気まぐれダイアリー

暗譜は苦手?

桜の開花宣言から数日経ちましたが
なんと私のチューリップも突然開花
前日まで、つぼみがあることすら気がつかなかったので
朝起きて、この姿を見た時にはビックリしました。
でも、これ……どう見ても正常ではないでしょう?

チューリップ開花

無理矢理 葉をこじ開けて顔出しちゃって、なんとも窮屈そう
「おいおい、茎が伸びるまでもう少し待てなかったのかい?」と
思わずツッコミを入れたくなってしまいます。

球根を交換して一緒に育てて下さっている生徒さんのほうは
葉は同じように伸びてきているけれど、まだつぼみはないそうで
この写真を見てビックリ!!

今年はとりあえずここまで育って喜ぶべきなのでしょうが、複雑な気分です。
私のチューリップたち、全部こんな感じで茎が伸びずに
ずんぐりむっくりの花を咲かすのでしょうか?あ~ガッカリ

それにしても、季節の変わり目はいつも以上に
時間の経つのが早く感じられ、気がつけば
ジョイフルコンサートまで1ヶ月半となりました。

暗譜で弾こうと思っているかたは
今月中には、楽譜がなくても
どうにかこうにか最後まで弾けるレベルに達していると安心です。

もちろん無理に暗譜で弾く必要はありませんが
暗譜で弾くと集中力が高まり、説得力のある演奏になるので
できそうでしたら、是非チャレンジしてみて下さい!

コンサートが近くなると
「どうすれば暗譜できるんですか?」
「暗譜で弾く人は、いったいどんな練習をしているのですか?」
という質問をよく受けます。

「どうすればレガートに弾けるようになるか?」
「脱力はどのようにすればいいのか?」などは
言葉で説明したり、実際に指の動きを見たり
音を聴いたりしてもらい、ヒントをさしあげられるのですが
暗譜ばかりは、自分で覚えて頂くしかありません

楽譜を写真で撮ったように鮮明に丸暗記し
それを思い浮かべながら弾けばいいというようなことを
読んだことがありますが
実際にはそんなことは不可能だと思います。

私が暗譜で弾く時には「今、楽譜のあのへんを弾いているな。」
「ここは楽譜に注意書きがしてあったな。」程度には
楽譜を思い浮かべていますが、音の粒までは
ビジュアル化して頭に入っていません。

暗譜で弾くには、耳が曲の流れを覚えていることは当然必要ですが
いくら耳が覚えていても
指が鍵盤の場所を覚えていなければ弾けませんから
何度も弾きこんで、指の動きを完全に覚えなければいけません。

「楽譜を書いて覚える」という話を聞いたことがありますが
私はやったことがありません。
正確に楽譜が書けるぐらい、しっかりと音を覚えていることは必要だと
思いますが、書くのにすごく時間がかかってしまいそうですし
正直なところ、それだけ時間を費やしたほどの効果があるかは疑問です。

結局、暗譜が楽にできる特別な方法はなく
楽譜を見ないで弾いてみて
わからなくなったところで楽譜を見て確認し、
また楽譜を見ないで弾いてみて、
わからなくなったら見て確認して……ということを
根気よく繰り返し
目と耳と指を駆使して覚えていくしかないのです。

ひととおり暗譜ができた後で
更に暗譜を確実にするために、私が学生時代に試みた練習に
次のようなものがあります。

『紙で作った実寸大の鍵盤を使って暗譜で弾いてみる』
(紙のピアノでなくても、電子ピアノでしたら
ヘッドホンをしないで弾けば同じ練習ができます。)

紙の鍵盤なので、当然音は鳴りませんから
しっかり集中していないと、自分がどこを弾いているのかわからなくなります。
これは相当精神的に鍛えられます。
それから、音楽の流れと指の動きを一致させて完璧に覚えていないと
最後まで弾き切れないので、実際にどれだけ本当に
曲が身についているか確認するのに役に立ちます。

……と、こんなふうに健気に練習を積み重ねても
暗譜が飛ぶ時は飛んでしまいます。

私の人生最悪の暗譜飛びは、25年ほど前オーケストラをバックに
プーランクの「2台のピアノのための協奏曲」を演奏した時でした。
既に数回演奏した経験があり、弾き慣れた曲であったにもかかわらず
ピアノだけの美しい箇所で突然
「あれ?こっちの音だっけ、それともこっち?」とわからなくなり
とりあえず弾いたものの「ギャー、違う音だったーーーー」 ということが。
さすがに止まりはしませんでしたが、せっかくの美しい響きが台無しに。
にがい思い出です

人間ですから、どのような練習をしても
絶対に暗譜が飛ばないという保証はありません!
楽譜を見て弾いていても、突然わからなくなってしまうこともあります。
精一杯練習して、それでもそのようなアクシデントにみまわれたら
もうそれは仕方のないこと。

いずれにしても、あれこれと失敗することを心配しないで
5月14日に向けて”楽しみながら”練習してくださいませ

PageTop

3月になったので…

早いもので今日から3月!……ということで
5月14日のコンサートに参加予定の皆さんは
そろそろレッスンでの録音を始めたいと思います。

「録音していると思うと、途端に弾けなくなってしまう。」
というかたが多いのですが、プレッシャーのかかる中で
どれだけ自宅で練習している時と同じように弾けるか
自分を試してみるとても良いチャンスですので
是非いやがらずに利用してください。

固定のスケジュールでいらしているかたでも
本番までのレッスン回数は残り5回。
今から一回一回、しっかり完成度を上げていくようにすると
ゴールデンウィークは必死にピアノにかじりついて練習することなく
余裕で楽しめるはずです

「本番にギリギリ間に合った」というレベルでは
緊張したらあっという間に弾けなくなってしまうので
コンサートのエントリー締切り時(4月15日)には
少しテンポはゆっくりめでも、ほぼ止まらず弾けることを目標に
練習をすすめるようにしてみてください。

録音データは、後でパソコンにお送りするのでも構いませんが
ご自宅でSDカードが取り込めるパソコンをお使いのかたは
カードをご持参いただければ直接そちらに録音しますので
出来るだけご用意くださいますようお願いします。

SDカードの画像
(メーカーはどこのものでも構いません。)

また、本番で譜めくりをしやすいように
編集した楽譜を使用する予定のかたは
早くから慣れていたほうが安心ですので
今月中にはご用意ください。

実際に作って使ってみると
「上手に譜がめくれない」、
「どこを弾いているのかわからなくなる」など
予想外のことが起こり、作り直すことになったということも
今までに何度かありましたので、是非早めにご準備ください。

もちろん、どうしてもご自身でめくれなかったり
めくれても、そのために演奏が乱れるリスクが高い場合は
本番は私が譜めくりをしますのでご心配なく~

PageTop

レッスンで弾く曲にも著作権料が?

2週間ほど前にニュースや新聞で
「音楽のレッスンで使う曲にも著作権料を払うようになる」
と報道されてから、教室でも
「私達も著作権料を払わなければいけないのですか?」と
心配されるかたが何名かいらっしゃいました。

私も最初にこの報道を聞いた時には
「ギョッ!」としましたが、とりあえず今のところは
個人経営の音楽教室は対象外ということでホッとしました

それにしても、JASRAC(日本音楽著作権協会)……
これはいくらなんでもちょっとやり過ぎなのでは???

意外に知られていないかもしれませんが
営利目的でコンサートなど人前で演奏する場合、
演奏者はJASRACに曲の著作権料を納めなければいけません。

私達DUOも、コンサートを開く際には毎回払っています。
演奏曲目によって著作権料が高いもの、
また、著作権が切れていて払わなくていい曲もあるので
プログラムにより金額は変わりますが
毎回一万円を超えるような額になります。

はっきり言って、演奏してくれる人がいなければ
作曲者だって困るんじゃないの?と
著作権料を納めることに対して少々不満はありますが
「この曲を聴きたいからコンサートのチケットを買った。」という
お客さまもいるかもしれないので、
営利目的で演奏している以上文句は言えません。

でも、趣味で音楽を楽しむ人が
「この曲を弾けるようになりたい!」といって
レッスンを受けることに関して、
教える側から著作権料を徴収するというのは
う~~ん、ちょっと納得いきません !

作曲した人たちは、本当にそこまで望んでいるのでしょうか?

JASRACは、ヤマハやカワイといった大手音楽教室から
受講料の2.5%を徴収する予定だとか。
これが本当に実現されるとなると、その分は
生徒さんのレッスン料に上乗せされたり
著作権料が生じる曲はなるべくレッスンしないなど
結局は、音楽教室よりも
音楽を趣味として楽しもうとしている人たちが
一番痛手を被ることになるのではないでしょうか?

この動きが、いずれ個人経営の音楽教室にまで
及ばないことを祈るばかりです

著作権

PageTop

練習会の日程が決まりました!

あっという間に一月も半分が過ぎてしまいました。
ようやく生活もいつものペースに戻ってきましたね。

早速ですが、5月のコンサートに向けての
練習会の日程が決まりました!

4月28日(金) です。

詳細は後日、生徒さん用ページにてご案内させていただきます。

練習会に参加する、しないに関わらず
4月末には「いつ本番でももう大丈夫 」という仕上がり具合にしておくと
5月に入って本番までゆったりした気分で過ごせます。

特に暗譜で弾く予定のかたは、できるだけ練習会に参加して
一度人前で試しておくと安心です。
練習会で忘れてしまった箇所は
本番では絶対に大丈夫です!

何度もくどいようですが、ピアノは決して一夜漬けは効きません
5月14日のジョイフルコンサートに参加予定の皆さんは
計画的に余裕をもって練習を進めてください

練習会は、コンサートに参加されないメンバーの皆さんも大歓迎です!
曲を仕上げる目標にしたり、
ご自分がどれだけ人前で弾けるのか肝試し(?)など…
どうぞご活用ください。
ピアノライン

PageTop

新記事♪発表会におすすめの曲

久しぶりにAll Aboutに新しい記事をアップしました。
「発表会におすすめの曲」をリストアップした内容です。
あえて定番曲は外してあります。
今までジョイフルコンサートで皆さんが弾いた曲も
多く入っていますので、よかったらご覧ください。
     ↓
レベル別!ピアノの発表会におすすめの曲【動画付き】

記事の中にも書きましたが、
レベル分けはあくまでも目安として参考程度に見て下さい。
特に中級と上級は、線引きで悩んだ曲が多々ありました。

記事でリンクさせた参考演奏の動画ですが
これはさすがに記事には書けませんでしたが…
必ずしも私が好きな(おすすめする)演奏というわけではありません!

AllAboutでは個人がアップしている動画は使えないので、
リンクのほとんどは、YouTubeに数多くの演奏動画をアップしている
ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)による動画を
使わせてもらうことになりました。
(残念ながら、個人でアップしている動画しか見つからず
おすすめリストに載せるのをあきらめた曲も結構ありました。)

気になった曲がありましたら、リンクさせた動画以外の
演奏者も検索して聴いてみてくださいね!

皆さんが選曲する際のお役に立てば嬉しいです

PageTop