気まぐれダイアリー

教室ホームページが新しくなりました!

今日から4月!
相変わらず世の中はコロナ一色で
どんよりと暗い雰囲気が漂っていますが
新年度のスタートということで
区切りよくこのタイミングで
10年ぶりに新しい教室のホームページをアップしました。

アドレスは以前と同じです。
https://aobapiano.com

まだ追加するページがあり完成ではないのですが
いろいろな意味で、今の時代にあわせたバージョンになっています。
プロの手を借りなければ、とてもここまで出来ませんでした。

以前のホームページと全然雰囲気が違い
ちょっとクールな感じでしょうか?

さて、先日こちらでお知らせしたように
「気まぐれダイアリー」も教室ホームページ内に取り込みましたので
近々、こちらのサイトへの投稿はストップする予定です。

新しい「気まぐれダイアリー」のページ→ http://aobapiano.com/blog/

教室メンバーの皆さんには、見慣れたこちらのサイトのほうが
使いやすいかもしれませんが
今後ともよろしくお願いします。

PageTop

近々引越します!

引越しをします!……と言っても
家ではなくて、この「気まぐれダイアリー」です。

10年ぶりに、教室のホームページを
リニューアルすることにしたのですが
それに伴い、こちらの外部サイトではなく
自分で100%管理できるサーバーに
取り入れることにしたのです。

新しい教室ホームページになり、
そちらのアドレスからアクセスできるようになりましたら
またここでお知らせいたします。

今アップされている教室のホームページは
苦労して自力で作りましたが
10年も経つといろいろな意味で時代遅れで不具合がでてきました。

そこで仕方なく重い腰を上げてリニューアルにとりかかりましたが
「簡単に作れる!」という売り文句の解説書を
じっくり読んでも思うようにできない。

私自身の理解力低下に加え
今の時代に合わせた仕様につくりあげるには
いろいろと複雑すぎて
どう頑張っても自力では無理!!

ワードプレス

ということで、助けを求めることにしました。
今のアドレスを変えずに
新しいホームページのベースを作ってくれて
私のわからないことを教えてくれる人。

なかなか難しい条件ですが、ネットで探しまわった結果
ご自身でもピアノ教室を経営されながら、IT関係のプロ、
という変わった経歴をおもちの先生にたどり着きました。

新しい教室のホームページは、
こちらの先生が親切丁寧にサポートしてくださり
4月上旬には、同じアドレスで
今のホームページから切り替わる予定です。

「気まぐれダイアリー」も、
いつの間にか10年分の記録になり300を超えるページ数!
この引越し作業は今、地道にひとつずつ
隙間時間をつかって自分でやっています。

ピアノと関係のない、
大した内容でない投稿も多々ありますが
「あ~、そんなこともあったな。」と
パソコンに向かいながら懐かしくこの10年を振り返っています。

10年、長いようで短く、短いようで長い……。

10年前、このブログを始めるにあたっては
日記のようなものを他人に読ませて何の意味があるのか、
私が書いたものなんか読んで面白いのか、
プライベートのことをネットに載せるなんて、など
迷いはありましたが
教室メンバーとのコミュニケーションのきっかけになったり
思わぬ情報が集まったり
教室から離れたかたとの交流につながったりと
メリットのほうが多いので
これからも、のんびりと続けていこうと思います。

「長いあいだ更新がないと、
先生が元気なのか心配になるんです。」なんて
優しく気遣ってくださる声をいただいたこともあるので
ほどほどにのんびりと~。

PageTop

コンサートまでちょうど2ヶ月!

あっという間に桜の季節
そして、フィリアホールでのコンサートまで
ちょうど2ヶ月となりました。

今回も、コロナ感染防止対策を徹底し
おしゃべり控えめ、
打上げ会もナシの、ちょっと残念なイベントにはなりますが
去年は中止になったことを思えば
開催できるだけでありがたいことですね。

いろいろとコロナ前と同じというわけにはいきませんが
滅多に弾けない一流のホールで演奏できて、
また、他のメンバーの演奏を聴ける貴重な機会なので
楽しい一日を過ごせればと思います。

レッスンでは先週あたりから、
録音を始めたメンバー、
譜めくりしないで済むように編集した楽譜を持ってきたメンバー、
暗譜にチャレンジを始めたメンバーなどいらして
着々と準備を進めていて感心します。

緊急事態宣言が解除され、
リバウンドで5月上旬あたりには感染者が急増するかもと
テレビで専門家が予想していましたが
ホールが閉鎖なんていうことには
余程でなければならないと思うので
本番間際にあわてないように
残り2ヶ月、計画的に曲を仕上げていってください

PageTop

ピアノもコロナ禍

年末あたりから、レッスン室のピアノの音程や音質が
顕著に乱れてきて
緊急事態宣言下なので迷いましたが
我慢できず調律をお願いしました。

ところが、調律後わずか数日で
また気持ちの悪い音程に……

もちろん、「ド」が「レ」に聞こえるとか
そのようなズレではないのですが
あきらかに響きが揃っていないのです。

でも最近、体のあちこちに老いを感じているので
もしかするとこれは私の耳の老化のせいかも?
と自信がもてず、ひたすら我慢
しかし、いよいよ耐え難くなり
仕方なく、再度調律師さんに来て頂くことにしました。

「そんなにすぐ狂うはずないんだけれどね~。
でも、演奏者の感じ方はそれぞれだから
その人が納得する響きに調整するのが僕の仕事。
調整するから横に居て聞いていてください。」と、調律師さん。

調律師

べつに怒っているわけではないのだけれど、
調律してすぐに「狂っている」と呼び戻されれば
あまり気分はよくないでしょう。

ところが、ピアノを鳴らし始めると
「あれ、ずいぶん下がっちゃってる。
確かに狂ってますね。」と
ちょっとびっくりした様子。

自分の耳の老化のせいではなかったと
私はホッとして思わず喜んでしまいましたが
問題は、なぜ調律直後にもかかわらず
そこまで音程が下がってしまったか、です!

コロナ感染予防対策として
レッスン室の換気清空機(ロスナイ)を
24時間、モードで稼働させ
なおかつ、レッスン毎にドアを全開にして
出来る限り換気に努めていますが
それによって、ピアノが常に乾燥した外気に
さらされている状態になり
悲鳴をあげているとのこと。

防音室でふつうの部屋より気密性が高いので
神経質になって換気に努めたことが
ピアノにとっては過酷な環境を作ってしまっていたのでした。

かわいそうなピアノ
このようなかたちで、
コロナの影響を受けるとは思ってもいませんでした。

ピアノにベストな湿度は55%ですが、
レッスン室内は、加湿器2台つけても45%程度、
人の出入りでドアを開けると、
あっという間に下がって
30%を切ってしまうこともしばしば……

解決策としては、
外気が乾燥している冬の間は
換気の頻度を少なくすることですが
コロナ感染予防のことを考えれば
それは絶対に譲れないところ。

仕方ないので、とりあえずレッスンをしている時以外は
換気清空機を強ではなく弱モードで稼働させることにして
加湿器を24時間つけて
少しでもピアノに良い環境に近づけてあげることにしましたが
いずれにしてもベスト湿度の55%には至らず
再調整してもらったピアノは
相変わらず響きが安定していません。

カラカラの外気が緩和されるまで
いくら調律師さんに調整してもらっても狂うので
あきらめるしかありません。

弾いていて、気持ちが悪いと感じるかたも
いらっしゃると思いますが
しばらくの間ご容赦ください

PageTop

練習会の日程が決まりました!

5月22日(土)にフィリアホールで開催が予定されている
コンサートのための練習会日程が決まりました。

日(金)
フィリアホール、リハーサル室です

ふと気がつけば
コンサートまで3ヶ月……

緊急事態宣言の影響で
レッスンお休みされたり、ペースを落としたり
また気分的にも今ひとつ前向きになれないなど
以前と比べると、今回は全体的に
皆さん、準備がスローな印象です。

このコロナ下では仕方ありません。
コンサートを開催できるだけで有難いので
多少練習が足りなくても気にせずに
フィリアの贅沢な響きを楽しんで頂きたいと思います

PageTop