気まぐれダイアリー

何ごともリハーサルが大事

先日、生徒さんと雑談していて
ちょうどその日が「防災の日」だったことから
お互いが備えている非常食の話題になりました。

国が推奨している災害時用の備蓄食料は「最低3日分」だとか。
3日分というと9食!
そして飲料水は一人一日約3リットル必要と考えて備えておくべき
というので、これを家族の人数分というと結構な量になります。

お話しした生徒さんも私も、一応備えはあるけれど
3日間、困らないぐらいあるかというとそうでもなく
しかも、備えてあるものも既に賞味期限が切れているかも
といった似たような状況でした。

東日本大震災の直後には、危機感をおぼえて
あわててあれこれ買いそろえたものですが
徐々に緊張感が薄れ
非常食の賞味期限のことなどすっかり頭から消えていました。

案の定、帰ってすぐにチェックしてみると
とっくに賞味期限が切れているものが半数以上、
そして、残りも期限切れ直前のものがほとんどという有り様

生徒さんと非常食の話しをしなかったら
万が一の時、我が家は賞味期限切れの非常食で
我慢しなければならないところでした。

早速、新しいものを買い足しましたが
賞味期限ギリギリのものは備蓄しておいても仕方ないので
先週末、夫とふたりで「非常時のリハーサル」ということで
お昼ごはんにして消費することにしました。

非常食

非常食というと、どうしてもあまり美味しくないというイメージがあり
正直、週末のランチが非常食なんて気が進みませんでしたが
これがとても貴重なリハーサルになりました!

まず食べてみたのは、当時テレビなどでも紹介され
ネットでは売り切れが続いていた「パンの缶詰」。
缶からなかなか出て来ず、引っ張り出すのに苦労しましたが
噂どおり、食感といい味といい非常食とは思えぬ美味しさ

そして、アルファ米の炊き込みご飯。
同封されている粉末スープをかけ、スプーンでよくかきまぜ
矢印までお湯を注いで、袋の口をしっかりしめて15分蒸らすというもの。

こちらは、よくかき混ぜたつもりでも味にムラができていて
蒸らした後で、もう一回よーーーくかき混ぜないとあまり美味しくない。
そして、指定された矢印きっちりにお湯を入れたつもりが
完全にアルファ米の表面がお湯に浸っていなかったようで
時々カリカリの硬いお米が混ざっていて、食べにくいどころか
歯に響いて痛い
味は悪くないので、お湯の量と待ち時間を調整すれば
それなりに美味しく食べられそうです。

こういうことは、実際にやってみないとわからなかったことなので
非常食の週末ランチは、予想以上に有意義なものだったのですが
ここで思わぬアクシデントが!

ふたりで黙々と硬いご飯を噛んでいると
突然 夫が「あっ と叫ぶ。

ガビーン

「歯の詰め物が取れちゃった~~

硬いお米の衝撃を受け、経年劣化していた詰め物が
スポッと取れてしまったのでした。

とんだ災難に遭ってしまいましたが、
これが本当の災害時でなくよかった

何ごともリハーサルが大事、と思った出来事でした

PageTop

青春時代の憧れの人

今年は、イギリスのダイアナ妃が亡くなってから
ちょうど20年ということで、
イギリスでは王子のインタビューなどを交えた特別番組が放送され
話題になっていましたが
命日の今日は、日本でも多くのテレビ番組が
朝からダイアナ妃の懐かしい映像を流して
彼女の生涯や、彼女が取り組んだ慈善活動の数々を
紹介していました。

ダイアナ妃は、私が十代の時の憧れの人でした。
豪華な結婚式に美しいウェデイングドレス姿。
「あんな綺麗なお姉さんになりたい」と夢見て
当時流行っていたダイアナカットにしてみたり、
ダイアナ妃が着ていたのと同じスタイルのワンピースを着たりして
勝手にダイアナ妃になったつもりで満足していたものです。
私にも、そんな無邪気でかわいらしい時期があったのですね
青春時代の良き思い出です。

そして実は私、その憧れの人、ダイアナ妃を
目の前で見るというスゴイ経験をしたことがあるのです!
(プチ自慢です

1991年、私がカナダの首都オタワに住んでいた時のこと。
チャールズ皇太子とダイアナ妃がカナダを訪れ
オタワの国立劇場で国主催の歓迎コンサートが開かれました。

もちろん一般の人は入れないのですが
私の連弾のパートナーが
当時、カナダの首相の娘さんにピアノを教えていた関係で
特別に招待して頂いたのでした。

ダイアナ妃
豪華な厚紙にタッセル付の立派なコンサートプログラム。私の大切な記念品です。

コンサートホールに入ってきたダイアナ妃は、遠目にも美しく
オーラが漂い、人々の目を釘付けにしていました。
コンサート終了後、ロビーで花道をつくってご夫妻を送り出す際、
たまたまベストポジションに立つことができて
手を伸ばせば触れてしまうほどの至近距離で
憧れのダイアナ妃にお目にかかることができたのでした。

美しい外国人女性は見慣れていましたが
ダイアナ妃の美しさは、思わず「これが自分と同じ人間か!」と
言いたくなってしまうほど。
カナダでも決して背が低い方ではない170センチの私が
グッと見上げるほどの長身(178センチに高いヒールを履いていた)で
存在感が半端じゃありません!
徐々に近づいてきて、私の前に来た時には
緊張で意識がボ~~~~っとして身動きひとつできませんでした。

ちなみに、ダイアナ妃の後ろを歩いていたチャールズ皇太子には
ほとんど誰も視線を向けず……

あの美しいダイアナ妃が、
それからたった6年後に亡くなってしまったなんて
本当にショックでした。

ただ「美しい」というだけではなく、
慈善活動にも力を注ぎ、多くの功績を残したダイアナ妃。
事故にさえ遭わなかったら、今頃どのような人生を送っていたのでしょうか?
亡くなって20年経っても、世界中の人々の記憶に残るプリンセス。

改めて哀悼の意を表したいと思います

PageTop

お見送りを終えて

ついに関東地方も梅雨入りしましたね
……と言っても、今のところ傘の出番もなく
あまり梅雨らしくありません。

今週は、外よりもレッスン室内のほうがよほど湿っぽい空気が流れていました。
大木さんをお見送りしてからちょうど一週間。
レッスンにいらしたメンバーと、大木さんのお話になることも多く
そのたびに一緒にウルウルしてしまい、
気がつけば、大木さんが亡くなってから毎日泣いている
そういえば、大木さんに「先生は泣き虫さん」と言われていたっけ。

教室の皆さんとお話していると、改めて
大木さんというかたは、教室のお仲間が大好きで
本当に誰にでも分け隔てなく
優しく親しみをこめて接していらしたのだなぁ、とつくづく感じます。

ほとんどのメンバーは、一年に二度のコンサートと打上げ会の時しか
お話しする機会がなく、決して頻繁に交流していたわけではありませんが
それでも、これだけ多くのメンバーの心に残り、惜しまれる大木さんは
特別な魅力とパワーを持ったかただったと思います。

私は、大木さんには「感謝」しかありません。

大木さんが教室に入られた2002年は、
大人だけの教室「あおば♪ピアノの部屋」になって
まだ2年ほどしか経っておらず
メンバーもたった十数名しかいらっしゃいませんでした。

それが、年月を経て40名を超える大所帯になっても
アットホームであたたかな雰囲気のままでいられたのは
ひとえに、大木さんがこの15年間、陰になり日向になり
私をサポートして、メンバーひとりひとりに声をかけ
居心地の良い空気を作るお手伝いをして下さったから。
大木さんがいらっしゃらなかったら、「あおば♪ピアノの部屋」は
きっと今とは少し違う雰囲気の教室になっていました。

そんな大切なことを、弔辞の準備をしていたなかで
ようやく気づきました。
元気な大木さんに、直接お礼を言いたかった!

「親孝行したい時に親はなし」と言いますが
今、まさにそのような思いでいます。
大木さんが大好きなピアノをもっと楽しめるように
私に出来ることがまだいろいろあったのではないだろうか?

そして、今、私にできる大木さんが喜びそうなことって何だろう?
と考えた時、大木さんは、演奏を皆さんに聴いていただくことを
何よりの励みにされていたので
教室の皆さんに、大木さんの演奏を聴いて頂けるように
するのはどうだろうと思いました。

私の手元には、大木さんの演奏した動画が数多くあるのですが
その中から、お人柄がよくあらわれた、優しくあたたかな演奏2曲を、
教室メンバー限定でYouTubeにアップしました。
『member only』内の「あおばアーカイブ」でご案内していますので
よろしければ、お聴きになってみてください。

PageTop

今年もまた……

昨日は気温10度を下回る寒い一日となりましたが
今日は気持ちの良い晴天で、少し散り始めたものの
教室周辺の桜はまだまだ十分美しく楽しめます。

花屋さんの店頭も、色とりどりのお花で
一気に華やかな雰囲気になってきましたね。

昨日は、私とチューリップの球根を交換して
育ててくださっている生徒さんが
私の球根がきれいな蕾をつけたと写真を送ってきて下さいました。

チューリップ2017年

感動 です
交換してあちらで育てられた球根たちはなんて幸せ者なんでしょう!

だって、私に育てられた球根は……
ジャジャーーーーーーーン!!

かわいそうなチューリップ

まるで ゾンビ のよう
も~~、なんでこうなってしまうのか全然わかりません!

自分でも呆れて思わず笑ってしまいますが、
今回この実験をしてみて改めて
「環境」というものが、生きているものにとって
いかに重要なのか思い知らされました。

それにしても……あまりにヒドイ。
今年もまた「きれいなチューリップを咲かせる」目標達成ならず
結構落ち込んでいます

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ところで、あっという間にジョイフルコンサートまで1ヶ月となりました。
エントリーの締切りは今週の土曜日(15日)ですので、
参加ご希望の皆さんは忘れずにお願いします。

PageTop

春はそこまで

今週末は気持ちの良い晴天で気温も上がり
ぐっと春が近づいてきた感じがしましたね
桜の開花も待ち遠しいですが、
これからいよいよいろいろな花が楽しめる季節

「チューリップはその後いかがですか?」と
聞いてくださるかたが多く
最近よくお互いのガーデニング状況についてお話します。

植物に話しかけるとちゃんと応えてくれる……
という話を聞いたことがありますが
ある生徒さんは、なかなか育たなかった苗に
「このままだと引っこ抜いちゃうわよ 」と言って脅したら
それからすくすくと育ち始めたという話をしてくれました。

実は、私も今年こそはと気合いを入れて
チューリップに語りかけています(脅してはいません )。
それが効いたのかどうかはわかりませんが
今年は今のところとても順調に育っていて
このままいけば無事に咲くかなぁと期待がふくらみます。

3月のチューリップ

でも、不思議なことに
同じ土で、同じ場所に置いて同じように水をあげていても
手前のプランターと奥のプランターの球根では
発育の早さが違うのです。

実は、手前のプランターには生徒さんから頂いた球根、
奥のプランターには自分で買った球根を植えてあります。
私の球根も、決してケチったわけではなく
一応「サカタの球根」なのですが

生きものですから個体差があるのは当然ですね。
開花した時にどのように違いがでるかも楽しみです

PageTop