気まぐれダイアリー

ピアノもコロナ禍

年末あたりから、レッスン室のピアノの音程や音質が
顕著に乱れてきて
緊急事態宣言下なので迷いましたが
我慢できず調律をお願いしました。

ところが、調律後わずか数日で
また気持ちの悪い音程に……

もちろん、「ド」が「レ」に聞こえるとか
そのようなズレではないのですが
あきらかに響きが揃っていないのです。

でも最近、体のあちこちに老いを感じているので
もしかするとこれは私の耳の老化のせいかも?
と自信がもてず、ひたすら我慢
しかし、いよいよ耐え難くなり
仕方なく、再度調律師さんに来て頂くことにしました。

「そんなにすぐ狂うはずないんだけれどね~。
でも、演奏者の感じ方はそれぞれだから
その人が納得する響きに調整するのが僕の仕事。
調整するから横に居て聞いていてください。」と、調律師さん。

調律師

べつに怒っているわけではないのだけれど、
調律してすぐに「狂っている」と呼び戻されれば
あまり気分はよくないでしょう。

ところが、ピアノを鳴らし始めると
「あれ、ずいぶん下がっちゃってる。
確かに狂ってますね。」と
ちょっとびっくりした様子。

自分の耳の老化のせいではなかったと
私はホッとして思わず喜んでしまいましたが
問題は、なぜ調律直後にもかかわらず
そこまで音程が下がってしまったか、です!

コロナ感染予防対策として
レッスン室の換気清空機(ロスナイ)を
24時間、モードで稼働させ
なおかつ、レッスン毎にドアを全開にして
出来る限り換気に努めていますが
それによって、ピアノが常に乾燥した外気に
さらされている状態になり
悲鳴をあげているとのこと。

防音室でふつうの部屋より気密性が高いので
神経質になって換気に努めたことが
ピアノにとっては過酷な環境を作ってしまっていたのでした。

かわいそうなピアノ
このようなかたちで、
コロナの影響を受けるとは思ってもいませんでした。

ピアノにベストな湿度は55%ですが、
レッスン室内は、加湿器2台つけても45%程度、
人の出入りでドアを開けると、
あっという間に下がって
30%を切ってしまうこともしばしば……

解決策としては、
外気が乾燥している冬の間は
換気の頻度を少なくすることですが
コロナ感染予防のことを考えれば
それは絶対に譲れないところ。

仕方ないので、とりあえずレッスンをしている時以外は
換気清空機を強ではなく弱モードで稼働させることにして
加湿器を24時間つけて
少しでもピアノに良い環境に近づけてあげることにしましたが
いずれにしてもベスト湿度の55%には至らず
再調整してもらったピアノは
相変わらず響きが安定していません。

カラカラの外気が緩和されるまで
いくら調律師さんに調整してもらっても狂うので
あきらめるしかありません。

弾いていて、気持ちが悪いと感じるかたも
いらっしゃると思いますが
しばらくの間ご容赦ください

PageTop

練習会の日程が決まりました!

5月22日(土)にフィリアホールで開催が予定されている
コンサートのための練習会日程が決まりました。

日(金)
フィリアホール、リハーサル室です

ふと気がつけば
コンサートまで3ヶ月……

緊急事態宣言の影響で
レッスンお休みされたり、ペースを落としたり
また気分的にも今ひとつ前向きになれないなど
以前と比べると、今回は全体的に
皆さん、準備がスローな印象です。

このコロナ下では仕方ありません。
コンサートを開催できるだけで有難いので
多少練習が足りなくても気にせずに
フィリアの贅沢な響きを楽しんで頂きたいと思います

PageTop

きれいになりました!

先月の水道管入替工事で、タイルが割られ
コンクリートで埋めただけで放置されていた
玄関入口の修復工事が
先週末ようやく終わりました。

<修復前>
旧階段

<修復後>
新階段

工事中、レッスンにいらしたメンバーには
車が停められなかったり
足場が悪くて、入って来るのが大変だったりと
ご迷惑をおかけしました

それにしても、タイルの色が変わると
ここまで印象が違うものかとビックリ
ぐっと明るい雰囲気になりました。

ところで、今週は
隣の新築工事の関係で
教室前の道路を一部封鎖して
下水道とガスの工事を行うとの知らせがきました。

車でレッスンにいらっしゃるメンバーは
もしかすると、いつもの場所に
停められないかもしれません。

その場合は、道路反対側の塀沿いのどこかに
停めていただくしかないのですが
どうしても困ったときは
誘導員にご相談いただくか
私の携帯のほうへご連絡ください。

どうぞよろしくお願いします

PageTop

見て欲しくないけれど

去年8月に、
「音楽家のためのプラットフォームを立ち上げる」という
大きなプロジェクトを掲げた知人に頼まれ
なんとなく引き受けてしまった
インタビューの動画が
今頃になってYouTubeにアップされたと
知らせがきました。

半年近く前のことで、すっかり忘れていたので
ちょっとだけ自分でも見てみましたが
「あ~~、もうイヤだ~~
映像抜きで、せめて声だけにして欲しいーーー

そもそも私のインタビューなど
私を知らない人が興味をもつとは思えませんし
プロジェクトにとって何の役に立つのかすら
さっぱりわかりません

でも、動画を引っ込めてもらうわけにはいかないし
アクセス数が欲しいというので
もしご興味があれば、
目を閉じながら(←本気のお願い )見てみて下さい。
教室についてもお話ししています。
(メンバーのお写真、使わせて頂いています。この場を借りてお礼申しあげます


PageTop

オンラインレッスン初体験

今ごろになって……なのですが
先日、はじめてオンラインレッスンに
チャレンジしてみました!

他県から2時間以上かけて通っていらしていたメンバーで、
去年はコロナの関係で一度もレッスンに来られず
この先も当分無理そうということで
リクエストをいただきました。

オンラインレッスンについては、
活用している友人から
なかなかスムーズに進まない、
難しいという体験談を聞いていたので
密かにリクエストが来ないことを祈っていましたが
ここまでコロナ禍が長引くと
こういったオプションも、
それなりに使いこなせるようにしておいた方が
良いに越したことはありません。

下の写真のように
ピアノの横にタブレットをセッティングし
演奏を聞かせていただいたあとで
必要に応じて私の手元を見ていただきながら
アドバイスをするという感じですすめていきました。

オンラインレッスン

幸い、お相手の生徒さんは
ご自身でも教室を開いていて
オンラインレッスンの経験者だったので
途中3~4回、画像がかたまったり
突然切れてしまい、
接続をやり直さなければなりませんでしたが
そのようなトラブルには慣れていて
すぐに対応して下さり
思っていたよりスムーズにレッスンすることができました

ただやはり、タブレットから聞こえてくる音では
こまかいニュアンスはわからないので
教室でのレッスンと進め方は少し違い
私のほうから気がついたことをコメントするというより
「どうしたらここは速く弾けるようになるのか?」
「ここに表情をつけるには、どうしたらいいのか?」
「この箇所が弾きにくいので
練習方法を教えて欲しい」……など
練習中に生じた生徒さんの質問や悩みに
こたえることがメインのレッスンになりました。

それでも、一人で練習していたときの
もやもやが解消されたと
とても喜んで下さり
私のなかでのオンラインレッスンへのハードルが
だいぶ低くなりました

今回はiPad同士でFaceTimeを使いました。
回線状況やデバイスの相性などによって
こんなにスムーズにいかないこともあるでしょうが
今後、万が一またコロナの状況が悪化して
レッスン休止に追い込まれるようなことになっても
とりあえずオンラインで
皆さんの練習をサポートするぐらいのことはできそう、
と思えた、貴重な初体験でした

PageTop