気まぐれダイアリー

11月22日へ向けて

つい数日前まで、
暑くて息苦しいほどの毎日だったのに
一気に秋の空気になり
油断していると寒くて風邪をひいてしまいそうです

そして、ふと気がつけば9月ももう終わり。

「11月のコンサートは本当に開けるのでしょうか?」と
最近よく聞かれます。

寒くなってきて感染者が増えて、
前回のようにまた中止になってしまうのではないか……?
という気持ちがチラついて、
今ひとつ練習が本気モードにならないとのこと。

確かに、今年は
いろいろなことがバタバタと中止になり
ガッカリすることが多く、
いまだにコロナの状況次第で
先のことが読めない不安定な生活なので
皆さんの気持ちはわかりますが、
ホールは、よほどのことがない限り
閉鎖になることはないと思います。

1時間毎に5分程度の換気や
控室での飲食の注意、
ソーシャルディスタンスの確保、
来場者の連絡先を控えておくなど
横浜市が定めた
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に沿って
皆さまにも、いろいろと
ご協力頂かなければならないことがありますが
それでも久しぶりにみんなで集まり
思い切りホールのピアノを楽しめるのは
ありがたいことですね!

万が一、ホールでのコンサートが
開催できないような事態になったとしても
前回のように、ビデオ版コンサートとして
練習の成果はしっかり残しておきたいと思いますので
11月22日に向けて、是非前向きに
練習に励んでいただければと思います

本番に向けて、10月からまた
レッスン時の録音も始めたいと思います。
microSDカードをお持ちいただければ
直接そちらに録音しますし、
ご自身のスマホに録音でもOKです

譜めくりがいらないように編集した楽譜を使う予定のかたは
慣れていたほうが安心なので
そろそろ準備をお願いします。
私が譜めくりするのでも構いませんので
くれぐれも演奏に支障をきたさないように
ご無理なく~

PageTop

新しい目標

ビデオ版ジョイフルコンサートの閲覧回数が
なんと、650を超えました

地方にいらっしゃるご家族やお友達にお知らせしたら
とても喜んで見てくれた……とか
家事をしながら何度も見ている……といった
お話しはうかがっていましたが
わずか2~3週間で、この回数はスゴイ  

皆さんの演奏している姿に
心を動かされたという感想を多く頂いていますが
そのほかにも
「指の動きがよく見れて勉強になる」とか
「演奏と同時にコメントが読めると親近感がわく」、
「好きな時にいつでも見れるのがいい」など
ビデオ版コンサートも悪いことばかりではなく
やってみなければわからなかった
メリットもありました。

これから先、もしまたホールでコンサートを
開催できないような状況になったとしても
これはこれで十分有意義な
コンサートのスタイルだと思いました。

ところで、皆さんはこのビデオ版コンサート
何でご覧になったでしょうか?
スマホ?タブレット?それともパソコンのモニター?

私は、編集しながらパソコンの24インチモニターで
数えきれないぐらい何度も映像を見ていますが
先日、メンバーのお一人から
「絶対にテレビの大画面で見て欲しい!!
教室の皆さんにも、是非大きな画面で見るように
伝えて欲しい!」と言われ
「そんなに違うものかな~~?」と思いながら
試してみました。

……確かに、全然違いました!

今までも、ホールのジョイフルコンサートのビデオを
テレビの画面で見たことがありますが
広いホールで弾いている映像を
テレビの画面で見ても
特に何も感じませんでした。

でも、狭い部屋で弾いている映像は
確かに、見るスクリーンの大きさによって
受ける印象が違います!

YouTubeをテレビで見れないかたは
コンサートのDVDをさしあげますので
是非、大きな画面で楽しんでみてくださいね

さて、ここで新しい企画のお知らせを~

ビデオ版コンサートをきっかけに
コロナで沈みがちだった皆さんの気持ちも
じわじわと元気を取り戻し
ピアノのスイッチが入ったようで
なんと、無期延期になっていた
『Joyful Plus コンサート』開催の
リクエストの声があがってきました。

通常のJoyful Concertのように
演奏時間に制限を設けないPlusコンサートは
今まで2回開催して
第3回目を今年開く予定でしたが
参加希望者が少なく、準備も進まなかったので
メンバーから要望が出るまで
無期延期にすることにしていました。

いずれにしても
コロナで今年の開催は無理だったと思いますが
この先、ふつうのコンサートですら開催が難しい状況ですし
Plusコンサートとなると、練習もそれなりに必要で
メンバーの負担も考えると
きっともうJoyful Plusコンサートはないだろうと
私の頭からすっかり消えていたなかでの
まさかのリクエスト!

びっくりでしたが、
それから何人かのメンバーに打診すると
皆さん、急に目がキラキラして
すごく楽しそうに「何を弾こうかしら~?」といったリアクション!

皆さんの前向きな言動から、改めて
今のように将来が不確かな状況だからこそ
あきらめて何もしないのではなく
何か目的をもって
それに向かってコツコツと励むことの
大切さに気づかされました。
いつものことながら、本当に
教室のメンバーから学ぶことが多いです!

というわけで、第3回 Joyful Plus コンサートを
開くことにしました!
開催予定は2022年です。
詳細はまだ何も決めていませんが
まだ2年も先のことなので、準備する時間は
たっぷりあります。

ご興味のあるかたは
選曲などお気軽にご相談くださいね

PageTop

ビデオ版コンサートの編集を終えて

はじめてのビデオ版Joyful Concert
無事に公開までこぎつけ
皆さんに喜んでいただけてホッとしています。

第42回Joyful Concert

この企画を提案したときは
緊急事態宣言が解除されたばかりで、
レッスンは再開したものの
皆さんのピアノに対するモチベーションは
だいぶ下がってしまっていたので
小さな目標をもつことで
少しでもピアノへ気持ちが戻ってくれればいいなぁ~
というぐらいに考えていました。

コンサートと言っても、
しょせんスマホで撮った動画を
つなぎ合わせるだけのことですし、
演奏の完成度よりも、
楽しく弾いてもらえればいいと思っていました。

しかし、「参加する」と決めた皆さんはすごかった!
一気に練習魂に火がつきました

そのような皆さんの様子を見ていて
「単純にみんなの動画をつなぎ合わせるだけの
ビデオでは申し訳ない」と
私の編集魂にも火がつきました

少しでも、ホールで開いたコンサートの
雰囲気に近づけたい!

そこで、とりあえず最新の動画編集ソフトを買ってみました。
が、あまりに機能が多過ぎて使いこなせない

思うように作業が進まずイライラ当たり散らしたり
パソコン仕事に没頭するあまりに夕飯作り忘れたり……。
ビデオが無事に完成して
一番喜んでホッとしているのは夫だと思います

ビデオを見たメンバーから
「こんな素敵な編集を、レッスンをこなし
お家や諸々の仕事のなか、
どうやってされたのか!?もう、驚きしかないです。」と
称賛のメールをいただいたのですが
いやいや、とんでもない
裏では大変なことになっておりました

もっと時間をかけて凝れば、
ピアノの音も編集して、
ホールの響きに近づけることができたのですが
これ以上パソコンの前にいると
家庭不和が深刻化しそうだったので~
今回はあのビデオでご容赦を

ところで、ビデオを見た皆さんから
仲間の元気な姿に励まされた、
感動したなど、たくさんメッセージを頂きました。
みんなに感謝を伝えたいという声もありましたので
YouTubeの動画の下に、
コメントを投稿できるようにしておきました。

教室関係の限定公開なので、
誹謗中傷などのリスクは心配していません。
メンバー間の良いコミュニケーションの場になると思うので
お気軽にメッセージを書き込んでくださいね

PageTop

ビデオ版コンサートの編集進捗状況

先週月曜日に、ビデオ版Joyful Concertの録画を
全員分、無事に終えました。

アンケートで「参加する」と答えたかたが
結局参加しなかったり
参加しない予定だったメンバーが参加して下さったりで
最終的に17名が録画に臨んでくださいました。

狭いレッスン室で、スマホでの録画なので
申し訳なかったのですが
皆さん、いつものコンサートと変わらず
しっかりと練習して真剣に取り組んで下さいました。

そこで、当初今回のビデオ版コンサートは
「番外編」として記録するつもりだったのですが
6月に開催する予定だった
「第42回 Joyful Concert」として
通常どおりカウントすることにしました!

演奏してくださった皆さま、
ありがとうございました

肝心のビデオですが……
編集作業がようやく終わり、
あとは、全部通して見てみる確認作業と
ネットにアップする作業を残すのみ

トラブルがなければ、1~2日で
皆さんの熱演を聞いて頂けると思います。

参加してくださったメンバーには直接メールで、
教室の皆さんには「member only」のページで
リンクをお知らせしますので
楽しみにしていてくださいね

PageTop

ビデオ版コンサートの録画進行中!

ビデオ版ジョイフルコンサートのための録画が
順調に進んでいます!……が
初めてのことなので、
私のせいで数々の失敗があり
今日までに録画したメンバーには
ご迷惑をおかけしてしまいました~

せっかく上手に弾いて下さったのに
なぜか録画できていなかった (これは最悪!) とか
ピアノに私の姿が反射して写り込んでしまっている とか
事前のチェック不足で、弾き始めてもらったら
椅子がギシギシ鳴ったり
スリッパがキュ~キュ~鳴って途中でNGとなり
集中力が途切れてしまった……とか。

でも、ご迷惑をおかけしたメンバーには申し訳ありませんが
失敗してだいぶ学んだので
これから録画するかたには、
私のミスによって撮り直しをお願いするようなことは
絶対にない!……といいけれど~

それにしても、録画を始めて感心するのは
「今回は、特別な状況下なので完成度は問いません。」と
いつもよりハードルを下げたにもかかわらず
皆さん、すごーーーーく真剣に取り組んで
練習してくださっていること!

録画は誰でも緊張するので
音を間違えたり、弾き直したりということは
皆さん、多少はありますが、
ステージでのコンサート本番と同じような集中力で
レッスンの時とは確実に違った演奏をされます。

そして、最後は
無事に終わった達成感やら
緊張からの解放感やらで
とても晴れ晴れとした表情で帰られます

ところで、録画を終えたメンバーのお一人が
弾いた後でボソッと
「あ~あ、マスクをして練習しておけばよかった。」
とおっしゃいました。

これは、これから録画する皆さんには
とても良いアドバイスだと思います

自宅ではマスクをして練習しないと思いますが
録画の時はマスクを着用したままで弾いて頂きます。
マスクをしていると
鍵盤を見た時に、マスクの端が視界に入り
ふだんと見え方が違ったり、
弾いているうちにズレてきて
気になって集中できなかったりするので
家で少し慣れておくと安心かもしれません。

また、ペダルを踏む際も
自分の足に合った慣れたスリッパのほうがよろしければ
遠慮なく Myスリッパをお持ちください。

録画は何度でも気が済むまで撮り直し ですので
いつもと同じように気楽にいらしてくださいね

ビデオ録画

PageTop