気まぐれダイアリー

ショパンの再来 (?) ブレハッチ

ここ2~3日、10月とは思えぬほど気温が上がり
レッスン中にはまた冷房をONにしていますが
先週金曜日は、午後から雨が降り始めたこともあり
急に10月とは思えぬほど気温が下がりました。

そんな中、ビショビショ & ぶるぶる しながら
フィリアホールで開かれたラファウ・ブレハッチの
コンサートへ行ってきました。

ブレハッチ

2005年のショパン国際コンクールの優勝者で、
ショパンと同じポーランド人、
そして雰囲気(容姿?)がショパンに似ていると言われ
当時ショパンの再来と話題になりました。

生徒さんにブレハッチの大ファンがいらして
「こんなふうに弾けるようになりたいんです!」と
CDをくださったので、録音では聴いたことがあったのですが
コンサートに行ったのは今回が初めて。

ショパンコンクールの優勝者というと、
当然、ショパンの曲がメインのプログラムを期待されますが
今回はこのような内容でした。

【 Program 】

 J.S.バッハ
4つのデュエット

◆ ベートーヴェン
ロンド Op.51-2
ピアノソナタ 第3番

* ♪ *  ♪ *  ♪ *

◆ ショパン
幻想曲 Op.49
夜想曲 第14番 Op.48-2
ピアノソナタ 第2番「葬送」 Op.35

<アンコール>
◆ブラームス「6つの小品」Op.118の2番。
______

ステージに登場したブレハッチは
私が漠然とイメージしているショパンとも重なり
華奢でとても繊細な感じ。
いかにも、ショパンが似合うルックス~

「この線の細そうなピアニストが、
どのようなベートーヴェンを弾くのかな?」と興味津々でしたが
その見かけからは想像もできないほど
ダイナミックなフォルテを奏で迫力満点!

ただ、抒情的な場面になると、
あまりにもショパンのような甘美な響きになってしまうので
ベートーヴェンとショパンが混在した、やや二重人格的な演奏で
私は聴いていてあまり心地よくありませんでした

しかし、さすがショパンコンクールの優勝者
後半のショパン3曲はどれも本当に素晴らしかったです。
特にソナタ2番の第3楽章「葬送行進曲」は
今まで私が聴いた演奏のなかで一番!と言えるほど感動しました。
素晴らしい演奏を聴くといつも
「ピアノってすごい楽器だなぁ」と改めて思います。

次回はいつ、またこのように感動する演奏と出会えるのか?
楽しみです。

花野ライン

話しはガラッと変わりますが……
そしてつまらないことですが……一応お知らせ。

先月から2~3回、教室から6軒ほど離れたお家を使って
テレビドラマのロケが行われ
レッスンにいらしたかたも大勢の見物人やら何台ものロケ車に
ビックリされたことと思いますが、
その時の撮影分が明日(11日)放送されます。

日本テレビ、夜10時からの
綾瀬はるか主演「奥さまは、取扱い注意!」です。

ロケでは、建って間もないお洒落なお家の塀に
大きな真っ赤ならくがきが……!

夜遅くまで、教室の前の道を使って
大がかりなロケをやっていたというので
どのように映っているのかちょっと興味があります

PageTop

行って来ました!生田緑地ばら苑

今日は日差しが強く、夏のように暑い一日でした

今月はゴールデンウィーク中に身内の不幸があったり
フィリアホールでの特別コンサートがあったりで
毎日バタバタ動き回り、心身ともにヘトヘトになっていたのですが
ようやくいつもの生活のペースに戻り、元気も復活してきました

ということで、今日は久しぶりに
ゆっくり散歩しながらきれいな花を観賞しようと
生田緑地のばら苑へ行ってきました。

生田緑地ばら苑

バラの花びらの何とも言えない繊細なグラデーションに
自然の神秘のようなものを感じます。
ゆっくり散策…というには、少し暑過ぎましたが
色とりどり、さまざまな種類のバラの美しさに見とれ
優雅で気持ちの良い休日を過ごすことができました。

教室のメンバーにも、バラを育てているかたが結構いらっしゃいます。
バラというと、他の植物よりも手がかかるというイメージがありますが
このように豪華な花が咲くのであれば、どんな労力も報われますね。

生田緑地のばら苑は来週日曜日(28日)まで。
バラがお好きでしたら是非~

 生田緑地ばら苑ホームページ

PageTop

行ってきました!みなとガーデン

花粉症もだいぶおさまってきたので
「春らしい風景を楽しみに行こう!」ということで
Garden Necklace YOKOHAMA 2017(全国都市緑化よこはまフェア)の
会場のひとつ「みなとガーデン」へ行ってきました。

ガーデンネックレス2017

横浜公園から日本大通りに沿って
チューリップを中心として植えられた色とりどりの花を楽しみながら
山下公園のほうまで良い散歩になりました。

既に咲き終わって少し寂しくなっていた花壇もありましたが
まだまだ見ごたえ十分!
5月上旬からは2600株のバラが楽しめるようですので
その頃にまた行ってみたいと思います。

ご興味のあるかたは是非!おすすめです~
全国都市緑化よこはまフェアの公式HP

さて、今週金曜日は練習会
そして、週末からはいよいよゴールデンウィークが始まり
それが終わればあっという間にジョイフルコンサートです。

皆さん、とても熱心に練習してくださるのは嬉しいのですが
このところ、手の痛みを訴えるかたが増えていて心配です。

本番が近づいて来ると、いつもより練習時間が長くなりがちですが
音の間違えが多いところ、指がうまく回らないなど不安なところは
ただ闇雲に回数多く弾けば弾けるようになるというものではありません!
「なぜ間違えてしまうのか」、「なぜ指がうまく回らないのか」
その理由を考えて、脱力や手・腕の動かし方に十分注意を払いながら
練習するようにしてください。

頑張りすぎて手を痛めて、結局コンサートに出られなかった…なんて
残念なことにならないように十分気をつけてくださいね

プログラムは金曜日の練習会でお渡しできる予定ですが
ネットの外部リンク用に、演奏者の名前を載せていない
プログラムを用意してあります。
ブログやFacebook、ご友人にメール等でご案内する際にご利用ください。

外部リンク用のプログラム

PageTop

行ってきました!『四谷怪談』

暑い夏は怪談でひんやり……というにはまだ少し早いですが
先日、渋谷の文化村シアターコクーンで上演されている
コクーン歌舞伎『四谷怪談』を観て来ました。

四谷怪談

コクーン歌舞伎は、古典の演目を現代的に演出したもので
私のように歌舞伎について何の知識もないド素人でも十分楽しめます。

とは言っても、やはり少しは予習して行けばよかったと反省。
『四谷怪談』はお岩さんの怨念の話……程度しか知らなかったので
最初の15分ぐらいは登場人物たちの関係がわからず
話しがつかめずチンプンカンプン

でも、徐々に話がみえてくると
歌舞伎界の若きスター、中村獅童や勘九郎、七之助兄弟の
迫真の演技にぐいぐいと引き込まれていきました。
中でもお岩さんの妹、お袖を演じた七之助さんは
女性より女性らしい……と言うのもおかしいですが
所作が美しく繊細で惚れ惚れ~

しかし圧巻はやはり、お岩を演じたベテランの中村扇雀さん。
陰謀により毒薬を飲まされ、見るも無残な醜悪な顔になり
夫の裏切りに対する悲しみと恨みに身悶えしながら息絶えるまでのシーン。
あまりに壮絶、鬼気迫るものがあり
芝居だということを忘れて心臓がバクバクしてしまいました。
本当に凄かったです!

ベースは歌舞伎という古典芸能でありながら
そこにトランペットやヴァイオリンなどの西洋楽器の生演奏が入ったり
スーツ姿のビジネスマン達が舞台を横切ったり
仰々しいセリフの中にさりげなく現代の話し言葉が混じったりと
不思議な魅力のある舞台で、
来年のコクーン歌舞伎も是非観てみたいと思いました。

それにしてもこの公演、6月6日から29日まで一日も休むことなく
しかもその半分以上は一日二回も上演するのです!
プロなんだから当然、と言ってしまえばそうですが
一緒に行った友人と
「あの迫真の演技を一日二回もするなんて
どうやってメンタルをコントロールしているのだろう。」
「一ヶ月近く、病気も怪我もせず本番を務めるって
どんなふうに健康管理しているのかな。」……などなど感心することしきり。

そして最後に
「私達、女優でなくてよかったわねー!」な~~んちゃって

PageTop

藤城清治・影絵展「幸せを呼ぶ光」

銀座の教文館で開かれている藤城清治さんの影絵展「幸せを呼ぶ光」に行ってきました。

藤城清治1

藤城さんの影絵は、色の美しさや繊細なライン、
そして楽器が描かれていることも多いことから
以前から大好きで、展覧会へも何度も行ったことがあります。

今回の卒寿記念の影絵展は、7月から開催されていたのに行きそびれていて
もう今月15日で終わってしまうというので諦めていたのですが
生徒さんから「絶対に行ったほうがいい!
軍艦島など新しい作品がとても素晴らしかった!」と強くすすめられ
日曜レッスンが終わってから閉館間際に駆け込み、ギリギリセーフで観て来ました。

会場が狭く、平日でも大勢の人が観に来ていて身動きが取れないほど・・・と
いうことでしたが、さすがに3連休中日の閉館間際は
ガラ~~ンとすいていてラッキーでした!

今年91歳になる藤城氏、去年は病に倒れ制作活動を続けることが困難な時期が
あったそうで、その時の苦しい思いが書かれた直筆のメッセージが展示されていました。

藤城清治影絵展メッセージボード

『<略>・・・ もし、絵が、デッサンができないようなら
90歳まで生きていてもしようがない。
9階の病室の窓から飛びおりてしまおうか と思ったことがあった。
しかし、勝つんだ!挑戦するんだ!病気に勝ち抜くんだと思った。
病気を乗り越えてこそ 
ほんとうの 背すじをのばしたすてきな絵が描けるんだと思った。

人間はいつかは病気をする、不幸に出合うこともある。
それをのりこえてこそ、生きる喜びがとびだしてくるんだ。

ぼくは、これからこそ ほんとうのいい絵
生きるよろこびを描いていこうと思っている

みんなもいっしょに、この展覧会で
生きるよろこびを味わってください。』


『生きるよろこび』…なんとも重い言葉です。

こうして生きて、美しいものを見たり聞いたり、
楽しくおしゃべりをしたり、美味しいものを食べたり
いろいろな所を旅したり…たくさんの喜びに恵まれているのに
坦々とした毎日や健康であることの有り難さを忘れて
ちょっとしたことで不平不満を言ったり、欲張ったりしてしまう。

暗い会場の中に鮮やかに浮かび上がる数々の影絵に囲まれていると
じわじわと「生きるよろこび」がわいてくるのを感じました。

作品をいろいろなかたちで楽しんでもらいたい、という藤城さんの思いから
展覧会では珍しく、会場内での写真撮影が許可されています。

実際の、光が背後から当てられた美しい影絵とは比べものになりませんが
撮って来た写真をいくつかご紹介しておきますね。

藤城清治2
こんなにすいている会場でゆっくり影絵を楽しめて本当にラッキーでした!

藤城清治3
「恋人の聖地~幸せの鐘~」

藤城清治12

藤城清治4

藤城清治5

藤城清治6
「上を向いて歩こう」

藤城清治7
「軍艦島」

藤城清治9
「つり橋はぼくのハープ」美智子妃殿下が大変気に入られて、原画を献上されたそうです

藤城清治10

藤城清治11
「広島赤十字病院の曲がった窓枠」

PageTop