気まぐれダイアリー

憂鬱のタネ

皆さまにお披露目して
一ヶ月しか経っていないレッスン室ですが
エアコンの電源接続が、
こんな見苦しいことになってしまいました

エアコン

2週間ほど前から、
時々、特に何か大きく電力を使う機器を
使ったといういうわけでもないのに
突然、ブレーカーが落ちて
家中の電気が切れてしまうようになり、
もしかすると、2世帯住宅なので
50Aでは足りないのかもと思い
60Aへ変更してもらったのですが
その次の日にもまた落ち、
さすがに、これは何かおかしいだろうということになり
東京電力にチェックをお願いしました。

その結果、なんと
レッスン室のエアコンのコンセントが
漏電していることがわかりました
たまたま何かの条件が重なって
今まで問題が起きなかっただけで
施工ミスによるものだということ。

またか~~!!
この防音業者、本当に仕事が雑で
今までに、何度クレームをつけて
やり直しさせたかわからないのです

でも、今回のは
ひとつ間違えれば火災が起きていたかもしれない
深刻なミスです。腹が立ちます

週末に、天井を取って
配線をやり直すらしいですが
今度はピアノを傷つけたり、他の何かを破損したり
やりかねないので憂鬱です

唯一、救われたのは
写真のように、延長コードで他のコンセントにつなげば
エアコンは使えたので、
レッスンをお休みせずに済んだこと。

工事が済むまで、延長コードが床を這っていますので
レッスンにいらっしゃるかたは
つまづかないようにくれぐれも気をつけて下さいね

PageTop

念のため確認

いよいよ明日から、2ヶ月ぶりに
教室でのレッスン再開ですが、
お問合せを頂いたので念のため確認を……。

教室は、藤が丘ではなく
青葉台のほうへいらしてください

青葉台の教室は、半年ぶりになりますが
この半年で、近所の風景が
だいぶ変わりました!

バス停前のお家が、英語&ヨガ教室になっていたり
更地だったところに家が建っていたり
きっとびっくりされると思います。

「十年ひと昔」と言いますが
たったの半年でも、ひと昔ほどに感じます
思えば、近所の風景どころの話しではなく
世界中がコロナで激変してしまいましたものね。
この半年間のことは、一生忘れられないでしょう。

さて、半年ぶりなので一応確認ですが
車でいらっしゃるかたは以前と同様に
車庫の入口をふさいで構いませんので
電柱のそばまで詰めて駐車してください

教室用のチャイムを新しくしました。
設置した場所は同じなので
門扉を入って玄関戸の左側のものを押してください。

チャイム

レッスン再開ギリギリのタイミングになりましたが
昨日、玄関の手洗いカウンターが完成しました。

手洗いカウンター

玄関入ってすぐ右手にありますので、
レッスン室に入る前に手洗いをお願いします。

ここでひとつ、心苦しいのですがお願いが……。
今回玄関に手洗いカウンターを作ったのは
洗面所など、1階のレッスン室以外の部分が
両親専用の居住域になっていて
お客様に入っていただくことができないからです。

申し訳ありませんが、お手洗いは、
できるだけ教室へいらっしゃる前に
済ませて来てくださいますようお願い致します
でも、必要な場合は2階へお通ししますので
我慢はしないでくださいね

PageTop

新しいレッスン様式?

コロナのことがなければ、
みんなで集まって
練習会をする予定だったリハーサル室で
一昨日、約2か月ぶりにレッスンをしました

フィリアホールは厳戒態勢。
受付に近づくだけで、サッとスタッフが出て来て
名前や連絡先、時間の記録をとる徹底ぶり。

そして、リハーサル室内も
すべての窓が開けられバッチリ換気され
ピアノを弾いている間も、入口の扉はそのまま
オープンにしておくように言われました。

それができたのは
一昨日の利用状況がこんなだったから。
  ↓
表

午後、利用していたのはうちの教室だけでした

おかげで、閑散としていて
スタッフ以外とは誰とも顔を合わすことなくひとまず安心

鍵盤クリーナーと手指消毒用アルコールを持参して
手の触れるところを拭きまくり
お互いマスク着用で
椅子もこ~~んなに離して
いざ、レッスンスタート
  
6月3日リハーサル室

しかし……レッスンに集中してしまい
気がつけば、いつの間にか
生徒さんの横にびったりとくっついて立っている自分

「あっ、いけない!もうちょっと離れよう
と気をつけていても、
「ここは、こんなタッチで……」とか
「正しくは、こういうリズムで……」とか説明していると
どうしても近くなってしまうのです

それに、「生徒さんの体に触っちゃダメ!」と
あれほど自分に言い聞かせていたのに
「ここの力を抜いて~」と、うっかり
腕をタッチしてしまい、ビクッ

だんだん
「私が楽譜をめくってあげるのも
まずいんじゃないのか?」とか
「コメントを楽譜に書き込むときに
楽譜を触らないようにしなきゃ。」とか
「横でお手本を弾くのも止めるべきか?」とか
も~~、何をどこまで気をつければいいのか
わけがわからなくなってきました

「新しいレッスン様式」に慣れるまでには
しばらくかかりそうです。

PageTop

レッスンの必需品!?

コロナ対策で、先週から
レッスン前の手洗いとマスク着用をお願いしていますが
皆さん、快くご協力くださりありがたいです

ウィルス感染の拡大がおさまるまで
しばらく続けて頂くことになると思いますので
引き続きご協力どうぞよろしくお願いします

しかし……マスクというのは
やはりわずらわしいものですね
なんとなく息苦しいし、話しているとずれてくるし
何より一番困るのは、メガネが曇ってしまうことでした。

今や、私はメガネなしでは楽譜が読めないので
曇ってしまうとレッスンに支障がでる深刻な問題です!

メガネのくもり止めというのがあるのは知ってはいたものの
「どうせ大して効き目ないだろう。」と使ったことはありませんでしたが
少しでも役に立つならば、と
新しくメガネを作ったついでに、お店の人に聞いてみました。

すると「塗り方で効果に差がでる。」とのことで
お手本を見せてくれて
実際にその場で効き目を試させてくれました。

期待していなかっただけに
その効果に、びっくり&感動
本当にスッキリと曇りません!!

「塗り方」といってもべつに難しいわけではありませんが
やはり塗布する適量や塗り加減を手際よく見せてくれるのと
説明書を自分で読んでやるのとでは違います。
そして、説明書には書いてありませんでしたが
効果を十分に得るには、まず最初に
メガネをきれいにしておくことが大切だとおしえてくれました。

このくもり止めは、先週レッスンの時にメガネがくもって
困った生徒さん達にも使って頂いたら大好評で
帰りに買ったというかたも

思いもしなかったものが、しばらくの間
レッスンの必需品になりそうです。

メガネのくもり止め

それにしても、一日も早く
マスクをしたり、このようなものを使わないで
レッスンできる日がくるといいですね。

PageTop

レッスン時のコロナ予防対策

ついこの間まで、「他人事」と思っていたコロナウィルスが
ここ数日で一気に身近に迫った危機となり
ついに、日常生活にいろいろと影響が出てきてしまいました。

2~3日前より、「予定どおりレッスンありますか?」と
いった問い合わせや
「コロナがおさまるまで、しばらくレッスンお休みします。」
といった連絡を頂くようになりました。

今のところ、レッスンは
私の身近に感染者が出ない限り
できるだけの予防をしながら
通常どおり続ける予定です。

先週は、レッスンが一人終わるごとに鍵盤を拭き
時間に余裕があるときは窓を開けて換気をしました。
私はマスクをしたままレッスンさせて頂いています。

そして、明日からは
更に皆さんに安心して教室にいらして頂けるように
皆さまにも、レッスン前の手洗いと
さしつかえなければ、レッスン中のマスクの着用を
お願いしようと思っています。
(マスクは、お持ちでなければつけなくても結構です。)

手からの感染が大きな原因のひとつということで
ピアノは残念ながら感染経路になり得ますので
この事態がおさまるまで、しばらくの間
ご協力どうぞよろしくお願い致します


手洗い方法

(出典:首相官邸ホームページ)

PageTop