気まぐれダイアリー

新しいレッスン室は……

先日、リフォーム完成間近のレッスン室を
見に行ってきました。
念願の、時間を気にせずいつでもピアノが弾ける防音室です!

音楽専門の人は、みんなしっかりとした防音室を
もっていると思うでしょうが
意外にそういうものでもなく、
簡易的な対策をして、近所から苦情がこなければ
ちょっと肩身の狭い思いをしながら
なんとなくそのまま続けてしまうものです。

私の友人にも一人も本格的な防音室をもっている人はおらず
今回、防音室を作るにあたり
頼りになる情報がなく本当に困りました。
ネットで調べれば調べるほど
どこに頼めばいいのかわからなくなり、不安は増すばかり。

たた単純に音が外に漏れなければいいのかというと、
決してそういうわけではなく
特にクラシック音楽の場合は
中で演奏したときの響き、聞こえ方も重要です。

でもこればかりは、部屋の広さや形状、
そしてピアノそれぞれの鳴り方も違うので
実際に自分のピアノがどう聞こえるのか”お試し”ができません。

3つの業者から見積もりをとってみましたが
ネットの評判も、良いものもあれば悪いものあり
どこを選んでいいのか決められない
結局、ブランドの安心感をとって
ヤマハの防音室にしました。

本格的な防音室というのは、
部屋の中にもうひとつ部屋をつくるようなイメージで
壁も床も天井も約15センチほど内側に狭くなります。

今回、防音室にあてられるスペースは7畳ほどなので
出来上がりは約6畳に狭まり、
以前のレッスン室とほぼ同じ……のハズでした。

ところが、わくわくして防音室に足を踏み入れた第一声は
「な、な、なんでこんなに狭いのーーー 

部屋の場所が変わり、形状が変わったことと
今まで壁に埋め込まれていた本棚が
今度は出っ張るかたちになったなどの理由で
結局床面積が6畳より狭くなってしまったうえに
天井が以前より20センチも低くなったので
更に、感覚的に狭~~~~~く感じるようになったのでした。

悲しすぎる !ショックでした
その狭くなってしまったレッスン室で
ピアノがどのように響くのか?
楽しみというより、怖くなってきました

しかし、もうこれはどうすることも出来ません……。

狭くなってしまった分、せめて雰囲気ぐらいは
おしゃれにしてみようと、
壁の一面を北欧のデザイナー、アイニ・ヴァーリの
ちょっと大胆なモノトーンの壁紙にしてみました。

好き嫌いがはっきり分かれるテイストかと思いますが
CORONNA(コロナ)という名がついたその壁紙の柄は
アイニ・ヴァーリがかつてインタビューで
「デザインはいつでも”リズム”が必要。
CORONNAは、幾何学美を追求したパターンに見えるかもしれないけれど、
私にとって、これは楽譜のイメージなのよ。」と話し
CORONNAパターンの生地の上で
ピアノを弾くように手を動かしながら、
豊かなリズムを口ずさみ始めたのだそうです。

このタイミングで、「コロナ」という
一番聞きたくないネーミングのデザインを使うことに
若干ためらいはありましたが
カタログを見て直感的に
「ピアノの部屋にぴったり!」と思ったので
そこは深く考えないことにして決めました。

さて、皆さんが気に入ってくださるかどうか???
完成をお楽しみに

教室移転で、メンバーの皆さまにはご不便をおかけしましたが
4月27日のレッスンから、新しくなったレッスン室に戻ります。

引越しのため、20~24日はお休みをさせていただき
しばらくスケジュールが混み合いご迷惑をおかけしますが
どうぞよろしくお願いします

PageTop

練習会の日程が決まりました!

相変わらず連日、テレビをつければコロナ関連のことばかり。
何をするにも、どこへ行くにも
コロナ感染の不安がつきまとい
これから先の状況もまったく予測できず
なんとなく落ち着きませんね。

コンサートも軒並み延期や中止になっていますが
6月20日に予定されている教室のコンサートまでには
どうにか収束して
いつもの生活が戻っていることを祈るばかりです。

このような状況ではありますが、
コンサートに向けての練習会の日程が決まりました。

6月3日(水)
場所は、フィリアホールのリハーサル室です

レッスンをお休みされているかたや
既にコンサートの見送りを決めているかたもいらっしゃるので
次回は、いつもより人数の少ないコンサートになると思いますが
みんなで集って演奏を聴きあうことは励みになりますし
一年半ぶりに、みどりアートパークの
ヤマハCFXを演奏できる良い機会なので
しっかり練習を積んで楽しみましょう

PageTop

レッスンの必需品!?

コロナ対策で、先週から
レッスン前の手洗いとマスク着用をお願いしていますが
皆さん、快くご協力くださりありがたいです

ウィルス感染の拡大がおさまるまで
しばらく続けて頂くことになると思いますので
引き続きご協力どうぞよろしくお願いします

しかし……マスクというのは
やはりわずらわしいものですね
なんとなく息苦しいし、話しているとずれてくるし
何より一番困るのは、メガネが曇ってしまうことでした。

今や、私はメガネなしでは楽譜が読めないので
曇ってしまうとレッスンに支障がでる深刻な問題です!

メガネのくもり止めというのがあるのは知ってはいたものの
「どうせ大して効き目ないだろう。」と使ったことはありませんでしたが
少しでも役に立つならば、と
新しくメガネを作ったついでに、お店の人に聞いてみました。

すると「塗り方で効果に差がでる。」とのことで
お手本を見せてくれて
実際にその場で効き目を試させてくれました。

期待していなかっただけに
その効果に、びっくり&感動
本当にスッキリと曇りません!!

「塗り方」といってもべつに難しいわけではありませんが
やはり塗布する適量や塗り加減を手際よく見せてくれるのと
説明書を自分で読んでやるのとでは違います。
そして、説明書には書いてありませんでしたが
効果を十分に得るには、まず最初に
メガネをきれいにしておくことが大切だとおしえてくれました。

このくもり止めは、先週レッスンの時にメガネがくもって
困った生徒さん達にも使って頂いたら大好評で
帰りに買ったというかたも

思いもしなかったものが、しばらくの間
レッスンの必需品になりそうです。

メガネのくもり止め

それにしても、一日も早く
マスクをしたり、このようなものを使わないで
レッスンできる日がくるといいですね。

PageTop

レッスン時のコロナ予防対策

ついこの間まで、「他人事」と思っていたコロナウィルスが
ここ数日で一気に身近に迫った危機となり
ついに、日常生活にいろいろと影響が出てきてしまいました。

2~3日前より、「予定どおりレッスンありますか?」と
いった問い合わせや
「コロナがおさまるまで、しばらくレッスンお休みします。」
といった連絡を頂くようになりました。

今のところ、レッスンは
私の身近に感染者が出ない限り
できるだけの予防をしながら
通常どおり続ける予定です。

先週は、レッスンが一人終わるごとに鍵盤を拭き
時間に余裕があるときは窓を開けて換気をしました。
私はマスクをしたままレッスンさせて頂いています。

そして、明日からは
更に皆さんに安心して教室にいらして頂けるように
皆さまにも、レッスン前の手洗いと
さしつかえなければ、レッスン中のマスクの着用を
お願いしようと思っています。
(マスクは、お持ちでなければつけなくても結構です。)

手からの感染が大きな原因のひとつということで
ピアノは残念ながら感染経路になり得ますので
この事態がおさまるまで、しばらくの間
ご協力どうぞよろしくお願い致します


手洗い方法

(出典:首相官邸ホームページ)

PageTop

祝!ベートーヴェン生誕250周年

新年初回より、移転先でのレッスンとなり
教室の皆さまにはご不便をおかけしていますが
どうにか無事にスタートを切ることができて
ホッとしています。

あと2ヶ月ほどでまた元の住所に戻れる予定ですが
それまでどうぞよろしくお願いします

さて、今年はいよいよベートーヴェン生誕250周年記念の年

Beethoven

教室でも秋のジョイフルコンサートは、
ベートーヴェン企画を予定していますが
教室でのベートーヴェン人気は今ひとつなので
この提案をした当初は
「多くても5名ぐらいしか弾いて下さらないだろう。
きっと盛り上がらないだろう。」と思っていたのですが
ナント、今現在14名のかたがベートーヴェンを演奏予定で
早くも練習をスタートさせていらっしゃるかたも!
嬉しいサプライズでした

予定されている曲目は以下のとおり。

ト調のメヌエット
エリーゼのために
ピアノソナタ第5番 第1楽章
ピアノソナタ8番「悲愴」 第2楽章
ピアノソナタ14番「月光」 第1楽章
ピアノソナタ20番
ピアノソナタ24番「テレーゼ」 第1,2楽章
ピアノソナタ27番 第1楽章
ピアノソナタ30番 第1楽章
ロンド Op.55-1
創作主題(「トルコ行進曲」)による6つの変奏曲 Op.76
イギリス国歌による7つの変奏曲 WoO.78
「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲 WoO.79

びっくりするほど充実したプログラムとなりました!

ジョイフルコンサートで演奏される機会の多い
ロマン派のショパンや
印象派のドビュッシーなどの曲を弾くときとは違い
ペダルの使い方やテンポの揺らし方など
古典派ならではの難しさも多々ありますが
この機会に是非ベートーヴェンの魅力を感じて頂きたいです。

ベートーヴェンの演奏に定評のあるピアニスト、
ゲルハルト・オピッツは
ベートーヴェンの曲について
『人間関係、社会との闘い、
自分自身の耳が聞こえなくなうという運命との闘い、
そういう様々な闘いが全部音楽に出ている。
そして、最後にはそういった苦悩から解放されて
勝利に向かう、という思想が音楽に反映されている。』
と言っています。

そして、『演奏の際には、まず楽譜を正確に読むこと。
ベートーヴェンが音楽を書き留める際にどれだけ苦労したか、
彼が何度スケッチに訂正したか、
極小の細部をいかに厳密に正確に磨いたかを知ると
どの演奏指示をも非常に尊敬するようになる』と。

う~~ん、ベートーヴェンの肖像画を見ながら
この文章を読むと、ちょっと身構えてしまいますね

とりあえず初回レッスンに向けては
譜読みはできるだけ正確に!
そして
ペダルのベタ踏みをしない!
を心がけて練習してきてください

PageTop