気まぐれダイアリー

毎日ドビュッシー

梅雨入りしてから、うんざりするほど
雨の日が続いているわけではありませんが
やはり不安定でスッキリしないお天気が続いています。
明日は気温も四月並みに下がるとか。

梅雨はピアノにとっても嬉しくない季節です。
トラブルにみまわれる前に、是非こちらを参考にピアノケアを
(自分の記事のPRで恐縮ですが…… )

梅雨時のピアノトラブル~解決法と予防策

さて、先月末にジョイフルコンサートが無事に終わり
休む間もなく、秋のコンサートに向け
ドビュッシー漬けのレッスンの日々が始まりました~

ドビュッシー、ドビュッシー、またドビュッシー……と
朝から夕方まで、全レッスンがドビュッシーだった日も!

今現在、16名がドビュッシーを演奏予定ですが
まだ2~3名増えそうな予感。

6年前の「生誕150年記念」の時は
19名がドビュッシーを演奏されたので
ほぼ同じ規模の企画コンサートになりそうです。

ドビュッシーは、スタッカート、テヌートといった音のニュアンス、
音量、テンポの変化など、
曲想に関わる指示を細かく楽譜に書き入れた作曲家です。

そのひとつひとつすべてが、ドビュッシーからの
「こう弾いて欲しい!」というメッセージなので
譜読みの段階から、そのメッセージを見落とさないように丁寧に
できるだけ楽譜に忠実に弾くように心がけて頂きたいです。

特に気をつけて欲しいのは p(ピアノ・弱い)の弾き方です
ドビュッシーの楽譜には p にも下のように
こまかいレベル分けがあります。

p→ piu p → pp → piu pp → ppp

pp(ピアニッシモ)ぐらいになると、
とにかく小さく弾かなければいけないと構えてしまい
カチカチに手首をかため、鍵盤を浅く弾いて
聞こえるか聞こえないかぐらいの音を鳴らすかたが
とても多いのですが、
それでは音楽で通用する音の響きになりません

ppp と書かれている場面でも
大きなホールの後ろの席まで届く響きを奏でなければいけないので
ハンマーが弦を叩くことをイメージして弾かなければいけません。
ただし、叩くと言っても”ゆるやかに”なので
上手に脱力をすることが必要不可欠です。

ドビュッシーを弾くうえで、p の表現 そしてもうひとつ
ペダルの使い方はとても重要なポイントになります。
言葉で説明するよりも、実際に指や手首の動きを見て
そして響きを耳で確認していただくのが一番わかりやすいと思うので
レッスンのときに、できるだけ実演してみますね。

是非この機会にワンランク上のテクニックを
身につけていただきたいと思います

PageTop

ピアノを一生の趣味に♪

今日、教室のメンバーのお一人からメールをいただき
『先程、娘より動画が送られてきて
「お母さんもこれ目指して頑張って」とありました。』と、
こちらの動画をご紹介いただきました。  
   ↓


京都の老人ホームがアップした動画とのことで
演奏していらっしゃるご婦人は85歳だそうです。

専門でピアノを勉強されたかたなのか
趣味で弾いていらしたかたなのかわかりませんが
いずれにしても、85歳で
この力強いタッチとテンポ感は素晴らしいです

私自身、85歳になってこんなふうに弾けるのか?
とても自信がありません
でも、「こうありたい!」と大きな励みになりました。

「あおば♪ピアノの部屋」の目指すところは
マイペースで無理なく、いくつになっても
ピアノを一生の趣味として楽しんでいただくこと。

そして有り難いことに、教室にはそのお手本となる
傘寿のお祝いを迎え、仲間と一緒に
ピアノを楽しんでいらっしゃるメンバーが二人もいらっしゃいます

長~~~い人生、ピアノに向かう気力がなくなったり
弾きたくても弾けない事情ができたり、
体調崩してピアノどころではなかったり……
いろいろなことがあると思います。

弾けない時は無理せずに!
ピアノはいつからでも再開できます。

この動画のご婦人のように達者に弾けなくても
細く長く、ピアノを一生の趣味として楽しんで頂けたらと
改めて思ったのでした 

PageTop

ドビュッシーの曲、増えました!

「気まぐれダイアリー」と名付けたほど
不定期に気の向いた時しかアップしないブログですが
申し訳ないぐらい小まめにチェックして下さっている
メンバーが結構いらして、昨夜アップしたのを読んで
早速ご連絡をくださいました。
ありがとうございます

ドビュッシー没後100年で弾きたい曲、増えましたよ!

 ロマンチックなワルツ
 『前奏曲集』より「アナカプリの丘」、「亜麻色の髪の乙女」
 夢
 ボヘミア舞曲
 マズルカ
 『ベルガマスク組曲』より「月の光」

これからもっと増えると思いますので
2~3日中に、【member only】のページのなかに
決まった曲のリストを作って、随時更新していきますね 

PageTop

暗譜のための練習

先日、久しぶりにAll Aboutに新しい記事をアップしました。
タイトルは、『ピアノ暗譜のコツ!初心者でもできる忘れない練習方法』です。

情報サイトAll Aboutのピアノガイドになって今年で5年目。
今まで、記事内容の提案や編集でお世話になる担当者が
6回替わりましたが、
今回は新しい担当者さんと組んでアップした初記事です。

私の娘と言っていいような若い女性編集者さんですが
All About に入る前は雑誌の編集をやっていたそうで
私が「これでバッチリ!」と思って提出した記事も
彼女がちょっと手を加えると
タイトルが更にキャッチーなものに生まれ変わり
体裁が整い、ずっと読み易くなりました。
さすがプロ 感心しました。

さて、暗譜をするときに役に立つ練習方法をまとめた今回の記事。
全部が誰にでも効果があるとは限りませんし
ちょっとマニアックな方法も書いてあります。

とりあえず試してみて、自分に合わない練習は
無理に続けて時間を費やさず
指が覚えていないのか、耳が覚えていないのか……
「覚えられない理由」を考えて、それを克服するのに
適した練習をあれこれ試行錯誤してみてください。

ただ、私は教室の皆さんには
無理に暗譜はおすすめしていません。

もちろん、暗譜で弾けるに越したことはありませんが
不安でドキドキしながら
忘れずに最後まで弾き終えることだけに集中してしまい
表情が乏しかったり、突っ走ったような演奏になるぐらいだったら
楽譜を見て、落ち着いて自分のベストの演奏をした方がいいです。

でも、今回の記事を読んで
「暗譜、チャレンジしてみようかな?」と思ったら是非!
コンサートで暗譜で弾くのは勇気がいりますが
レッスンにいらした時にトライしてみるだけでもOKです
暗譜で弾かなければわからない世界もありますよ~

PageTop

練習会が決まりました♪

ついこの間、お正月を祝ったと思ったら
あっという間に2月も下旬に入りました。

日差しに少~~しだけ春の気配を感じるようになりましたね
でも、そうなるといいことばかりでなく
花粉症の人にはつらい季節。
私も目に症状が出始めました。憂鬱です……

さて、5月27日に予定しているジョイフルコンサートのための
練習会の日程が決まりました。

5月11日 (金)
場所はフィリアホールのリハーサル室です。

練習会に参加してもしなくても、
コンサート参加を考えていらっしゃる皆さんは
この日までにある程度仕上がっていることを目標に
練習をすすめていくと、
本番まで安心して過ごせると思います。

もちろん、コンサートに参加されないメンバーのかたでも
練習会参加はWelcomeです!
自分の演奏を試せますし、他のメンバーの演奏を聞くことも
勉強になりますので、是非この機会をご利用ください

PageTop