気まぐれダイアリー

ピアノもコロナ禍

年末あたりから、レッスン室のピアノの音程や音質が
顕著に乱れてきて
緊急事態宣言下なので迷いましたが
我慢できず調律をお願いしました。

ところが、調律後わずか数日で
また気持ちの悪い音程に……

もちろん、「ド」が「レ」に聞こえるとか
そのようなズレではないのですが
あきらかに響きが揃っていないのです。

でも最近、体のあちこちに老いを感じているので
もしかするとこれは私の耳の老化のせいかも?
と自信がもてず、ひたすら我慢
しかし、いよいよ耐え難くなり
仕方なく、再度調律師さんに来て頂くことにしました。

「そんなにすぐ狂うはずないんだけれどね~。
でも、演奏者の感じ方はそれぞれだから
その人が納得する響きに調整するのが僕の仕事。
調整するから横に居て聞いていてください。」と、調律師さん。

調律師

べつに怒っているわけではないのだけれど、
調律してすぐに「狂っている」と呼び戻されれば
あまり気分はよくないでしょう。

ところが、ピアノを鳴らし始めると
「あれ、ずいぶん下がっちゃってる。
確かに狂ってますね。」と
ちょっとびっくりした様子。

自分の耳の老化のせいではなかったと
私はホッとして思わず喜んでしまいましたが
問題は、なぜ調律直後にもかかわらず
そこまで音程が下がってしまったか、です!

コロナ感染予防対策として
レッスン室の換気清空機(ロスナイ)を
24時間、モードで稼働させ
なおかつ、レッスン毎にドアを全開にして
出来る限り換気に努めていますが
それによって、ピアノが常に乾燥した外気に
さらされている状態になり
悲鳴をあげているとのこと。

防音室でふつうの部屋より気密性が高いので
神経質になって換気に努めたことが
ピアノにとっては過酷な環境を作ってしまっていたのでした。

かわいそうなピアノ
このようなかたちで、
コロナの影響を受けるとは思ってもいませんでした。

ピアノにベストな湿度は55%ですが、
レッスン室内は、加湿器2台つけても45%程度、
人の出入りでドアを開けると、
あっという間に下がって
30%を切ってしまうこともしばしば……

解決策としては、
外気が乾燥している冬の間は
換気の頻度を少なくすることですが
コロナ感染予防のことを考えれば
それは絶対に譲れないところ。

仕方ないので、とりあえずレッスンをしている時以外は
換気清空機を強ではなく弱モードで稼働させることにして
加湿器を24時間つけて
少しでもピアノに良い環境に近づけてあげることにしましたが
いずれにしてもベスト湿度の55%には至らず
再調整してもらったピアノは
相変わらず響きが安定していません。

カラカラの外気が緩和されるまで
いくら調律師さんに調整してもらっても狂うので
あきらめるしかありません。

弾いていて、気持ちが悪いと感じるかたも
いらっしゃると思いますが
しばらくの間ご容赦ください

PageTop

オンラインレッスン初体験

今ごろになって……なのですが
先日、はじめてオンラインレッスンに
チャレンジしてみました!

他県から2時間以上かけて通っていらしていたメンバーで、
去年はコロナの関係で一度もレッスンに来られず
この先も当分無理そうということで
リクエストをいただきました。

オンラインレッスンについては、
活用している友人から
なかなかスムーズに進まない、
難しいという体験談を聞いていたので
密かにリクエストが来ないことを祈っていましたが
ここまでコロナ禍が長引くと
こういったオプションも、
それなりに使いこなせるようにしておいた方が
良いに越したことはありません。

下の写真のように
ピアノの横にタブレットをセッティングし
演奏を聞かせていただいたあとで
必要に応じて私の手元を見ていただきながら
アドバイスをするという感じですすめていきました。

オンラインレッスン

幸い、お相手の生徒さんは
ご自身でも教室を開いていて
オンラインレッスンの経験者だったので
途中3~4回、画像がかたまったり
突然切れてしまい、
接続をやり直さなければなりませんでしたが
そのようなトラブルには慣れていて
すぐに対応して下さり
思っていたよりスムーズにレッスンすることができました

ただやはり、タブレットから聞こえてくる音では
こまかいニュアンスはわからないので
教室でのレッスンと進め方は少し違い
私のほうから気がついたことをコメントするというより
「どうしたらここは速く弾けるようになるのか?」
「ここに表情をつけるには、どうしたらいいのか?」
「この箇所が弾きにくいので
練習方法を教えて欲しい」……など
練習中に生じた生徒さんの質問や悩みに
こたえることがメインのレッスンになりました。

それでも、一人で練習していたときの
もやもやが解消されたと
とても喜んで下さり
私のなかでのオンラインレッスンへのハードルが
だいぶ低くなりました

今回はiPad同士でFaceTimeを使いました。
回線状況やデバイスの相性などによって
こんなにスムーズにいかないこともあるでしょうが
今後、万が一またコロナの状況が悪化して
レッスン休止に追い込まれるようなことになっても
とりあえずオンラインで
皆さんの練習をサポートするぐらいのことはできそう、
と思えた、貴重な初体験でした

PageTop

マウスシールド初体験

レッスンをしていると、
気をつけてはいるのですが
どうしてもだんだん声が大きくなり
強弱の変化を煽ったり
メロディーラインを歌ったり
楽譜をのぞきこむために
皆さんに近づいたりしてしまうので
お互いマスクをしていても
不安に感じるかたもいらっしゃるのではと思います。

逆の立場だったら、
たぶん私は心配になります。

そこで、念には念を入れて
マスク+マウスシールドを着用して
飛沫防止を徹底することにしました。

趣味を楽しむ雰囲気とはほど遠い
物々しい感じにはなってしまいますが
「緊急事態」なので仕方ありません

先日アップしたダイアリーにも
その旨を記しましたが
なんと、数日前に注文したマウスシールドが届かない

今日は、午後からレッスンだったのですが
お昼まで待っても届かなかったので
あわてて『手作りマウスシールド』でネット検索を!

あまり役に立つ情報は見つかりませんでしたが
いくつかヒントを得て
クリアファイルを切ったり折ったり貼ったりして
即席マウスシールドを完成させました!

マウスシールド

ちょっと仰々しくて恥ずかしかったですが、
急いで作ったわりには
我ながら、上出来

自分の声がシールドで跳ね返され
ダイレクトに耳に入ってくるので
慣れるまでは心地悪かったですが
「飛沫をとばしていない」という安心感はバッチリでした

ハサミ片手に、鏡の前で必死に工作している自分に
思わず笑ってしまい
ちょっとしたストレス発散になったのもよかったかもです

次のレッスン日までには
ここまで大げさなデザインではない
マウスシールドが届いていると思うので
安心していらしてください

PageTop

今後のレッスンについて

先週 木・金曜日と予定どおり
年明けはじめてのレッスンをしました。

ですが、同居されているご家族の勤務先や
お正月に会ったご親戚の近くで感染者がでたということで
万が一を考えて、お休みされたかたも数名いらして
コロナ感染は確実に広がって
身近に迫ってきているなと感じます

でも、ご自身が感染している確率は低いと思われても
念のためレッスンをお休みしてくださったり
レッスンにいらっしゃるメンバーも
氷水のように冷たいのに
我慢して玄関で手を洗ってくださったりと
皆さん、とても慎重に行動してくださるので
私としてはレッスンを続けていても
さほど不安は感じません。

毎日のように感染者数が更新され恐怖ではありますが、
お互いがしっかり対策をすれば
レッスン室内での感染はないのではと思うので
とりあえずしばらく様子をみながら
レッスンは続けようと思います。

ただし、状況次第で
突然、休止するかもしれませんし
もちろん、皆さんのほうからお休みを申し出て下さっても
まったく問題ありません。
実際、既に数名のメンバーは
今月はお休みされることにしました。

ピアノレッスンに来ることは、
間違いなく「不要不急の外出」ではあるので
ご自身の判断でご無理なくお願いします。

レッスンを続けるにあたっては
再度のお願いでくどくて申し訳ありませんが、
以下を徹底したいと思いますので
ご協力どうぞよろしくお願い致します

■教室側の対策■
換気扇を「強」モードで24時間稼働
レッスン毎にレッスン室の扉全開して換気
レッスン毎に、鍵盤とその周辺を除菌剤で拭く
出来るだけ距離を保ってレッスンする
レッスン毎に手指消毒
マスク+マウスシールド着用
私または同居家族が体調不良の場合はレッスンお休み致します。

■皆さまへお願い■
少しでも体調が思わしくない場合は、念のためお休みして下さい。
ご自身が元気でも、同居されているご家族が体調不良の場合は
念のためお休みして下さい。
会話をしても、なるべくずれてこないマスクを着用して下さい。
鼻までしっかりカバーしてマスクを着用して下さい。
(レッスン室内では鼻出し、顎かけマスクはNGとさせて下さい)
なるべくマスクの表面は触らないようお願いします。
玄関で手指の消毒をしてください。

今の時期、氷水のような冷たさなので
石鹸を使ってしっかり手洗いをするのは耐え難いです!
石鹸をつけず軽く指先を流す+アルコール消毒】で結構です。

レッスンを続ける……と言っても
実は今週はほとんどレッスンの予定がありません
たまたまなのですが、
緊急事態宣言がでたばかりなので
ちょうどよかったかもしれません。
その分、来週は結構予定が詰まっているので
感染者数や重症者数の数が増え続けた場合には
レッスン休止にするかもしれません。

今週中に、少しでも感染者数が減る兆しが
みえてくればいいですね。
皆さん、どうぞくれぐれも気をつけてお過ごしください

PageTop

緊急事態宣言下のレッスン

今年もコロナに翻弄される一年になりそうな嫌な予感
明日、再び緊急事態宣言が発令されそうですね。

さて、レッスンをどうすべきか……悩みます
緊急事態がでている間、完全にストップしてしまうべきなのか?

今までどおり、
頻繁に部屋の換気をして
レッスン毎に鍵盤を拭き
皆さまには、手をしっかり消毒していただき
マスクを正しく着用していただけば
レッスンでの感染はないと思っていますが
「外出自粛」と言われてしまうと
道義的に、レッスンを通常どおりしていていいものなのか
迷うところです。

そろそろ本格的にリモートレッスンすることも
検討したほうがいいのかもしれませんが、
そもそも、皆さんはオンラインでのレッスンを希望するでしょうか

5月にはフィリアホールでのコンサートも予定していますし
何より、モチベーションを下げず
ピアノを楽しんで頂くために
レッスンを完全にストップするのは避けたいところです。
でも、やっぱりやめるべきなのかしら~~~……と、
考えがエンドレスに堂々巡りしています

とりあえず、明日・明後日は
皆さんには、しっかり手指の消毒と
ぴったり鼻までマスクでカバーをお願いして
通常どおりレッスンすることにしました。

ただし、このような状況なので
お休みするほうがよろしいようでしたら
遠慮なくそのようにしてください。

今後につきましては、
緊急事態宣言の内容と感染者数の状況をみながら
検討したいと思います。

とにかく一日も早く終息することを祈るばかりです~~

PageTop