気まぐれダイアリー

毎日ドビュッシー

梅雨入りしてから、うんざりするほど
雨の日が続いているわけではありませんが
やはり不安定でスッキリしないお天気が続いています。
明日は気温も四月並みに下がるとか。

梅雨はピアノにとっても嬉しくない季節です。
トラブルにみまわれる前に、是非こちらを参考にピアノケアを
(自分の記事のPRで恐縮ですが…… )

梅雨時のピアノトラブル~解決法と予防策

さて、先月末にジョイフルコンサートが無事に終わり
休む間もなく、秋のコンサートに向け
ドビュッシー漬けのレッスンの日々が始まりました~

ドビュッシー、ドビュッシー、またドビュッシー……と
朝から夕方まで、全レッスンがドビュッシーだった日も!

今現在、16名がドビュッシーを演奏予定ですが
まだ2~3名増えそうな予感。

6年前の「生誕150年記念」の時は
19名がドビュッシーを演奏されたので
ほぼ同じ規模の企画コンサートになりそうです。

ドビュッシーは、スタッカート、テヌートといった音のニュアンス、
音量、テンポの変化など、
曲想に関わる指示を細かく楽譜に書き入れた作曲家です。

そのひとつひとつすべてが、ドビュッシーからの
「こう弾いて欲しい!」というメッセージなので
譜読みの段階から、そのメッセージを見落とさないように丁寧に
できるだけ楽譜に忠実に弾くように心がけて頂きたいです。

特に気をつけて欲しいのは p(ピアノ・弱い)の弾き方です
ドビュッシーの楽譜には p にも下のように
こまかいレベル分けがあります。

p→ piu p → pp → piu pp → ppp

pp(ピアニッシモ)ぐらいになると、
とにかく小さく弾かなければいけないと構えてしまい
カチカチに手首をかため、鍵盤を浅く弾いて
聞こえるか聞こえないかぐらいの音を鳴らすかたが
とても多いのですが、
それでは音楽で通用する音の響きになりません

ppp と書かれている場面でも
大きなホールの後ろの席まで届く響きを奏でなければいけないので
ハンマーが弦を叩くことをイメージして弾かなければいけません。
ただし、叩くと言っても”ゆるやかに”なので
上手に脱力をすることが必要不可欠です。

ドビュッシーを弾くうえで、p の表現 そしてもうひとつ
ペダルの使い方はとても重要なポイントになります。
言葉で説明するよりも、実際に指や手首の動きを見て
そして響きを耳で確認していただくのが一番わかりやすいと思うので
レッスンのときに、できるだけ実演してみますね。

是非この機会にワンランク上のテクニックを
身につけていただきたいと思います

PageTop

member onlyページ、直りました!

にっちもさっちもいかなくなってしまった<member only>のページ、
「コンサート終わってからゆっくり直せばいいや。」と諦めながらも
「何もしていないの、なんで突然 こんなことになっちゃったの?」と
モヤモヤが止まらず
コンサートの準備で他にいろいろやらなければならないことがあるのに
結局パソコンに向かって、あれこれ試行錯誤していたら……
ひょんなことで戻すことが出来ました

お騒がせしました

日曜日のコンサートで演奏されるかたは
Joyful Concertのページに載せてある
お願い&注意事項やリハーサルの時間など
もう一度確認しておいて下さいませ

PageTop

member onlyページ、しばらく工事中

「今度の日曜日のリハーサル順を確認しようと思ったら
<member only>のページが開けない。」……という
ご連絡をいただきました。

はい、昨夜からトラブってしまい
いまだ解決方法見つからず

コンサート直前のこのタイミングで
なんでこんなことが起きてしまうのでしょう?イライラ

トップページは削除してしまったのですが
コンサートについてのページは、
こちらからでしたら見ることができます。
         ↓
http://aobapiano.com/member/sub1.html

IDとパスワードは、member onlyページのものと同じです。
覚えていないかたは、メールでお問合せください。

このトラブルは、日曜日のコンサートが終わってから
じっくり取り組まないと解決できそうにないので
しばらくご不便をおかけしますがよろしくお願いします

PageTop

member onlyページ工事中

教室メンバー用のページを更新しようと思って
いつもどおりの手順でやっていたのに
なぜかサーバーに拒否されアップできず
あれこれいじっているうちに、ページが消えてしまいました

このままパソコンと格闘し続けていると
またまた寝不足になり、大切なコンサート前にダウンなんてことに
なりかねないので、とり急ぎこちらで
更新するつもりだった、秋のコンサートの
ドビュッシー追加曲をお知らせしておきます。

●ロマンチックなワルツ
● 夢
● ボヘミア舞曲
● マズルカ
● 「前奏曲集 第1集」より"アナカプリの丘","亜麻色の髪の乙女"
● 「ベルガマスク組曲」より"プレリュード" NEW
● 「ベルガマスク組曲」より"月の光"
● アラベスク1番
● アラベスク2番
● 「子供の領分」より"グラドゥス・アド・パルナッスム博士"
"ゴリーウォーグのケークウォーク"
● 小さな黒人
● レントより遅く NEW

現在12名がドビュッシーを演奏予定~
まだあと2~3名増える予感がします。

正直こんなに大勢が
弾いて下さることになるとは思っていませんでした。
すごく充実したメモリアルイヤー企画になりそうです!
ドビュッシーもさぞかし喜んでいることでしょう

ドビュッシー Merci~

PageTop

秋のコンサートが決まりました!

ここ2~3日、5月とは思えぬ蒸し暑い日が続いていますね。
と言っても、私は冷房の効いたレッスン室に一日中いるので
足元が冷えてしまい、暑さより寒さ対策したいぐらいですが
外からいらっしゃる皆さんは本当に暑そう

そろそろ素足にサンダルでいらっしゃるかたもでてきたので
足の裏の当たる部分が畳素材になっている夏用スリッパも
ご用意しておきますね

さて、1週間後にコンサートを控えたタイミングではありますが
その次のジョイフルコンサートの日にちが決まりました!

【11月17日(土)】
場所は、みどりアートパークのホールです。

11月のホール抽選は倍率が高く、
半分あきらめていたのですが
運の強いメンバーさんが当てて下さいました

次回コンサートは、ドビュッシー没後100年の
メモリアル企画を予定していたので、
ホールが確保できてホッとしました。

また新しい目標ができましたが
それより今は目の前のコンサートですね!

2018春のジョイフルコンサート

演奏される皆さんにとっては、残り一週間
なんとなく落ち着かず、ドキドキしながら練習する毎日だと思いますが
曲を通して何度も弾いていると
今まで弾けていたところが弾けなくなる、
突然 音がわからなくなる、といったような
”崩れる”リスクも高くなってくるので
コンサート直前で焦る気持ちもわかりますが
最初から最後まで流して弾くばかりではなく
ゆっくり丁寧に部分練習もするようにしてください

今回は珍しく日曜開催のコンサートです。
演奏されない皆さんも、
ご家族やお友達と一緒に是非聞きにいらしてください~

PageTop