気まぐれダイアリー

天国へ~

        クッキー2013

春から、突然のレッスンキャンセルや変更で
皆さまにご迷惑をおかけしてきましたが
我が家の姫クッキーが
7月26日金曜日の午前1時半に天国へ旅立ちました

木曜日も私と一緒にレッスンに出かけ
玄関で皆さんをお出迎え、お昼のお弁当も喜んで食べて
窓から風景を眺めながら帰りのドライブを楽しみ
ちょっと少な目の夕飯を食べ・・・
そんないつもと変わらぬ時間を過ごしていたのですが
夜中近くに様子がおかしくなり
3時間もしないであっという間に逝ってしまいました。

でも、そんなふうに最期の一日を過ごすことが出来て
クッキーは本当に幸せだったと思います。

ドライブを楽しむクッキー 

高齢だし、5月に大きな手術を受けた後は弱っていたので
あまり長くは元気でいられないだろうと覚悟はしていたものの
やはり、甘ったれっ子の姿が見えないと寂しくて仕方ありませんが
これでもうクッキーは、痛いことも苦しむこともないのだと思うと
少し心が穏やかになりました。
お疲れさまでした、ゆっくり休んでねという気持ちでいっぱいです。

ここ2ヶ月は、玄関で寝ていることも多かったので
皆さんに声をかけてもらったり撫でてもらったり~
かわいがっていただきました

ご迷惑もおかけしましたが、今まで本当にどうもありがとうございました!

犬のライン

ここでクッキーのことをお知らせしてしまうと、
皆さんがレッスンに来づらくなってしまうと思い迷いましたが
昨日、一昨日もレッスンにいらしたかたが何人も
「クッキーちゃんはいかがですか?」と聞いてくださり
嘘をつくのもいやなので亡くなったことを話すと
皆さん、一様にショックを受け 私にかける言葉に困り
かえって気を遣わせてしまうことになったので
こちらでご報告させていただくことにしました。

ふとした瞬間に、たまらなく悲しくなりますが
レッスン・モードに入っている時は
自分でも不思議なぐらい気持ちを切り替えられているので
どうぞ皆さん、心配しないでいつもどおりにレッスンにいらしてくださいね


クッキーの写真
    クッキー(13才) おつかれさまでした♪


PageTop

2013年も半分が過ぎ~

早いもので、2013年もあっという間に半分が過ぎてしまいました
「どうして年々、時間の経つのが早くなっていくような気がするんでしょうね~・・・」と
レッスン室でよく皆さんとボヤきます。

「年をとっていくと、"待つ"ということに慣れるから。」
「子供より心拍数が少ないから。」
「初めて体験することがどんどん少なくなり、同じことの繰り返しが多くなってくるから。」~など、
今までにいろいろな説をうかがいました。

どれも「なるほど」と大きく頷いてしまいましたが、
今年の残り半分、初めて体験することを増やすように心がけ
できるだけゆっくりと時の経つのを感じたいものです。

            砂時計

さて、先週はまたまたクッキー のことで
ご迷惑をおかけしてしまいましたすみません!

順調に回復に向かっていたのですっかり安心していたのですが
水曜日の真夜中に突然呼吸が荒くなり始め
そのまま一気に命が危ない状態に・・・。

動かない、食べない、飲まない、おしっこしない。
極度の貧血に黄疸まで出始め、体が冷たくなっていきました

内臓のどこかが突発的に破損して出血しているのだろうと言われましたが
なにせ動かせないので検査もできず、原因がわかりません。
往診に来てもらい、注射を一本打ってもらっただけで
あとはクッキーの生命力に賭け、ただジッと待つのみ。

そのようなわけで、木曜と金曜のレッスンは
突然キャンセルさせていただくことになってしまいました。

自宅で苦しそうに横たわっているクッキーを見守っていましたが
ジッと見ていたからと言って治るわけではないし、
かと言って、ピアノを弾いていたら急変に気がつかないかも。
落ちついて読書したりテレビを観る気分にもなれないし~
いったい何をしていればいいのやら??

動いていた方が気が紛れるかな・・・とりあえず掃除を始める。

先日 夫が「レジで前に並んでいたお客さんが買っているのを見たら
試してみたくなった」と買ってきた『激落ち』なるスポンジ。

          激落ち

以前からお店で目にして知ってはいましたが
「どうせただのスポンジでしょ。大げさな商品名ね!」と思っていたもの。

「そんなの、本当に激落ちなんてするわけないじゃない!」という
私の冷たいリアクションに放ったらかしてそのまま使わずじまいに。

しかし、試してビックリ !!これは本当に激落ちです!

水を含ませこするだけで、炊飯器や冷蔵庫
電子レンジやキャビネットの扉があっという間にピカピカに
リモコンや洗面所のビニール床、今までどんなクリーナーで拭いても落ちず
あきらめていた汚れも次々と いとも簡単に落ちていきます。

面白くなってあれもこれも・・と磨きまくりキレイになったのは良かったのですが
気がついたら腱鞘炎のように肩と腕が痛くなっていました

使い捨てで、気合を入れて掃除すると
ドデカサイズでも結構すぐなくなってしまうので
あまり経済的ではないかもしれませんが
まだ使ったことがないかたは、半年後の大掃除には是非是非お試しを

               掃除機

私が「激落ち」掃除をして気を紛らわしていたこの4日間で
クッキーは本当によく頑張ってくれて、ほぼ心配のない状態にまで回復しました
大事をとって今日もう一日お休みをいただくことにしましたが
明日から予定どおりレッスン再開いたします。

今後、このように
たびたび当日キャンセルでご迷惑をおかけするのも心苦しいので
いっそのこと、一旦レッスンを完全に休止しようかとも考えましたが
なんだかそれもクッキーがいなくなるのを待っているようで気が進みません。

私も、皆さんとお目にかかり一緒にピアノに向かうことで
エネルギーをいただき助けられているので
いよいよ絶望的に動きがとれなくなるまでは
このままもうしばらく様子をみていきたいと思います。

なるべく皆さんにご迷惑おかけしないですむように、
クッキー頑張ってーーー

    ごめんなさい

PageTop

何よりも「健康」が一番の財産!!

梅雨入りが発表されると、たいていすぐに
気持ちの良い晴天の日が続きます…皮肉なものです
まだ5月だというのに、ぐんぐんと気温が上がり
7月並みの暑い一日となりました。

今日は朝早くからクッキー の術後検診へ行ってきました。

看板

ここは、街の獣医さんではできないような検査(CTスキャンやMRIなど)をしたり
重篤な病気で高度な治療を必要とする患者(犬か猫に限る)を
受け入れる施設で
獣医さんから直接申込みがなければ診てくれません。

ワンちゃんやネコちゃんを飼っている生徒さんは多くいらっしゃいますが
できるだけ行く機会がないことを祈るべきところですね。

なんだかおそろしい響きのする施設ですが、
中は動物臭さがまったくなく、人間の病院以上に清潔感が漂い
完全予約制なので待合室がゴサゴサと混み合っていることもなく
静かでゆったり落ち着いたところです(ちょっとホテルのような…)。

センター 受付と奥が診察室。名前を呼ばれるとクッキーは一目散に出口へダッシュ!

4階にあるラウンジ 兼 面会室。
長時間居る場合もあるので、電子レンジや軽食の自販機なども置いてあります。


面会室1 面会室2

クッキーがここで初めて診察を受けたのがゴールデンウィーク の初日で
手術が5月2日、退院したのが6日だったので
今年のゴールデンウィークは連日ここに通っていたことになります
(ここは年中無休です)

「面会」と言っても、人間のようにお話しするわけでもなく
むやみに食べ物をやるわけにもいかないし、
帰る時に、一緒に帰りたがってかわいそうな思いをさせるのは目に見えていたので
退院まで会わないほうがいいのではと先生にたずねると
「飼い主さんの力は薬より大きい。何より励みになるから来てあげてください」とのこと。

その言葉を実証したのが、12時間もの手術を受けた翌日。
ICUに入れられグッタリしているクッキーが、私達を見ると
一生懸命立ち上がろうともがき始め
先生が扉を開けてやると、ふらふら倒れそうになりながら私のほうに歩いてきて
そればかりか、カップ半分ほどのご飯をポリポリ食べて
先生もビックリ

こんな変わった体験もしました

お見舞い

これがクッキーの病室で、ゆったり2畳分ぐらいの広さがあり
格子の中に入って面会します。
初めて入って、ガチャンと閉められた時はなんとも複雑な気持ちでしたが
(絶対に罪を犯すのはやめようと思った・・・)
撫でていてあげると安心するらしく
周りに申し訳ないほど、大いびきをかいて眠るので
気がついたら2時間も格子の中で過ごしていました。

このように特殊な施設なので、
行くたびに、診察室から泣いて出てくる人や(私もそうでしたが
駐車場で白い箱を渡されて帰る家族を目にし
改めて心の底から健康ということが
いかにありがたいものなのか~
そして、ともすれば退屈に思える平凡な毎日は
実はとても貴重なことなのだということを感じたのでした

つまらないことでグチグチと文句を言ったり
腹を立てたりしないで
感謝の気持ちを忘れず、謙虚に、穏やかに という心がけで
毎日過ごせればなぁと思います

わんこ


皆さまからご心配頂いているクッキーですが、
おかげさまで順調に回復しています

ただ、手術の際に、肝臓と肺にも腫瘍ができていたことがわかり
それはもうそのままにしてあります。
今後、悪さをしないことを祈るばかりですが
もしかすると突然なにかが起こるかもしれません
なるべくご迷惑をおかけしないように・・・とは思っていますが
緊急の際には何卒ご理解くださいますよう
どうぞよろしくお願い致します

PageTop

ご心配おかけしました

ここでクッキーを紹介してから
たくさんの生徒さんから、手術の成功を祈るメールや
気持ちが沈みがちな私へ励ましのお言葉を頂戴しました

どうもありがとうございました!

おかげさまで、今日無事に手術を終え帰ってきました。
なにせ腫瘍が私の拳ほどの大きさだったので、
傷口は大きく結構グロテスクですし
黒いワンコなので、お腹の切った周辺グルリと広く毛ぞりされている部分が
白く目だって、まるでタヌキ のようになってしまいましたが
いつ破裂するかわからない恐怖心から解放され、とにかくホッとしています。

今日は一日、絶水絶食のクッキー。
一日水4ℓ飲む大水飲み で、"超"がつくほど食いしん坊のクッキーにとっては
飲み食いを我慢するほうが、手術よりずっとつらそう。
今もヒ~ヒ~鳴きながら水と食べ物探してずーーーっと、うろうろうろうろうろ・・・・
今晩はクッキーも私も眠れそうにありません

しかし、この調子で順調に回復していけば、来週月曜日から
キャンキャンうるさいクッキー復活です
生徒の皆さまには、またご迷惑おかけしますが
どうぞお許しくださいませ 

PageTop

我が姫 クッキー

クッキー

最近、レッスンを終え玄関で生徒さんとお話しをしていると
キャンキャンうるさく鳴きはじめることが多くなった我が家の姫
クッキー(フラットコーテッド・レトリバー 11才 女の子)

特に、ランチ直前や夕飯前の空腹時はキャンキャン必死に鳴くので
お互いの声も聞こえなくなるほどうるさく
生徒の皆さんにはご迷惑をおかけしています。ごめんなさい

黒くて大きいので怖がられることも多いのですが
ふだんは、おとなしくて優しく賢いワンちゃんです。
私が電車で出かける時以外は、ちょっと買い物に出かけるにも
回覧板を隣のポストに入れるだけでも一緒についてくる
超甘ったれっ子ですが、人間でいうと80歳を超えるおばあちゃん犬で
黒い毛に白髪も目立つようになり
ここにきてだいぶ足腰も弱ってきてしまいました。

そのクッキーのお腹に、7か月ほど前小さなしこりを発見しました。
犬を飼っているかたならご存知と思いますが
ワンちゃんには脂肪のかたまりができることも多く
放っておいても心配のない場合もあるのですが
クッキーのしこりは、少しずつ育ってきてしまいました。

検査の結果、悪性のものではなかったので
しこりの成長がいつか止まるかもしれない…という可能性に賭けて
今まで手術で除去する選択を避けてきたのですが
この一か月で、一気に私のこの大きな手の握りこぶしと同じほどの大きさに
成長し、「しこり」ではなく立派な「腫瘍」になってしまいました

本人(犬) は気にした様子は見せないのですが
このまま大きくなると破裂する危険性があり、そうなるとかなり苦しむことになる。
クッキーの年齢を考えると、全身麻酔で手術を受けるリスクもあるけれど
破裂するリスクと天秤にかけると
取ったほうがいいというお医者さまのアドバイスで
つらい決断でしたが、近々手術を受けさせることにしました。

生徒さんのジョイフルコンサートを来月にひかえ
レッスンも最後の仕上げに入り、練習会も予定している大切な時期。
コンサートが終わるまで待とうかとも思いましたが、
その間にも腫瘍が育つことを考えると
やはりなるべく早く手術を受けさせてやりたいと思います。

手術当日を含め少なくとも4~5日は動きがとれず、レッスンをお休み
しなければならなくなるのではと思います。
生徒の皆さんにはご迷惑をおかけすることになってしまいますが
どうぞご理解、ご協力下さいますようよろしくお願い致します

そして、うるさくて困っちゃうけれど
またキャンキャン元気なクッキーに戻れるようにお祈りしていてください~~

PageTop