気まぐれダイアリー

次回のコンサートが決まりました!

先月ホールの抽選に落選してしまい未定となっていた
次回ジョイフルコンサートの日程がようやく決まりました!

12月16日(土)

場所は、みどりアートパークのホールです。

みどりアートパークのホール
みどりアートパーク 客席から

通常ですと11月に開催するので、ちょっとペースは狂ってしまいますが
前回はフィリアホールでの特別なコンサートでしたので
ホッとひと息つけてちょうど良かったかもしれませんね。

年末のあわただしい時期ではありますが、
準備期間はたっぷり半年ありますし
忘年会気分を交えて気楽にご参加頂ければと思います。

みどりアートパークのホール2
みどりアートパーク ステージから

また、「member only」のページ内に
去年スタートさせたシリーズ[ Joyful Plus Concert] の
第2回目の参加者募集要項をアップしておきました。
来年の8月下旬~10月頃に開催したいと思っています。

いつものJoyful Concertは参加者が多いので
どうしても演奏時間に制限を設けさせていただくようになり
それ以上の長い曲に取り組んでいらっしゃるメンバーが
演奏を披露する場がないというのが悩みのタネでした。
そこで誕生したのが[Joyful Plus Concert]。

演奏時間の制限を設けていないので
何でも好きな曲を弾いてOKですが、そのかわり
いつものJoyful Concert以上に完成度を重視したコンサートです。

大変なチャレンジではありますが、一年以上も準備期間があるので
ご興味のあるかたはお気軽にご相談ください。

そういえば、[Joyful Plus (+) Concert] があるならば
[Joyful Minus(-)Concert]もやったら?……という
気の利いたジョークを言ったメンバーさんがいらっしゃり
思わず吹き出してしまいました。

確かに
Joyful プラス なんて言われると、
レベルが高くて気軽に参加できない雰囲気が漂いますが
マイナス だと、だいぶ肩の力を抜いて臨めそうですね。
参加条件は、「あまり練習しないこと」とか「3分以内の短い曲に限る」とか???
ユニークなアイデアだけれど、実現は難しいかな

Joyful Minus Concert はちょっと無理そうですが
何か面白いアイデア・企画などがあれば
大歓迎ですので遠慮なくお話しくださいね

PageTop

お見送りを終えて

ついに関東地方も梅雨入りしましたね
……と言っても、今のところ傘の出番もなく
あまり梅雨らしくありません。

今週は、外よりもレッスン室内のほうがよほど湿っぽい空気が流れていました。
大木さんをお見送りしてからちょうど一週間。
レッスンにいらしたメンバーと、大木さんのお話になることも多く
そのたびに一緒にウルウルしてしまい、
気がつけば、大木さんが亡くなってから毎日泣いている
そういえば、大木さんに「先生は泣き虫さん」と言われていたっけ。

教室の皆さんとお話していると、改めて
大木さんというかたは、教室のお仲間が大好きで
本当に誰にでも分け隔てなく
優しく親しみをこめて接していらしたのだなぁ、とつくづく感じます。

ほとんどのメンバーは、一年に二度のコンサートと打上げ会の時しか
お話しする機会がなく、決して頻繁に交流していたわけではありませんが
それでも、これだけ多くのメンバーの心に残り、惜しまれる大木さんは
特別な魅力とパワーを持ったかただったと思います。

私は、大木さんには「感謝」しかありません。

大木さんが教室に入られた2002年は、
大人だけの教室「あおば♪ピアノの部屋」になって
まだ2年ほどしか経っておらず
メンバーもたった十数名しかいらっしゃいませんでした。

それが、年月を経て40名を超える大所帯になっても
アットホームであたたかな雰囲気のままでいられたのは
ひとえに、大木さんがこの15年間、陰になり日向になり
私をサポートして、メンバーひとりひとりに声をかけ
居心地の良い空気を作るお手伝いをして下さったから。
大木さんがいらっしゃらなかったら、「あおば♪ピアノの部屋」は
きっと今とは少し違う雰囲気の教室になっていました。

そんな大切なことを、弔辞の準備をしていたなかで
ようやく気づきました。
元気な大木さんに、直接お礼を言いたかった!

「親孝行したい時に親はなし」と言いますが
今、まさにそのような思いでいます。
大木さんが大好きなピアノをもっと楽しめるように
私に出来ることがまだいろいろあったのではないだろうか?

そして、今、私にできる大木さんが喜びそうなことって何だろう?
と考えた時、大木さんは、演奏を皆さんに聴いていただくことを
何よりの励みにされていたので
教室の皆さんに、大木さんの演奏を聴いて頂けるように
するのはどうだろうと思いました。

私の手元には、大木さんの演奏した動画が数多くあるのですが
その中から、お人柄がよくあらわれた、優しくあたたかな演奏2曲を、
教室メンバー限定でYouTubeにアップしました。
『member only』内の「あおばアーカイブ」でご案内していますので
よろしければ、お聴きになってみてください。

PageTop

悲しいお知らせ

爽やかな青空が広がった日曜日の朝……
15年間、一緒にピアノを楽しんできた教室の大切なメンバー
大木さんが天国へ旅立たれました。

   大木さんの思い出

2002年5月から、教室主催の年に二回開催されるコンサートには
一度も欠かさず参加して
クラシックだけでなく映画音楽、ジャズ、ラテン……と
さまざまなジャンルの曲を披露してくださいました。

大木さんをリーダーとして、教室の男性メンバーと組んで
2007年にスタートさせた「おやじコンサート」は
2014年まで計5回開催され、毎回多くの人に感動をもたらせました。

80歳になられ、ピアノは年齢に関係なく
何歳からでも、何歳までも楽しむことが出来る!ということを
実際に示してくださった、かけがえのないメンバーのお一人です。

ステージでピアノを演奏することが大好きで
それを何よりの励みとして、ここ数年、病と闘っていらっしゃいました。
2週間前のコンサートでも、ショパンの前奏曲17番を
披露して下さる予定でしたが
病状が悪化し、残念ながらその願いは叶えられませんでした。
さぞかし悔しかったことと思います。

コンサートが終わった翌日、
ホスピスに入られた大木さんと
少しだけお電話でお話することができました。

「頑張って元気になって、またレッスンにうかがわせていただきます。
その時はまたどうぞよろしくお願い致します。」

どんな時でも決して弱音を吐かず
常に前向きでいらした大木さん。
声はだいぶ弱られていましたが、
私と交わした最後の言葉は、そんな大木さんらしい力強いものでした。

次回のジョイフルコンサートのプログラムから
大木さんのお名前がなくなるのかと思うと
本当に悲しいです。

きっと天国でも、大好きなピアノを弾き続けられるでしょう。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

大木さん
2016年11月26日のコンサートにて

PageTop

行って来ました!生田緑地ばら苑

今日は日差しが強く、夏のように暑い一日でした

今月はゴールデンウィーク中に身内の不幸があったり
フィリアホールでの特別コンサートがあったりで
毎日バタバタ動き回り、心身ともにヘトヘトになっていたのですが
ようやくいつもの生活のペースに戻り、元気も復活してきました

ということで、今日は久しぶりに
ゆっくり散歩しながらきれいな花を観賞しようと
生田緑地のばら苑へ行ってきました。

生田緑地ばら苑

バラの花びらの何とも言えない繊細なグラデーションに
自然の神秘のようなものを感じます。
ゆっくり散策…というには、少し暑過ぎましたが
色とりどり、さまざまな種類のバラの美しさに見とれ
優雅で気持ちの良い休日を過ごすことができました。

教室のメンバーにも、バラを育てているかたが結構いらっしゃいます。
バラというと、他の植物よりも手がかかるというイメージがありますが
このように豪華な花が咲くのであれば、どんな労力も報われますね。

生田緑地のばら苑は来週日曜日(28日)まで。
バラがお好きでしたら是非~

 生田緑地ばら苑ホームページ

PageTop

ジョイフルコンサートを終えて

2年に一度の
本格的なクラシック音楽専用のフィリアホールでのコンサートが
日曜日、無事に終了しました

第36回Joyful Concert

いつも練習している環境とはまったく違う
響きの良い大きなホールで、お客さまを前に
練習の成果を100%出しきるというのは
誰にとっても大きなチャレンジですが、
皆さん果敢に挑み、完全燃焼されたのではないでしょうか。

フィリアホールはとても響きの美しいホールなので、
いつもどおり弾けた方は、いつもの何十倍、何百倍も上手に聴こえ
ちょっと失敗してしまったというかたも、
いつもと同じぐらいには上手に聴こえていますので
心配しないで、DVDが出来上がってくるのを
楽しみに待っていてくださいね

PageTop