気まぐれダイアリー

悲しいお知らせ

爽やかな青空が広がった日曜日の朝……
15年間、一緒にピアノを楽しんできた教室の大切なメンバー
大木さんが天国へ旅立たれました。

   大木さんの思い出

2002年5月から、教室主催の年に二回開催されるコンサートには
一度も欠かさず参加して
クラシックだけでなく映画音楽、ジャズ、ラテン……と
さまざまなジャンルの曲を披露してくださいました。

大木さんをリーダーとして、教室の男性メンバーと組んで
2007年にスタートさせた「おやじコンサート」は
2014年まで計5回開催され、毎回多くの人に感動をもたらせました。

80歳になられ、ピアノは年齢に関係なく
何歳からでも、何歳までも楽しむことが出来る!ということを
実際に示してくださった、かけがえのないメンバーのお一人です。

ステージでピアノを演奏することが大好きで
それを何よりの励みとして、ここ数年、病と闘っていらっしゃいました。
2週間前のコンサートでも、ショパンの前奏曲17番を
披露して下さる予定でしたが
病状が悪化し、残念ながらその願いは叶えられませんでした。
さぞかし悔しかったことと思います。

コンサートが終わった翌日、
ホスピスに入られた大木さんと
少しだけお電話でお話することができました。

「頑張って元気になって、またレッスンにうかがわせていただきます。
その時はまたどうぞよろしくお願い致します。」

どんな時でも決して弱音を吐かず
常に前向きでいらした大木さん。
声はだいぶ弱られていましたが、
私と交わした最後の言葉は、そんな大木さんらしい力強いものでした。

次回のジョイフルコンサートのプログラムから
大木さんのお名前がなくなるのかと思うと
本当に悲しいです。

きっと天国でも、大好きなピアノを弾き続けられるでしょう。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

大木さん
2016年11月26日のコンサートにて

PageTop

プログラム

来月14日に開かれる「ジョイフルPlusコンサート」のプログラムが
出来上がってきました。

ジョイフルPlusプログラム

最近は、データさえ自分で作ることが出来れば
インクや紙を買って来て自宅のプリンターで印刷するより
印刷屋さんに頼んでしまった方がコスト安になる場合もあるので
今回から、コンサートのプログラムは
業者さんにお願いすることにしました。

11月の「ジョイフルコンサート」のプログラムも
リニューアルしますので楽しみにしていてくださいね

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

コンサートへのエントリー締切を、いつもより早めの10月20日にしました。
参加希望のかたは、期限内に忘れずエントリーお願いします。

PageTop

秋深し~

あっという間に10月も残りわずか…。
今月は、身内に不幸があったり、体育の日や台風の影響により
レッスンの振替が多くなったため
フリーで予約を入れていらっしゃる皆さんの枠が少なくなり
ご迷惑をおかけしました。すみません!

教室のコンサートが近づき、レッスンも忙しくなってきましたが
いつもお話しするように、ピアノは絶対に一夜漬けは効きません
コンサートの2週間前ぐらいには、
「もう、いつ本番でも大丈夫!」と思えるぐらいの余裕をもてるように
計画的に練習をすすめてください。

さて、ピアノとまったく関係ないことですが2つほどお知らせを~

先週、教室の玄関の階段に手すりをつけました。
両親が最近、足元が危うくなってきたので
「転ばぬ先の杖」…ということで設置しました。

雨や雪などの時は、私でも滑りそうで怖いので
あった方が安心ではありますが
そのため、玄関入口が少し狭くなってしまいました。
ご不便おかけしますがよろしくお願いします。

手すり

もうひとつは、食欲の秋 にちなんで美味しい話題です

ネットでレシピを検索すると必ずトップに表示されるクックパッド(Cookpad)。
ご存知のかたも多いと思いますが
クックパッドがこんなに有名になる10年ほど前から
料理好きの私の義姉は、ここでたくさんのレシピを紹介してきました。
そしてこのたび、彼女の「ごぼうのポタージュ」が
厳選されたレシピ本に掲載されました

cookpad

本を買わずとも、レシピはこちらでご覧になれます → ごぼうのポタージュ(by まほじょ)
私も何度も作っていますが美味しいです 
ちなみに、私の一押しレシピはこちら → かじきまぐろステーキ (by まほじょ)
よかったら是非お試しくださいませ~ 

PageTop

合谷(ごうこく)のツボ

先日のコンサートの初めのご挨拶のなかで
皆さんの緊張を少しでも和らげる助けになればと思い
ちょっと変わったアプローチを考え
不安解消、神経過敏など精神面に効果があるという
合谷(ごうこく)のツボをご紹介しました。

自分の番が来るまで、このツボを押して
少しでもリラックスしてもらおうという試みです

合谷のツボは、親指と人差し指の骨の合流点、
やや人差し指よりにある小さなくぼみで
指で押すと、ジーンと痛気持ち良い感じがするところです。

合谷には多くの神経が集まっていて
ここを一か所押すだけで
頭痛・肩こり・便秘・下痢・ニキビ・耳鳴り・視力回復・・などなど
いろいろなところに効果を及ぼすそうです。

なにせ、全身365あるツボのうち
もっとも刺激が脳に伝わりやすいツボだということなので
少なからず効果を期待できそうだと思うのですが?

合谷のツボ

ツボ押しのポイントは、決して強く押さないこと
そして、ゆっくり3~5秒かけて息を吐きながら押し
また3~5秒かけて息を吸いながら離す。
このゆったりした呼吸も、気持ちを落ち着かせる効果があります。

さて、コンサートの時の「合谷」ツボ押しの効果ですが
早速、数名から「効いた」または「効いたような気がする」という
嬉しいご報告を頂きました

正直なところ、実際にツボのおかげがどうかわかりませんが
自分の番が近づきドキドキしてきた時に
ゆっくりと呼吸をコントロールしていたことで身体がゆるみ
「効くかもしれない」…「効いて欲しい!」…と思っていたことが
ある意味、心の支えになり
いつもよりは気持ちが落ち着いていたことは間違いないでしょう。

ツボ押しに限らず、たとえ根拠はなくても
自分なりの「コレをやると大丈夫」ということがあると
結構これが役に立ちます。

私の場合は、学生の時、試験の前日には
必ずケーキ  を作るようにしていました。

たまたま良い成績をとった試験の前の日に
ケーキを焼いていたことがあったからなのですが
それ以来「前日にケーキを焼けば次の日の演奏は失敗しない」と
勝手に決めつけずっと続けていたのでした。

今から思えば、その思い込みのおかげで
試験の前日にピアノにしがみついて練習しているのではなく
気持ちを切り替えて過ごせる時間ができたことも
よかったのだと思います。

こんなふうに、「おまじない」のようなことでもいいのです。
いずれにしても、本番では緊張するのですが
「自分には何が効くかな?」と
いろいろ試してみるのも面白いのではないでしょうか?

そのうち、本番の緊張が楽しめるようになってくる・・・かもしれません

PageTop