気まぐれダイアリー

何ごともリハーサルが大事

先日、生徒さんと雑談していて
ちょうどその日が「防災の日」だったことから
お互いが備えている非常食の話題になりました。

国が推奨している災害時用の備蓄食料は「最低3日分」だとか。
3日分というと9食!
そして飲料水は一人一日約3リットル必要と考えて備えておくべき
というので、これを家族の人数分というと結構な量になります。

お話しした生徒さんも私も、一応備えはあるけれど
3日間、困らないぐらいあるかというとそうでもなく
しかも、備えてあるものも既に賞味期限が切れているかも
といった似たような状況でした。

東日本大震災の直後には、危機感をおぼえて
あわててあれこれ買いそろえたものですが
徐々に緊張感が薄れ
非常食の賞味期限のことなどすっかり頭から消えていました。

案の定、帰ってすぐにチェックしてみると
とっくに賞味期限が切れているものが半数以上、
そして、残りも期限切れ直前のものがほとんどという有り様

生徒さんと非常食の話しをしなかったら
万が一の時、我が家は賞味期限切れの非常食で
我慢しなければならないところでした。

早速、新しいものを買い足しましたが
賞味期限ギリギリのものは備蓄しておいても仕方ないので
先週末、夫とふたりで「非常時のリハーサル」ということで
お昼ごはんにして消費することにしました。

非常食

非常食というと、どうしてもあまり美味しくないというイメージがあり
正直、週末のランチが非常食なんて気が進みませんでしたが
これがとても貴重なリハーサルになりました!

まず食べてみたのは、当時テレビなどでも紹介され
ネットでは売り切れが続いていた「パンの缶詰」。
缶からなかなか出て来ず、引っ張り出すのに苦労しましたが
噂どおり、食感といい味といい非常食とは思えぬ美味しさ

そして、アルファ米の炊き込みご飯。
同封されている粉末スープをかけ、スプーンでよくかきまぜ
矢印までお湯を注いで、袋の口をしっかりしめて15分蒸らすというもの。

こちらは、よくかき混ぜたつもりでも味にムラができていて
蒸らした後で、もう一回よーーーくかき混ぜないとあまり美味しくない。
そして、指定された矢印きっちりにお湯を入れたつもりが
完全にアルファ米の表面がお湯に浸っていなかったようで
時々カリカリの硬いお米が混ざっていて、食べにくいどころか
歯に響いて痛い
味は悪くないので、お湯の量と待ち時間を調整すれば
それなりに美味しく食べられそうです。

こういうことは、実際にやってみないとわからなかったことなので
非常食の週末ランチは、予想以上に有意義なものだったのですが
ここで思わぬアクシデントが!

ふたりで黙々と硬いご飯を噛んでいると
突然 夫が「あっ と叫ぶ。

ガビーン

「歯の詰め物が取れちゃった~~

硬いお米の衝撃を受け、経年劣化していた詰め物が
スポッと取れてしまったのでした。

とんだ災難に遭ってしまいましたが、
これが本当の災害時でなくよかった

何ごともリハーサルが大事、と思った出来事でした

PageTop

青春時代の憧れの人

今年は、イギリスのダイアナ妃が亡くなってから
ちょうど20年ということで、
イギリスでは王子のインタビューなどを交えた特別番組が放送され
話題になっていましたが
命日の今日は、日本でも多くのテレビ番組が
朝からダイアナ妃の懐かしい映像を流して
彼女の生涯や、彼女が取り組んだ慈善活動の数々を
紹介していました。

ダイアナ妃は、私が十代の時の憧れの人でした。
豪華な結婚式に美しいウェデイングドレス姿。
「あんな綺麗なお姉さんになりたい」と夢見て
当時流行っていたダイアナカットにしてみたり、
ダイアナ妃が着ていたのと同じスタイルのワンピースを着たりして
勝手にダイアナ妃になったつもりで満足していたものです。
私にも、そんな無邪気でかわいらしい時期があったのですね
青春時代の良き思い出です。

そして実は私、その憧れの人、ダイアナ妃を
目の前で見るというスゴイ経験をしたことがあるのです!
(プチ自慢です

1991年、私がカナダの首都オタワに住んでいた時のこと。
チャールズ皇太子とダイアナ妃がカナダを訪れ
オタワの国立劇場で国主催の歓迎コンサートが開かれました。

もちろん一般の人は入れないのですが
私の連弾のパートナーが
当時、カナダの首相の娘さんにピアノを教えていた関係で
特別に招待して頂いたのでした。

ダイアナ妃
豪華な厚紙にタッセル付の立派なコンサートプログラム。私の大切な記念品です。

コンサートホールに入ってきたダイアナ妃は、遠目にも美しく
オーラが漂い、人々の目を釘付けにしていました。
コンサート終了後、ロビーで花道をつくってご夫妻を送り出す際、
たまたまベストポジションに立つことができて
手を伸ばせば触れてしまうほどの至近距離で
憧れのダイアナ妃にお目にかかることができたのでした。

美しい外国人女性は見慣れていましたが
ダイアナ妃の美しさは、思わず「これが自分と同じ人間か!」と
言いたくなってしまうほど。
カナダでも決して背が低い方ではない170センチの私が
グッと見上げるほどの長身(178センチに高いヒールを履いていた)で
存在感が半端じゃありません!
徐々に近づいてきて、私の前に来た時には
緊張で意識がボ~~~~っとして身動きひとつできませんでした。

ちなみに、ダイアナ妃の後ろを歩いていたチャールズ皇太子には
ほとんど誰も視線を向けず……

あの美しいダイアナ妃が、
それからたった6年後に亡くなってしまったなんて
本当にショックでした。

ただ「美しい」というだけではなく、
慈善活動にも力を注ぎ、多くの功績を残したダイアナ妃。
事故にさえ遭わなかったら、今頃どのような人生を送っていたのでしょうか?
亡くなって20年経っても、世界中の人々の記憶に残るプリンセス。

改めて哀悼の意を表したいと思います

PageTop

練習会の日程が決まりました

8月も残り一週間となりました。
今日は「処暑」と言って、暑さが峠を越えて
夏の終わりを示すという意味がある日だそうですが
ここしばらく和らいでいた暑さが復活して
今日は再び35℃の猛暑

今夏は気候が不安定で、体調管理が難しいので
皆さま、どうぞくれぐれも気をつけてお過ごしください

この暑さで、気分はまだまだ夏休みですが
12月のコンサートに向けての練習会の日程が決まりました。

11月30日(木)15:30~、18:00~の予定で
場所は、青葉台のフィリアホール・リハーサル室です。

12月16日のジョイフルコンサートには出ない皆さんも
参加OKですので、日頃の練習の成果を試す場として
お気軽にご参加ください

PageTop

夏休み その2

先月に続き、今月も2日間ほど夏休みを頂くことにしました。
既に予定の入っているレッスンは致しますが、
フリー予約のレッスンは 21日(月) と 22日(火) 
お休みさせて頂きます。

前回と同じく甥っ子と一緒に英語の勉強をするためなので
休みと言っても、ピアノのレッスンをしているより
遥かにハードなスケジュールですが…

夏休み
がんばってます!

引き受けた以上、責任もありますしいろいろと大変ではありますが
まだまだ子供だと思っていた甥っ子が
時々びっくりするほどしっかりした考えを口にするのを聞くと
とても嬉しいし、一緒に居て楽しいので
それなりに私にとっては良い夏休みかなと~

今月は、夏休みをいただくうえに
11日も「山の日」でお休みになっていますので
通常お休みにさせていただいている5週目に当たる
29日(火)31日(木) は休まずレッスンを致します。
よろしければどうぞご予約ください

PageTop

今日から8月

今日は、午前にレッスンにいらした皆さんと
「天気予報、大ハズレでしたねー。」と言ったほど
お日様も出てお天気良かったのですが、午後になると急転!

車でレッスンにいらしたかたでさえ
玄関に入るまでのほんの数十秒でビショ濡れに
なってしまうほどの激しい雨となりました
週末にかけて台風5号が接近するとか……。
電車が止まったりして、レッスンにいらっしゃる皆さんが
影響を受けないといいのですが。

そんな生憎なお天気のなか、
フランスのピアニスト、ミシェル・ダルベルトのコンサートを聴きに
フィリアホールへ行ってきました。

ミシェル・ダルベルト

地元で、このように国際的に活躍するピアニストの演奏が
聴けるのは本当にありがたいことです!
教室のメンバーも何人かいらしてました

プログラムはこちら~。

■ モーツァルト: ソナタ第11番「トルコ行進曲付」
■ ベートーヴェン: ソナタ第14番「月光」
■ ショパン: バラード第1番、スケルツォ第2番
■ ドビュッシー: 『前奏曲集』より(沈める寺)(亜麻色の髪の乙女)(西風の見たもの)(花火)

「トルコ行進曲」というと、中級にさしかかったピアノ学習者が
チャレンジする定番曲で、私も数えられないほどレッスンしているので
もはや、私の中ではモーツァルトの芸術作品というより
”練習曲” に近い位置づけになっていました。
でもやはり、当然のことながら
このレベルのピアニストがさまざまな音色やタッチを駆使して弾くと
まさしく「芸術品」に!
曲が立体的に広がり、音の向こうに情景が見えてくるようで
改めて「トルコ行進曲ってなかなか良い曲だな 」 と思いました。

ドビュッシーも美しかったし、ダイナミックで興味深かったですが
このピアニスト、どちらかというと全体的に
繊細とか抒情的というよりも
骨太でガッツリ突き刺さるような音を多用するので
盛り上がるところでは迫力満点で聴衆を圧倒しますが
私はあまり好きなタイプではありませんでした。

でも、自分が好きなタイプでもそうでなくても
いろいろ違った個性をもったピアニストの演奏を
生で聴くのはとても勉強になります!

フィリアホールは、これから他にも
10月:ブレハッチ、11月:ラーンキ、12月:オピッツ など
国際的ピアニストがコンサートを予定しているので
プログラムに興味があったら是非~

オピッツはコンサート開催が決まったばかりで、
プログラムはベートーヴェンのソナタ
「悲愴」「月光」「テンペスト」「熱情」の予定。

PageTop