気まぐれダイアリー

平成最後のレッスン

平成も今日でおしまいですね。
長~~~いGW、皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?

私は特別楽しいプランがあるわけでもなく
来月のコンサートの準備や
日ごろ手抜きしまくっている家の掃除をしているうちに
あっという間に終わってしまいそうです。

今日は休み返上で、通常どおりレッスンをしました。
そして平成最後のレッスンは、独学でピアノを弾いているので
アドバイスが欲しいといらしたワンタイムレッスンのかたでした。

プーランクのノヴェレッテ1番と
ドビュッシーの「ヒースの茂る荒地」と「夢」
どれも響きの美しい穏やかな雰囲気の曲です

独学でよくここまで弾けるようにされたと感心する演奏でしたが
ペダルの踏み方や音色の変化のつけかたなど
フランス音楽特有の演奏テクニックをアドバイスさせていただきました。

ワンタイムレッスン(1回完結のレッスン)は、
すぐに結果がでやすいアドバイスから優先的にするようにしています。
そして、ひとつでも多く
役に立つコメントをさしあげたいと思うのですが
欲張ってこまかく言いすぎても
「私って、そんなにダメなの?」と誤解されてしまうので
アドバイスの匙加減が難しいのです

でも、初対面のかたとたった一回の短いレッスンの後で
演奏が変わった、新しい発見があったと喜んで頂けると嬉しいものです

つい先日は、来月11日にご自身の結婚披露宴で連弾を披露するという
若いカップルが、
「日にちが近づいてきて不安になったから聞いて欲しい。」と
いらっしゃいました。
曲は、いきものがかりの「ありがとう」。
披露宴にいらして下さったかたに感謝の気持ちを込めた選曲とのこと。

一生の思い出になる大切な演奏のお手伝いということで
私もいつものレッスンとは違う責任の重さをズッシリと感じました。

二人ともピアノのブランクが長く、しかも
新郎は初級レベルで連弾初チャレンジということ。
相当緊張されたようで、最初の一回は
「これが本番でなくてよかった~~~」と
思わず言ってしまうような演奏に

その日一回だけのレッスンだったので
それから1時間半以上、ポイントを絞ってみっちり特訓したら
最後は、盛り上がるサビもしっかり決められるようになり
最初とは比べものにならないほどの出来となりました。

結婚式当日は、たとえ多少ミスをしたとしても
一生懸命に二人で息を合わせ弾く姿から
感謝の気持ちは十分お客さまに伝わると思うので
思い切り演奏を楽しんでもらえたらなと思います。
その日は私も二人のことを考えて
ドキドキして一日過ごしてしまいそうです

一期一会……
このように、教室を通してさまざまな出会いがあります。

平成を振り返って、何が真っ先に頭に思い浮かぶかと聞かれたら
私個人としては、やはり
「あおば♪ピアノの部屋」を始めたことが何よりも大きな出来事でした。
教室にいらしてくださった数多くの皆さまのお顔が思い出されます。
そして、教室はこれからも私の大切なライフワークとして
生活の中心であり続けることは間違いありません。

長年教室に通い続けてくださっているメンバーも多く
令和の時代も引き続き皆さんと
ピアノを楽しんでいきたいなと思います。

記念すべき平成最後のレッスン曲は「夢」でしたが
令和最初のレッスンは……
さて、何の曲になるのでしょう

PageTop

平成最後と令和最初に弾く曲

新しい元号が決まりましたね
皆さまは、発表をリアルタイムで
ご覧になっていたでしょうか?

私はレッスン中で、生徒さんが気を遣って
「こんな時にレッスンですみません
もしよかったら中断して
テレビを見て下さっても構いません。」と
おっしゃって下さいましたが
レッスンが終わってから
二人で一緒に見ることにしました。

私は、昭和から平成に変わった時は
日本にいなかったので
新元号発表は初体験です!

レッスンが終わって、いよいよ二人で
わくわく、ドキドキ、スマホをチェック

令和

「へぇ~」「ほぉ~」と言ったあと……二人ともしばし無言。

「なんか意外!」
「昭和と似てる!また”和”が使われると思っていなかった。」
「ゆる~い感じ」
「女性的なイメージ」
「もう少しキリッとするほうが良かったのでは?」などなど、
第一印象は、二人とも”いまいち”というリアクションでした。

でも、発表から約一週間
何度も「れいわ」「れいわ」と聞いているうちに
すっかり違和感がなくなり
馴染んでくるから不思議です。

「令和」以外の5候補も公になったので見てみると
やはり私も「令和」を選んだのではないかと思いました。

さて、平成から令和へ変わるまで
残すところ約3週間。

「平成のうちに、今の曲を終わらせて
令和から新しい曲を弾きたい!」と
いつも以上に練習に励んでいたり
「平成最後」と「令和最初」は記念になるので
弾ける曲のなかから何を弾こうか悩んでいる
というメンバーのお話しをうかがったりして
元号の変わり目が、時代の区切りなのだと
改めてその意味の重さについて考えさせられたのでした。

平成の一番最後に、そして 令和の一番最初に
皆さんは何の曲を弾きたいですか

PageTop

また怖い季節が

あっという間に1月も半ばですね。

お正月明けのレッスンは、
当然ながら皆さん、あまり練習できていないので
ゆっくりと両手、または片手ずつ弾いて指をほぐしながら
徐々にいつもの調子を取り戻してくるという感じです。

レッスン室に入ると、皆さん必ず
「すみません、全然練習できていないんです 」と
謝るところから始まるのですが
実は私も年末年始の休み中、一回もピアノに触らなかったので
レッスンにいらっしゃるだけ皆さん偉いです!
練習してなくても謝らず、
そして申し訳ないなどと心配せずいらしてください。
今年も、皆さんと一緒にいろいろな曲に取り組むのを
楽しみにしています。

さて、去年は新年明け早々インフルエンザで
レッスンをお休みしてしまったので
今年はいつも以上に予防に気を使っています。
インフルエンザは、噂どおり
風邪とは比べものにならないほどつらかったです

本格的な流行シーズンに入り
テレビでも頻繁にインフルエンザ予防対策を伝えているので
参考になりありがたいです。
私もできる限りのことはやってみようと思っています。

教室を介して、皆さんにうつしてしまっては申し訳ないので
とりあえず、部屋の空気を定期的に換気したり、加湿したり
鍵盤をこまめに拭いたりと、できることは全部やっていますが
念のため、皆さんもレッスン後は早めに手を洗ってくださいね。
気になるかたは、こちらも用意してありますので
遠慮なくお使いください。

スプレー

私はあまり喉が強くないので
朝からレッスンが続くと、冬は特に乾燥して
声がだんだん出なくなっていきます。
仕方なく、マナーとして良くないのはわかっているのですが
時々、レッスン中に飴をなめたり水を飲んだり
マスクしたままということもあると思いますが
どうぞお許しくださいませ~

皆さんも、もちろん
レッスン中の飴なめ 、水飲み  です!
遠慮なくどうぞ。

これからしばらく、インフルエンザや風邪がこわい時期が続きますが
お互いがんばって乗り越えましょう

PageTop

新しい録音機

11月17日のジョイフルコンサートまで2ヶ月を切り
最後まで通して仕上がりのテンポで弾ける方も増えてきたので
そろそろ録音を始めようと思います。

しかし先日、じっくりレコーダー(録音機)を見てみると
もうかれこれ10年近く使っているので
外装はかなりボロボロ

録音はできるのだけれど、きっと今のレコーダーは
技術が進歩してもっと良い音で録れるに違いない!と思い
いろいろ調べて、とりあえず評判の良かった
新しいレコーダーを買ってみました。

recoder.jpg

正直なところ、前のレコーダーと比べて
どれだけ良い音質で録れるのか
まだ設定をあれこれ試行錯誤している最中なので
わかりませんが、とりあえず10月からは
新しいレコーダーで皆さんの演奏を録音したいと思います。

が、ここで問題が……
今まで、録音したデータをダウンロードするかたちで
受け取っていらしたかたは問題ないのですが
SDカードを持って来て下さり直接録音していた皆さん、ごめんなさい!
今度のレコーダーはmicroSDカードへの録音なのです。

microSDとは指先ほど小さいものですが
SDと同じ大きさのアダプターに差し込めば
今までと同じようにパソコンに取り込み聞くことができます。

microSDカード

microSDはアダプターとセットで売っているものも多く
16Gぐらいまでなら1000円しないで買えると思いますが
改めてわざわざ買うのが面倒であれば
データをお送りするようにしてもいいですし
今までと同じ古いレコーダーで録るのでよろしければ
引き続きSDカードに直接録音します。

また、もしmicroSDを買いたいけれど
どういうのを買っていいのかわからないという場合は
私のほうで買って用意しておくこともできますので
遠慮なくお知らせください。

ご自身でご購入の場合は、
2GBまでのmicroSDカードか
4~32GBのmicroSDHCカードをお求めください。
4GBあれば6時間分ほど録れます。

尚、カードはレコーダー用に初期化しますので
既に何か保存されているカードですとすべて削除されてしまいます。
なるべく何も入っていないカードをお持ちください。

ご面倒をおかけしてすみません

録音といえば……(毎回同じことを書いていますが)
「録音されていると思うと緊張する。」と敬遠される方が多いのですが
客観的に聞いてみることで完成度がグッと上がりますので
自分の演奏を聞くことに慣れるよう努力してみてくださいね

ところで、ジョイフルPlusコンサートが
いよいよ来週末に開かれます!

先日、ホールでの通しリハーサルも無事終わり……と書くと
「全然"無事"じゃない!」とか「あまり宣伝しないで!」とか
クレームが来そうですが
メンバー6名、真剣にコツコツと難しい曲に取り組んできました。

本番は、演奏者にとっては
「暗譜を忘れたらどうしよう。」
「ぐちゃぐちゃに間違ったらどうしよう。」というような
ミスの心配で頭がいっぱいになってしまいそうですが
聞きにいらした皆さんには、
演奏の小さなミスよりも
大きなチャレンジに挑んだメンバーの姿が
強く印象に残ることと思います。

コンサートは29日土曜日、14時00分開演です。
是非、聞きにいらして大きな拍手を送ってさしあげて下さい

ジョイフルPlusプログラム

PageTop

「猫ふんじゃった」のレッスン

今日、なんと「猫ふんじゃった」のレッスンをしました!

と言っても、子供の時に弾いたあのバージョンとは違います!
2年ほど前にネットでかなり評判になったらしいのですが、
私は今日はじめて聞きました。

クロネコヤマトのヤマト運輸が、
宅急便40周年を記念して作った動画で使われているバージョンで
タイトルは「Black Cat Ballad」

レッスンで生徒さんの演奏を聞いたときにも
素敵にアレンジされているなぁと感心しましたが
あとで動画を見て、感心どころか感動してしまい
気がついたら涙が……

動画に出てくる黒い猫ちゃんが、
なぜか、亡くなった愛犬クッキー(黒でした)と重なって見えたからと
映像から漂う穏やかでノスタルジックな雰囲気に
ふっと心が癒されたからだと思います。

それにしても、「猫ふんじゃった」で泣けるなんて
この暑さで、メンタル疲れてしまっているのかしらと、
ちょっと不安

まだ見たことがないかたは是非~!
すごくかわいらしいです
※YouTubeに動画がアップされていたのですが
残念ながら削除されてしまいました。


「Black cat Ballad」

レッスンでは、前半のゆったりした部分のテンポを
少し揺らしたり、やわらかくメロディーを歌ってもらったり
和音のバランスを整えたりと
注意することはクラシック曲と変わりませんが
なにせ曲が「猫ふんじゃった」なので
真面目にやっているのにふざけているみたいでおかしかったです

「猫ふんじゃった」は、この他にもアレンジされた楽譜が
いくつか出版されています。

一番新しいのは、全音ピースがだしている
轟千尋さんの「<猫ふんじゃった>即興曲」です。
発表会でウケそうです。
          ↓


ねこふんじゃった変奏曲」(南 養二郎 作曲)というのもあります。

実はこの変奏曲は以前レッスンしたことがあるのですが
結構難しいです。
11変奏曲まであり、フーガにアレンジされた「猫ふんじゃった」も
登場するとても楽しい曲です。

遊び心満載の「猫ふんじゃった」シリーズ、
ご興味のあるかたは是非トライしてみてください

PageTop