

今年最初の買い物は「ピアニスト」!?

年々人混みが苦手になり、初売りでにぎわうデパートは
ここ数年、足が遠のいていたのですが
珍しく今年は「ちょっと出かけてみようか。」ということになり
ぶらぶらと横浜へ行って来ました。

「人混みが苦手」と言いつつも、
赤札を見ると俄然エネルギーがわいてきて
目がらんらんと……そして次第にギラギラ……
最後には夫の存在を忘れ買い物に没頭

とは言え、「ひとつ買ったらひとつ捨てろ」の断捨離の心を思い出し
本当にお買い得で、本当に必要なものだけにしぼり
長い時間ぶらぶらしていたわりには、
お財布は軽くならずホッ
赤札の魔力は強大です!!

さて、人混みでごった返しているフロアの一角に
木材から作られた時計や動物などの置物を
目の前で作りながら売っている
期間限定の小さな売り場を見つけました。

今年は戌年なので、犬をモチーフにしたものがたくさん!
どれも素朴であたたかみがあり、とてもかわいらしいのです。
もちろんセールではありませんが、
あまりのかわいさに足を止め見入っていると
数ある置物の中に「ピアニスト」とタイトルのついたワンちゃんを発見!

ピアノをモチーフにしたアイテムにはやはり反応してしまいます。
しかも、すぐに好きな名前を彫って付けてくれるというのです。

これは、買わずにはいられません!
……はい、買いました

2018年戌年

とっても小さな置物ですが、
今年の干支のわんちゃんが、呑気な顔で
ピアノに向かっているなんて
教室にぴったりではないでしょうか!
今年一年、飾っておきますので見てくださいね。

ちなみにこれは、篠原克暢さんの作品。
今どき珍しく、インターネット販売はしていないそうです。

『篠原克暢 木楽なクラフトしの招福店』は
横浜高島屋7階で9日まで。
 クラフトしの

PageTop

あけましておめでとうございます♪

2018年謹賀新年

新しい一年が始まりました!
今年も晴天に恵まれて、気持ちのよい年明けとなりました。
皆さまはどのようなお正月をお過ごしでしょうか?

私は年々、年末の掃除の手を抜く度合いが増し
そこら中、汚いままで年を越し
準備するおせちの品数も減ってきて、
新年の幕開けといっても、平常とほとんど変わらず
お正月気分を味わうという感じではなくなってきているのですが
皆さんからいただく年賀状に書かれた
新年への思いを読ませて頂くと
「私も頑張ろう!」と新しい一年へのパワーがわいてきます

そのように刺激を受けるメッセージ入りの年賀状は
本当にありがたいものですが
お引越しや結婚、出産、転職などを機に
教室をやめられたメンバーからの年賀状もまた嬉しいものです

今日も、懐かしいメンバーからの年賀状が何枚か届きました。
教室をやめてからずっとピアノを弾いていないというかたも多いですが
何年経っても、私や教室の仲間のことを覚えていて
近況をお知らせ下さるのはとても嬉しいです。

いつの日か、同窓会のようなものを開けたら楽しいかも

そのように、いつまでも細く長~~~く
メンバー達とお付き合いが続く教室を目標に
2018年も皆さんとピアノを楽しんでいきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします

PageTop

ゆく年と来る年と

今年も残すところ一日となりました。

年々、一年の過ぎゆくスピードが加速していくようで
今年も、目の前のことに追われて過ごすうちに
あっという間に今日まできてしまった気がします。

今年は、2年に一度の教室のBigイベントでもある
フィリアホールでの特別コンサートもあり
皆さんと一緒にいろいろな曲に取り組み
楽しく充実した一年でした

来年も、皆さんがどのような曲を
レッスンにもってきてくださるか楽しみです!

曲は、基本的にご自身の弾きたい曲でしたら何でもOKですが
特にコレといって弾きたい曲が思いつかないと
悩まれるかたも少なくありません。

そんな時は、2018年がメモリアルイヤー(生誕没後記念)の
作曲家の曲を選んでみるのもいいかもしれません。

ちなみに、調べてみたら来年は
ピアノ曲を多く残したメモリアルイヤーの作曲家は
このような名前があげられていました。

チャイコフスキー:没後125年
グリーグ:生誕175年
ドビュッシー:没後100年
ラフマニノフ:没後75年
ガーシュイン:生誕120年
シューベルト:没後190年

25年単位の区切りや、シューベルトの没後190年というのは
「メモリアルイヤー」と呼ぶには若干説得力に欠ける気がしますが
ドビュッシーの没後100年は確かに”メモリアル”というにふさわしく
できれば教室でもちょっとした何かを企画できたらと思っています。

2012年秋のジョイフルコンサートでは、
生誕150周年を祝って19名のメンバーが
20曲のドビュッシーの曲を披露して下さり
私がスライドを用意し、ドビュッシーの生涯をご紹介するなど
教室上げて、ドビュッシーの150回目の誕生日を祝いましたが
来年はそこまで大々的なことをするつもりはありません。

今、漠然と考えているのは
秋のほうのジョイフルコンサートで、
もしドビュッシーの曲を弾いて下さる方が複数いれば
プログラムの一部をドビュッシーでかためようかな……という感じです。

ドビュッシーはどの曲も中級以上、ほとんどが上級レベルなので
完成度を上げるのは大変ですが
この機会に、ドビュッシーに取り組んでみるのもいいかもしれません。

来年は恒例の春と秋のジョイフルコンサートのほかに
演奏時間に制限を設けない「ジョイフル Plus コンサート」も開催予定です。

一年にコンサート3回というのは、かなりのハイペースですが
もちろんコンサートへの参加は強制ではありませんし
メンバーお一人お一人、ピアノを楽しむスタイルやペースはさまざまなので
くれぐれも無理なく、自分に合ったペースでピアノを続けてください。

来年もまた、皆さんと一緒にピアノを楽しんでいきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします

PageTop