気まぐれダイアリー

お見送りを終えて

ついに関東地方も梅雨入りしましたね
……と言っても、今のところ傘の出番もなく
あまり梅雨らしくありません。

今週は、外よりもレッスン室内のほうがよほど湿っぽい空気が流れていました。
大木さんをお見送りしてからちょうど一週間。
レッスンにいらしたメンバーと、大木さんのお話になることも多く
そのたびに一緒にウルウルしてしまい、
気がつけば、大木さんが亡くなってから毎日泣いている
そういえば、大木さんに「先生は泣き虫さん」と言われていたっけ。

教室の皆さんとお話していると、改めて
大木さんというかたは、教室のお仲間が大好きで
本当に誰にでも分け隔てなく
優しく親しみをこめて接していらしたのだなぁ、とつくづく感じます。

ほとんどのメンバーは、一年に二度のコンサートと打上げ会の時しか
お話しする機会がなく、決して頻繁に交流していたわけではありませんが
それでも、これだけ多くのメンバーの心に残り、惜しまれる大木さんは
特別な魅力とパワーを持ったかただったと思います。

私は、大木さんには「感謝」しかありません。

大木さんが教室に入られた2002年は、
大人だけの教室「あおば♪ピアノの部屋」になって
まだ2年ほどしか経っておらず
メンバーもたった十数名しかいらっしゃいませんでした。

それが、年月を経て40名を超える大所帯になっても
アットホームであたたかな雰囲気のままでいられたのは
ひとえに、大木さんがこの15年間、陰になり日向になり
私をサポートして、メンバーひとりひとりに声をかけ
居心地の良い空気を作るお手伝いをして下さったから。
大木さんがいらっしゃらなかったら、「あおば♪ピアノの部屋」は
きっと今とは少し違う雰囲気の教室になっていました。

そんな大切なことを、弔辞の準備をしていたなかで
ようやく気づきました。
元気な大木さんに、直接お礼を言いたかった!

「親孝行したい時に親はなし」と言いますが
今、まさにそのような思いでいます。
大木さんが大好きなピアノをもっと楽しめるように
私に出来ることがまだいろいろあったのではないだろうか?

そして、今、私にできる大木さんが喜びそうなことって何だろう?
と考えた時、大木さんは、演奏を皆さんに聴いていただくことを
何よりの励みにされていたので
教室の皆さんに、大木さんの演奏を聴いて頂けるように
するのはどうだろうと思いました。

私の手元には、大木さんの演奏した動画が数多くあるのですが
その中から、お人柄がよくあらわれた、優しくあたたかな演奏2曲を、
教室メンバー限定でYouTubeにアップしました。
『member only』内の「あおばアーカイブ」でご案内していますので
よろしければ、お聴きになってみてください。

PageTop

今年もまた……

昨日は気温10度を下回る寒い一日となりましたが
今日は気持ちの良い晴天で、少し散り始めたものの
教室周辺の桜はまだまだ十分美しく楽しめます。

花屋さんの店頭も、色とりどりのお花で
一気に華やかな雰囲気になってきましたね。

昨日は、私とチューリップの球根を交換して
育ててくださっている生徒さんが
私の球根がきれいな蕾をつけたと写真を送ってきて下さいました。

チューリップ2017年

感動 です
交換してあちらで育てられた球根たちはなんて幸せ者なんでしょう!

だって、私に育てられた球根は……
ジャジャーーーーーーーン!!

かわいそうなチューリップ

まるで ゾンビ のよう
も~~、なんでこうなってしまうのか全然わかりません!

自分でも呆れて思わず笑ってしまいますが、
今回この実験をしてみて改めて
「環境」というものが、生きているものにとって
いかに重要なのか思い知らされました。

それにしても……あまりにヒドイ。
今年もまた「きれいなチューリップを咲かせる」目標達成ならず
結構落ち込んでいます

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ところで、あっという間にジョイフルコンサートまで1ヶ月となりました。
エントリーの締切りは今週の土曜日(15日)ですので、
参加ご希望の皆さんは忘れずにお願いします。

PageTop

春はそこまで

今週末は気持ちの良い晴天で気温も上がり
ぐっと春が近づいてきた感じがしましたね
桜の開花も待ち遠しいですが、
これからいよいよいろいろな花が楽しめる季節

「チューリップはその後いかがですか?」と
聞いてくださるかたが多く
最近よくお互いのガーデニング状況についてお話します。

植物に話しかけるとちゃんと応えてくれる……
という話を聞いたことがありますが
ある生徒さんは、なかなか育たなかった苗に
「このままだと引っこ抜いちゃうわよ 」と言って脅したら
それからすくすくと育ち始めたという話をしてくれました。

実は、私も今年こそはと気合いを入れて
チューリップに語りかけています(脅してはいません )。
それが効いたのかどうかはわかりませんが
今年は今のところとても順調に育っていて
このままいけば無事に咲くかなぁと期待がふくらみます。

3月のチューリップ

でも、不思議なことに
同じ土で、同じ場所に置いて同じように水をあげていても
手前のプランターと奥のプランターの球根では
発育の早さが違うのです。

実は、手前のプランターには生徒さんから頂いた球根、
奥のプランターには自分で買った球根を植えてあります。
私の球根も、決してケチったわけではなく
一応「サカタの球根」なのですが

生きものですから個体差があるのは当然ですね。
開花した時にどのように違いがでるかも楽しみです

PageTop

今年こそ咲かせたいチューリップ

店頭では早咲きのチューリップが見かけられるようになりましたね。

11月初旬に植えた我が家のチューリップの球根10こは
例年より暖かい日が続いたからか、12月半ばには芽が出てきてしまい
今は、一番育っているものは3センチほどまで芽が伸びました。
いくらなんでも早過ぎなのでは……

チューリップ2017発芽

球根を交換して下さった生徒さんの方は
まだひとつも出て来ていないとのことで
いよいよ不安になります。

ちなみに、去年は8こ植えたうちの1つしか発芽せず
その後10センチほど伸びて開花したものの
あまりパッとせず終わってしまいました。
それに比べれば、今年はとりあえず全部発芽しているので
進歩と言えば進歩ではありますが

「チューリップなんて、放っておけば勝手に咲いてくれますよ!」と
皆さんおっしゃるのですが、それが一度も成功したことない私。
今年こそは絶対にきれいに咲かせたい

この時期の発芽は正常の範囲内なのか…
生命力が強いと喜ぶべきか…
早とちりのおっちょこちょいなのか… わかりませんが
とにかくこのまま無事に成長して咲いてくれることを祈るばかり。

教室には、ガーデニングを楽しむメンバーさんが多くいらっしゃるので
発芽情報いただけたら嬉しいです

PageTop

今年の初チャレンジ!

新年明けて早くも1週間が過ぎました。
5日からレッスンを始めましたが、毎年お正月明けのレッスンは
当然のことながら、皆さんいつものようには練習されていないので
レッスンしている時間よりも、
おしゃべりしている時間の方が長くなることもしばしば

帰省された故郷の様子や手作りしたおせち料理のお話、
初詣や旅行、ご家族で集った時のお話など
年末年始のいろいろなエピソードをうかがうのは楽しいものです。

年末年始は、連休といってもゆっくり休むというよりは
やはり何かとやることが多くて
ふだんよりも疲れるというかたの方が多いような気がします。

私のうちは、夫も私も家族が全員神奈川に住んでいて
その気になればいつでも顔を合わせられるので、お正月と言っても
特にみんなで集まってお祝いをするということもなく
毎年、年始はわりとのんびり過ごすのですが
今年は、ひょんなことから元日の朝に
「蒸籠(せいろ)で赤飯を炊く」なんていうことに
初めてチャレンジすることになったり
突然の父のリクエストで、家族全員で集まって新年会をやることになったりと
例年になく毎日バタバタ忙しく動き回った年始となりました。

なぜ正月早々、蒸籠でお赤飯を炊くことになったのか…
その成り行きはこんなです。

うちでは私が小さい頃から、何かしら祝い事があると必ず
母が蒸籠でお赤飯を炊くのが常でした。
兄弟4人いるので、子供の頃は誕生日、進級、入学、卒業など
結構頻繁にお赤飯を食べる機会がありましたが
年々お赤飯を炊いてお祝いするほどおめでたいことも少なくなり
ここ10年ほどは、母の気力も体力もなくなり
あんなに活躍した蒸籠は
ビニールをかぶってしまわれたままになっていました。

それがこの年末の掃除の際に、
「こんな大きな蒸籠はもう使わないから捨てようか」という話になり
なんとも切ない思いに駆られ
「それなら私がお母さんみたいなお赤飯を炊けるようにするから。」と
いうことで貰いうけてきたのでした。

それをわざわざ元日に初チャレンジすることもなかったのですが
妹夫婦が食べ盛りの甥姪3人を連れて来るというので
祝日だし、赤飯デビューには丁度いい ということで
頑張ってみることにしたのです。

ところで、お赤飯に入っているお豆は「小豆」が一般的ですが
母はいつも「ささげ(大角豆)」を使っていました。
それを疑問に思ったことはなかったのですが
今回自分で作ることになり調べてみると
「ささげ」が使われる興味深い理由があることがわかりました。

「ささげ」は、さやが上を向いて物を捧げる手つきに似ていることから
「神様に捧(ささ)げる」という意味合いがあること。
また、小豆は皮が柔らかいので煮崩れしやすく
江戸では豆が割れることを”切腹”に通じて縁起が悪いからと
祝いもののお赤飯には、煮ても崩れにくい「ささげ」が
小豆の代用として好まれ使われるようになったとのこと。

これを知ってしまうと、
いくら今の時代、切腹するような事態はないとはいえ
なんとなく気分的に縁起のいいものを使いたくなります。
「ささげ」は小豆よりもずっと値段が高いのですが
お正月だし、私にとっては記念すべき赤飯デビューなので
とりあえず今回は縁起を担ぎ「ささげ」を使うことに。

大掃除で疲れていたけれど、大晦日の夜に仕込みをし
元日の朝起きてすぐに、お赤飯一升(10合)炊きにチャレンジしました

お赤飯1
せっかく「ささげ」を使ったのに、
少し豆を煮過ぎてしまい切腹豆がちらほら……

お赤飯2
大晦日の夜にレンジ周りを掃除したばかりなのに
蒸籠から垂れる水であっという間に汚れてガックリ

お赤飯3
でも、とりあえず無事に出来上がりました

初チャレンジにしては良く出来たと思いますが、
やはり母が作ったようにはいきませんでした。
作る手順自体は全然難しくないのですが
蒸す火加減や時間など、微妙な違いで出来具合は変わりますね。

結構 力が必要なので、私も何歳まで出来るかわかりませんが
母の作ったお赤飯に近づけるように
面倒くさがらずにこれから頻繁に作ってみようと思います。
お赤飯を炊きたくなるような嬉しいことがたくさん起こるといいですが~

こんなささいなことでも
初めてのことにチャレンジするのは楽しいものです!
今年はジャンルを問わず
いろいろなことにチャレンジしてみたいと思います

PageTop